細身男子へ贈る。体型カバーできるおすすめアイテムや着こなし術

「細くてカッコよくオシャレにコーデが見えない」
「細身の人向けの服や着こなし方が知りたい」

細身体型でこんな風に悩んだ事はありませんか?

この記事では、細身体型で悩んでいるメンズに向けて、以下の内容で紹介していきます!

サキ
メンズファッション通販サイト「Dcollection」のサキです!この記事を読むことで、こんな風なオシャレなコーデを作れるようになりますよ!

Dcollectionとは?

Dcollectionは無料でスタイリストが付く
メンズファッション通販サイトです。

Dコレのスタイリストたち
  • 支持されて会員数25万人
  • スタイリスト無料相談できる
  • 年齢体型シーン合わせたコーデ
  • 返品交換無料試し買いOK

細身体型に悩むメンズへ。2022年のおすすめコーデ3選

まず最初に細身男子に向けて、2022年におすすめなコーデを紹介します!

Dcollectionが提案する、細身体型カバーコーデを3つ厳選したので、ぜひマネしてみてくださいね。

ほどよいゆったり加減でナチュラルに体型カバー

半袖のシャツをライトアウターとして羽織ることで、気になる上半身の線の細さを隠しています。

太ももまわりには余裕のあるテーパードパンツも、上手く脚の細さをカバーできていますね。

ハリのあるTシャツとパンツで大人カジュアル

厚みのあるTシャツは、体型を拾いにくいアイテム。定番の無地Tシャツなので重宝しますよ。

パンツはテーパードパンツにして脚のシルエットを隠しつつ大人な雰囲気に。

Tシャツとスニーカーのカジュアルなコーデも、クールなイメージに仕上がりますよ。

さりげないボーダーで細い印象を軽減

ボーダー柄は見る人の目線を横の動きに誘導します。これにより、縦に細い印象を軽減することができます。

白シャツとテーパードパンツ、革靴を合わせれば、頼れる大人の男の雰囲気も醸すことができますよ。

細身男子に知っておいて欲しい!服の選び方

先ほど紹介したおすすめコーデのように、細身男子が体型を気にせずカッコよくオシャレな着こなしをするには、どんな服を選ぶかが大切です。

ここからは、細身体型をカバーできる服の選び方について紹介します。

トップスはジャストサイズを選ぶ

細身体型の方がトップスを選ぶ場合は、ジャストサイズがおすすめです。

細身の体型を隠そうと思うと、大きいサイズのものを選びたくなるかもしれません。

しかし、痩せていることを逆に強調させてしまったり、だらしない印象になってしまう可能性があります。

しかし「細身体型では、トレンドのオーバーサイズは似合わない」という訳ではありません。

もともとビックシルエットに作られているアイテムであれば、上のコーデのように十分チャレンジできます。

ゆったりとしたビッグシルエットアイテムを選んで、旬な雰囲気を作りつつ、体型カバーの効果を狙うこともできますよ。

  

膨張色のアイテムを選ぶ

実際の大きさよりも物を大きく見せてくれる膨張色は、細身をカバーするのにおすすめ。

白やベージュ、ブラウンなど、コーデに合わせるアイテムを膨張色にすることで、柔らかさが出て視覚的に細身体型をカバーする事ができますよ。

反対に収縮色といわれる黒やネイビー、青、濃いグレーなどは、実際の大きさよりも物を小さく見せる効果があるので、細身の方は部分的に取り入れるのがおすすめですよ。

  

痩せて見えないネックラインを選ぶ

服選びのポイントの最後は、トップスのネックラインです。

上の画像は、左から「Vネック」「Uネック」「クルーネック」。

鎖骨が見えるVネックやUネックは、痩せているように見えてしまうため、細身体型の人は首元をしっかりと覆ってくれる「クルーネック」がおすすめです。

  

また、秋冬の寒い時期には、首全体を覆ってくれる「タートルネック」や「ハイネック」もおすすめですよ!

