恥をかかない!メンズのオフィスカジュアルのポイントとは?おすすめアイテムやコーデも紹介

近年では、オフィスシーンでのカジュアルウェア化が普及していますが、

「何を着て行けばいいか分からない」
「どこまでが許されるのか分からない」

など、このような悩みを持つ方も多いと思います。

でも大丈夫です!この記事を読めば、オフィスカジュアルのルールやコーデなどが分かるようになりますよ!

タカシ
メンズファッション通販サイト「Dcollection」のタカシです。今回はバイヤーの僕が、オフィカジの具体的な着こなしについて解説していきます。

Dcollectionとは?

Dcollectionは無料でスタイリストが付く
メンズファッション通販サイトです。

Dコレのスタイリストたち
  • 支持されて会員数25万人
  • スタイリスト無料相談できる
  • 年齢体型シーン合わせたコーデ
  • 返品交換無料試し買いOK

メンズのオフィスカジュアルとは?

オフィスカジュアルとは「オフィスに相応しい、ややカジュアルな服装のこと」です。ジャケパンスタイルが定番と言っても過言ではないですよね。

具体的にはスーツのようなフォーマルな服装ではなく、ビジネスの場に見合う適度にカジュアルな服装のことをいいます。

会社によってはジーンズや柄TシャツがOKなところもあります。逆にジャケットの着用は絶対必要!というところも・・・。

どの程度のフォーマル感が必要なのか、自分が努めている会社の規定を確認するのをおすすめします。

それでも服装に迷ったときは、テーラードジャケットとスラックスを組み合わせた、ジャケパンスタイルを基本的な組み合わせとして覚えておきましょう。

ビジネスカジュアルとの違いについて

オフィスカジュアルもビジネスカジュアルも「コレだ!」という正解がなく、定義が曖昧です。

ですが、オフィスカジュアルと違ってビジネスカジュアルは「企業の訪問や来客、会議にも適したカジュアルな服装」のことをいいます。

オフィスカジュアルは、ビジネスカジュアルよりもカジュアルさの許容範囲が広いです。

あくまでもビジネスカジュアルは「仕事のために着ていく服装」という意識をもって、コーデを作りましょう。

まずは職場のオフィスカジュアルの度合いを確認しよう

着こなしを紹介する前に、まずはお勤めの会社のオフィスカジュアルの度合いを知ることから始めましょう。

ポイントは、お勤めの会社は「どれくらいのカジュアル度をOKとしているか」。

それさえ分かれば、あとはこの後に紹介する「オフィスカジュアルの3つの着こなしルール」を実践するだけで、適したオフィスカジュアルコーデが完成しますよ。

タカシ
オフィスカジュアルの度合いを確認するには、同じ勤め先の方の服装や規則を参考にしましょう!

オフィスカジュアルにピッタリなメンズアイテム

ここからはオフィスカジュアルに使える、シンプルで着まわしやすいおすすめのアイテムを紹介します。

タカシ
アウター・トップス・パンツ・シューズにカテゴリを分けて、おすすめな服を紹介しますよ!

オフィスカジュアルにおすすめな「メンズアウター」

テーラードジャケット

スーツジャケットのようなデザインのテーラードジャケットは、オフィスカジュアルになくてはならないアイテム!

コーデに羽織るだけで、シュッとしたスマートな印象を与えることができるため、1着は持っておきたいアイテムです。

7分袖カーディガン

細かい編み目が特徴のハイゲージカーディガンなら、洗濯しても型崩れしにくく、長く愛用できるのがポイント。

シンプルでベーシックなデザインなので、オフィスカジュアルらしさを損なうことなく、大人っぽい服装を作ることができます。

オフィスカジュアルにおすすめな「メンズトップス」

夏ニット

清涼感のある鹿の子網のニットを採用した、夏らしいニット。

生地の表面に凹凸があるので、Tシャツとは違った柔らかい生地感を楽しむことができます。

ポロシャツ

夏のオフィスカジュアルの定番アイテムとも言えるポロシャツ。

カットソーとは違い、襟がついていることでキレイめな印象を与えてくれます。

オックスシャツ

オフィスカジュアルのために、シャツは絶対1着は持っておいて欲しいアイテム。

簡単にキレイめな要素をプラスでき、清潔感のある印象に仕上がります。

オフィスカジュアルにおすすめな「メンズパンツ」

テーパードパンツ

足首にかけて細くなるテーパードシルエットが特徴のパンツ。

ややゆとりのある穿き心地ながらも、脚をキレイに見せてくれるため、シュッとしたスマートな印象に見せてくれます。

黒スキニーパンツ

脚の形に沿うような細身のシルエットが特徴の黒スキニーパンツ。

色合わせに悩まない黒と、オフィカジに必要なスマートなシルエットの両方を兼ね備えている、とてもおすすめなアイテムです。

イージーパンツ

ビジネス用のパンツは窮屈感が合って苦手・・・。

そんな方におすすめしたいのがこちらのイージーパンツ。

脚をキレイに見せるテーパードシルエットと、ストレッチ性抜群の生地により、スマートな印象を与えつつも、リラックスした穿き心地を感じることができます。

オフィスカジュアルにおすすめな「メンズシューズ」

キャンバスシューズ

革靴のようなキレイめなシルエットと、カジュアルなキャンバス地により、幅広いシーンで活躍するキャンバスシューズ。

スーツに合わせる革靴のようにキレイめ過ぎないため、ほどよいカジュアルさもほしいオフィスカジュアルなコーデにピッタリのアイテムです。

レザーUチップシューズ

黒で統一されたキレイめで大人っぽい雰囲気を与えるこちらのシューズ。

丸みを帯びたシルエットをしているため、ビジネスシーンだけでなく、普段着としても着用できるおすすめのアイテムです。

また本革と比べ、撥水性や経年変化がないため、細かなお手入れも不用なのが特徴ですよ。

ローファー

足元にほどよい抜け感が欲しい方は、ローファーがおすすめ!

装飾が少なく、シンプルなデザインに仕上げているので、キレイめからカジュアルまで、オンオフでも兼用できる使い勝手の良さが特徴です。

オフィスカジュアルにおすすめな「メンズバッグ」

トートバッグ

装飾が少なく、マットな質感が大人っぽさを感じさせてくれるレザートートバッグ。

スーツやオフィスカジュアルといったキレイめなコーデにもマッチし、使い勝手もいいのでおすすめです。

リュック

カジュアルな印象が強いリュックですが、レザー素材にすることで、オフィスカジュアルなコーデにもマッチ!

利便性を上げるために、小物をしまうポケットも増やして収納力もアップさせています。

オフィスカジュアルの3つの着こなしルール

会社のオフィスカジュアルの度合いと基本のアイテムが確認できたら、次は着こなしのルールを覚えましょう!