サキ
以上、細身メンズが意識してほしい服選びのポイント3つです。ぜひ服を買うときの参考にしてみてくださいね。

細身男子におすすめなメンズ服【2022年最新】

細身体型を分かりにくくする服の選び方が分かったところで、実際におすすめなメンズアイテムを紹介していきます!

アウター・トップス・パンツに分けて、それぞれおすすめなアイテムを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

細身男子におすすめなアウター

接触冷感 半袖シャツ

半袖で薄手のシャツのため、夏でもサラッと羽織りやすいアイテムです。

レギュラーカラーがきちんとした印象を作ってくれるため、大人っぽく頼れる印象に。

薄手の羽織りがあるだけで、体型はグッと目立ちにくくなりますよ。

テーラードジャケット

スーツの上着に似たテーラードジャケットは、いつものコーデに合わせるだけでグッと大人っぽくオシャレな雰囲気を作ってくれます。

ウエストを絞らないカジュアルさを残すデザインになっているため、上半身の体型を自然に隠してくれますよ。

細身男子におすすめなトップス

夏ニット

薄手のニット生地で作られた夏用のニットです。

ニットは秋冬のイメージがあるかも知れませんが、編み目があることで風通しもよく、さらに涼しい素材を使っているため快適なアイテムです。

ニットの質感は上品さを演出してくれるため、大人の男性らしさを作ることもできますよ。

ヘビーウエイト無地Tシャツ

無駄な装飾のないシンプルなデザインが、いろんな着こなしに取り入れることができる無地Tシャツ。

厚みのある生地は体型を拾いにくく、首の開きが大きくないクルーネックは首や肩回りの細さを感じさせません。

1枚での着用はもちろん、インナーを合わせて重ね着を楽しむこともできるのも魅力です。

細身男子におすすめなパンツ

  

テーパードパンツ

足首に欠けて細くなるテーパードシルエットが特徴のパンツ。

スキニーのように脚のラインに沿うことなく、キレイなラインを作ってくれるため、細身体型さんにもおすすめです!

  

デニムパンツ

裾までのラインがストンと真っすぐ落ちたシルエットが特徴のジーンズ。

このシルエットにより、脚のラインを隠すことができるというメリットが生まれます。

カジュアルパンツのジーンズですが、濃紺のインディゴカラーのため、シックで大人っぽい雰囲気にまとめてくれますよ。

細身体型をカバーできる着こなしのポイント

服の選び方、おすすめのアイテムが分かったところで、次は着こなし方です!

細身体型をカバーしつつ、オシャレに見える方法を紹介します。

シルエットを意識する

まず1つ目はシルエットです。

細身体型の方には、オシャレに見える基本の3つのシルエットすべてがおすすめできるので、目指したい印象によって使い分けてみましょう。

スタイリッシュな『Iラインシルエット』

細身のトップスとパンツを合わせることでできる、アルファベット「I」のようなシルエット。

スッキリとスタイリッシュな印象になります。

細身の体型を活かせば、人よりスマートな印象のIラインシルエットが作れるのではないでしょうか。

大人っぽくキマる『Yラインシルエット』

ロングコートなど、ボリュームのあるアウターと、細身のパンツで「Y」の形をつくるシルエット。

大人っぽい印象になるのに加え、シルエットの大きいアウターのおかげで体型をカバーする効果もあります。

男らしさが演出できる『Aラインシルエット』

細身のトップスに、ボリュームのあるパンツを合わせることで作る「A」の形のシルエット。

男らしくリラックス感のある印象に仕上がります。

そのため、細身体型の華奢なイメージを抑えることができるのです。特に下半身の細さに悩んでいる方にはおすすめです。

重ね着を取り入れる

重ね着を上手く取り入れることで、体型カバーをすることもできます!

上の画像は、白のロング丈タンクトップを重ね着し、Tシャツの裾から覗かせることで、コーデにアクセントをつけています。

コーデにアクセントとなる部分を作ることで、周りの人の目線をそこに集める事ができ、「体の細さ」の印象を和らげることも期待できますよ!