これから紹介する3つのルールを覚えておくことで、会社でも認められるオフィスカジュアルなコーデを作ることができますよ。

【覚えて欲しいオフィカジの3つのルール】

  1. キレイめなアイテムを合わせる
  2. スマートなIラインシルエットを意識する
  3. 色合わせは「無彩色+有彩色1つ」

ルール①キレイめなアイテムを合わせる

オフィスカジュアルはビジネスシーンの服装なので、「清潔感」や「信頼感」が求められます。

また社内での印象はもちろん、来客対応など社外の人と接する機会も考えられるため、ある程度カッチリとした装いがベスト。

タカシ
パーカーや短パン、サンダルでは、ビジネスらしい印象が得られません。

清潔感や信頼感を演出するためにも、画像の左側のようなキレイめなアイテムを合わせることが大切なのです。

トップスの場合:ジャケットや襟付きのもの

トップスの場合は、スーツスタイルのような「ジャケット」や「襟付きのもの」を選ぶのがおすすめ。

かっちりとした印象を与えるため、ビジネスらしいキチンと感を演出することができます。

またインナーがカットソーやニットなど襟なしのものであっても、ジャケットを羽織ればキレイめな装いに見せることができるのでおすすめです。

パンツの場合:スラックスやチノパンなどスマートなもの

パンツは、コーデのシルエットを決める重要なアイテム。

ビジネスシーンで着用するパンツは、スラックスやチノパンなど、細身のシルエットのものを選び、スマートに着こなすのがおすすめです。

また会社によっては、カジュアルなデニムパンツがOKなところもあります。

その場合でも、合わせるデニムパンツは細身でシンプルなデザインのものを選ぶことで、ビジネスシーンに適した服装になりますよ。

シューズの場合:カジュアル過ぎないもの

シューズは、基本スーツと同じような革靴を合わせるのが無難です。

ですが、ローファーなどややカジュアルなものでもオフィスカジュアルならOK!

会社によっては、スニーカーなども認められているところがありますが、その場合は装飾の少ないシンプルなものを選びましょう。

ルール②スマートなIラインシルエットを意識する

オシャレの基本のシルエットは「Iライン」「Yライン」「Aライン」の3種類があります。

タカシ
オフィスカジュアルはビジネスシーンでの装いなので、スーツスタイルと同じ「Iラインシルエット」を意識するのがおすすめ。

Iラインシルエットとは、上の画像のように上から下まで「I」の字のように細身でスッキリとしたシルエットのこと。

スーツスタイルのようにスマートな印象を与えることができるため、オフィスカジュアルはIラインシルエットを意識してコーデを作りましょう。

ルール③色合わせは「無彩色+有彩色1つ」

色は「無彩色」と「有彩色」の2種類に大きく分けられます。

清潔感と信頼感を演出したいオフィスカジュアルな服装では、無彩色をベースに有彩色を1つだけ取り入れたコーデを意識するのがおすすめ。

「無彩色+有彩色1つ」の色合わせのパターンを意識することで、派手になり過ぎることなく、ビジネスシーンに合う落ち着いた印象を演出することができるのです。

有彩色は「ベーシックカラー」が基本

タカシ
ビジネスシーンにおいては、取り入れる有彩色も意識しましょう!

「無彩色+有彩色1つ」の色合わせを守っていたとしても、赤や黄色など派手な色を合わせてしまうと、ビジネスの装いらしくない服装になってしまう可能性があります。

なので、合わせる有彩色はベーシックカラーでもある「ネイビー・ベージュ・カーキ」がおすすめ。

ベーシックカラーの有彩色であれば主張が少なく、落ち着いた印象を与えるため、オフィスカジュアルな服装にも合いますよ!

【季節別】メンズにおすすめなオフィスカジュアルコーデ

これまでの内容を踏まえて、ここからはメンズにおすすめなオフィスカジュアルコーデを紹介していきます。

吹き出し:まずは季節別におすすめなオフィスカジュアルコーデをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

春におすすめなオフィスカジュアルコーデ

ネイビーのジャケットは、知的で誠実感のあるイメージを与えてくれるため、ビジネスシーンにピッタリ。 インナーに白シャツを合わせることで、より爽やかで清潔感のある印象に仕上げることができますよ。 カッチリとキメたいビジネスシーンでは、キレイめで大人っぽいアイテムを中心にコーデを組むのがポイント! 色も落ち着いた雰囲気のものを選び、ビジネスシーンらしい装いを作りましょう。

夏におすすめなオフィスカジュアルコーデ

ポロシャツやレザーシューズなど、全体的にキレイめなアイテムでまとめることで、ビジネスシーンに適したオフィスカジュアルコーデになります。

上下細身のIラインシルエットを意識することで、より大人な雰囲気を醸し出せますよ。

オフィスカジュアルなコーデに少し遊び心を加えたい方は、ストライプシャツを合わせるのがおすすめ!

主張が強すぎない細めのストライプ柄は、ビジネスシーンでも浮かず、爽やかで清潔感のある印象に仕上げてくれますよ。

秋におすすめなオフィスカジュアルコーデ

ネイビーのジャケットと同じ素材・色のパンツを合わせることで、スーツスタイルに近いキレイめなコーデを作ることができます。

インナーはあえてカジュアルなカットソーを合わせることで、やや抜け感のあるコーデに仕上げるのがオフィスカジュアルのポイントです。

全体的にシンプルでモノトーンなアイテムでコーデをまとめることで、クールでカッコいい印象に!

品の良さと大人な雰囲気を演出できるので、ビジネスシーンにもおすすめな着こなしです。

冬におすすめなオフィスカジュアルコーデ

ニットの下に白シャツを合わせることで、知的で清潔感のある印象を与えることができ、周りからも好印象に!

暗く落ち着いた色が多くなりがちなオフィスカジュアルは、部分的に白を取り入れることで、メリハリのあるオシャレな印象に仕上がります。

冬はジャケットに下にインナーを重ね着するのがおすすめ!

中綿素材のベストを選べば、寒い冬でも暖かく過ごすことができますよ。

【年代別】メンズにおすすめなオフィスカジュアルコーデ

次は年代別に、メンズにおすすめなオフィスカジュアルコーデを紹介します!

20代メンズにおすすめなオフィスカジュアルコーデ

スマートな印象を与えるIラインシルエットを意識した、オフィスカジュアルコーデ。

ややカジュアルな印象を与えるローファーを合わせることで、かっちりとしすぎないオシャレなコーデを作ることができます。

上下細身のシルエットで、スマートな印象にまとめたコーデ。

色味もモノトーンで統一することで、品の良さと大人な雰囲気を醸し出すことができますよ。

30代メンズにおすすめなオフィスカジュアルコーデ

大人の貫禄を出していきたい30代メンズは、キレイめなアイテムを多く取り入れるのがポイント!

インナーもビジネスの定番アイテムであるポロシャツにすることで、カッチリとした印象に仕上がります。

爽やかなブルー系の色味が清潔感のある爽やかな印象を演出。

キレイめなシャツにカジュアルなデニムパンツを合わせることで、アイテムのバランスがとれたオフィスカジュアルコーデを作ることができます。

40代・50代メンズにおすすめなオフィスカジュアルコーデ

オフィスカジュアルコーデに遊び心を出したいときは、柄物のシャツを合わせるのがおすすめ!

爽やかな印象を与えるストライプ柄なら、オフィスカジュアルらしい装いに仕上がりますよ。

顔つきや雰囲気からも大人の風格がでる40代は、落ち着いた色味でまとめたコーデがおすすめ!

全体的にキレイめなアイテムでまとめることで、年相応な着こなしに仕上がりますよ。

オフィカジについてチャットで相談も受付中!

オフィスカジュアルの着こなしのルールやコーデなどは分かったけど、一人で色々決めるのは不安・・・。

そんな方はDコレクションのLINEのオシャレ相談がおすすめ!

  • 何を着ていけばいいだろう
  • どんなコーデを作ればいいんだろう
  • 仕事に適したオフィスカジュアルなコーデが知りたい
  • オフィスカジュアルの正解を教えて欲しい

といったお悩みをDコレクションのスタッフが相談にのります!

タカシ
LINEでのやり取りなので、ぜひお気軽にお声がけください。

※相談は無料で、平日:10:00~17:00のご対応となります。

※ ※ ※

「オフィスカジュアルな服装をしてきてください」と言われても、具体的にどんな格好がいいのか悩んでしまいますよね。

適切な服装をしないと、一緒に働く人や社外の人からの「信頼感」を失ってしまう可能性があります。

そうならないためにも、今回紹介したオフィスカジュアルな服装に関する内容を、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼ビジネスに関する服装は、下記のブログでも紹介しています。

関連記事

【メンズ】ビジネスカジュアルの基本ルールは?知らないと恥ずかしいコーデのポイント

▼動画でも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!