細身男子のためのおすすめコーデ集

ここからは、今まで紹介してきた内容のおさらいとして、細身体型のメンズにおすすめなコーデを紹介します。

明るいカラーを上、落ちついたカラーを下に配置したコーデ

明るめのグレーのシャツと、白シャツの重ね着で、シルエットが大きく見える明るいカラーを上半身に持ってきています。

対してパンツはネイビーで落ち着いた印象に。スッキリとしたテイストに仕上がっていますね。

細身の体型を活かしたIラインシルエットコーデ

細身のスラリとした体型を活かせば、Iラインシルエットのコーデがよりスタイリッシュにキマります。

体型を拾いにくいサマーニットの下に、ロング丈タンクトップを重ね着してレイヤードを作ることで、細さの印象を自然に軽減していますよ。

爽やかな淡いカラーで夏らしく

淡いブルーのシャツと白のTシャツで明るい印象のスタイルです。

シャツの羽織りと膨張色で細さをカバーしながら、テーパードパンツで大人っぽさも加えていますよ。

キレイめとカジュアルの絶妙バランズ

キレイめで大人っぽいアイテムは、頼りがいのある印象を作れますが、堅い印象も伴ってしまいます。

カジュアルなボーダーTシャツをシャツから覗かせることで、ほどよいカジュアルさを補い、絶妙なバランスに仕上げていますよ。

白のポロシャツでクールビズもクリア

ボタンダウンで襟の形が整ったポロシャツは、首元を隠すことができるため華奢な印象を与えにくくしてくれます。

傍証職の白を選べば細さをカバーしながら清潔感を演出でき、オフィスカジュアルにも最適なコーデになりますよ。

ゆったりシャツのシルエットの妙

白シャツと黒スキニーパンツのシンプルなコーデ。ですがシャツのシルエットがポイントです。

ゆったりなシルエットが体型を隠しつつ、細身のパンツとメリハリを作ることでオシャレな印象を強調しています。

ボーダーニットを大人に着こなすポイント

カジュアルなテイストの強いボーダー柄も、黒を基調としたシックな雰囲気と、テーパードパンツ、ローファーの組み合わせで大人見えします。

重ね着で白を差し色にしているのもオシャレさを加えるポイントです。

シャツとデニムの好相性コンビ

キレイめのシャツとデニムは、それだけでキレイめカジュアルのバランスを上手に取れるコンビ。

ストレートシルエットのデニムなら、脚のラインをカバーできるので体型を隠すのにも活躍します。

セットアップとポロシャツのビジネスカジュアルコーデ

仕事先の相手方とやり取りをする際には、ジャケットはマストアイテムです。

白のポロシャツでクールビズやオフィカジ感を出しながら、好感度の高いコーデをセットアップで作ってみましょう。

細身体型ファッションの悩みが解決しないときは…

ここまで、細身の体型に悩む方への着こなしやコーデについて紹介してきました。

しかし、ご自身の好みに合った着こなしや、出かけるシーンに合わせた着こなしなど、より個別なお悩みにはお答えできていないかもしれません。

そんなときは、プロのスタイリストが直接あなたのお悩みの相談に乗ります!

どんな些細な質問でも大丈夫!LINEでのやり取りですので、ぜひお気軽にお声かけください。

※相談は無料で、平日:10:00~17:00のご対応となります。

体型を楽しむ視点、見つけていこう。

体型の悩みは根深いものですよね。気にしても、すぐには変えられないものでもあります・・・。

でも、「ネガティブにならないこと」が大事なのかなと思います!

「頼りない」「男らしくない」と言われがちな細身体型ですが、お伝えしてきたとおり、見た目はファッションである程度カバーできます!

となれば、あとはどれだけ男を磨くか!仕事で頼れる存在になるも良し、体を鍛えてたくましくなるも良しです。

前向きに自分の人生を楽しむ姿に、「頼りない」なんて印象はまとわりつかないはずですよ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

担当スタイリスト
サキ

Dコレのライターとして5年以上担当。
Webクリエイター・色彩など様々な資格を持っている。
モノトーンを基調としたシンプルなコーデが得意。