メンズTシャツおすすめ25選!人気ブランドや知らないと損をする選び方も紹介!【2022年版】

「Tシャツってどこで買えばいい?」

「Tシャツのおすすめブランドって結局どこ?」

「Tシャツが欲しいけど失敗したくない」

男女問わず定番のTシャツ。多くのブランドで取り扱いがあり、上のように悩む方も多いかと思います。この記事ではメンズファッションスタイリスト監修のもと、おすすめのTシャツやコーデについてご紹介していきます。

Tシャツに詳しいメンズスタイリスト
オータケ
こんにちは、Dcollectionのスタイリスト「オータケ」です。この記事を読めばTシャツについてかなり詳しくなれます!お気に入りのTシャツもきっと見つかりますよ。

そもそもTシャツとは?アッとおどろくオシャレの知識

普段何気なく使っているTシャツ。別に知らなくても何の問題もありませんが、Tシャツってそもそもなんなのかご存じでしょうか。

Tシャツにもいろいろありますが、本来は丸首と半袖の形をしたかぶり式ニットシャツのことを指します。その派生で「長袖Tシャツ」や「モックネックTシャツ」「VネックTシャツ」といったものがあります。

1950年頃のフランス軍の下着が起源と言われており、アメリカの軍の手によって発展されて世界中に広がるようになりました。いまではほとんどのブランドで展開されるような定番アイテムとなっていますね。

スタイリストも実践している!Tシャツの選び方

Tシャツはメンズファッションの定番的なアイテムなので、様々なブランドで取り扱いがあります。その一方で似たようなTシャツが多いことも事実です。

そのためTシャツをどこで買おうか、どういう風に選べば失敗しないのか悩む方も多いと思います。

そこでここでは、スタイリストが実際にやっているTシャツの選び方を紹介するので、どれを買おうか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

Tシャツに詳しいメンズスタイリスト
オータケ
これを知っておけば、Tシャツ選びでの失敗が格段に減りますよ!

見ておきたいポイントとしては、

  1. 透けないかどうかの厚み
  2. 使いやすさ
  3. 季節に応じた機能性
  4. 値段

この4つです。1つずつ簡単に見ていきましょう。

1.透けないかどうかの厚み

▲着用しているTシャツ

Tシャツに関するよくある悩みで多いのが「透け」です。肌やインナーが透けてしまい、なんだかダサいと感じたことがある方もいるかと思います。

その問題はTシャツの厚みでカバーすることができます。オンスという表記で厚みが表現され、5オンス以上が「ヘビーウェイト」といって、厚手の生地感の基準になります。

商品名に「ヘビーウェイト」と書いてあれば厚手のTシャツになるので、透けが気になる方はチェックしてみましょう。特に白Tシャツは透けを感じやすいので見ておきたいポイントですね。

Tシャツに詳しいメンズスタイリスト
オータケ
白Tシャツの透けに関しては、肌との境目が分かりにくくなる「ベージュインナーがおすすめですよ!

2.使いやすさ

▲着用しているTシャツ

つづいて使いやすさです。いろんなデザインのTシャツがありますが、自分にとって使いやすいかどうかを見ておきましょう。

単純な使いやすさだけで見るのであれば、

  • 無地
  • 装飾がない
  • ジャストからややゆったりシルエット
  • ベーシックカラー

といったシンプルさを基準に見ることがポイントです。派手な色や柄、大きすぎるシルエットなどは比較的合わせるのが難しくなります。

いいと思ったけど「合わせづらくて結局使えなかった」といった失敗をしないためにも、まずはシンプルなTシャツを選ぶのがおすすめです。

3.季節に応じた機能性

▲着用しているTシャツ

Tシャツの中には「機能性」がついたものも結構あります。衣服を着るうえで「快適さ」というものはとても大切なポイントなので、それぞれの季節に応じた機能性があるTシャツを選ぶことがポイントです。春夏・秋冬に分けて、おすすめの機能性をまとめてみました。

【春夏・暑いシーズンにおすすめの機能性】

  • 接触冷感
  • 吸水・吸湿・速乾
  • 防菌防臭
  • 通気性
  • UVカット
  • 遮熱
  • ドライタッチ
  • 【秋冬・寒いシーズンにおすすめの機能性】

  • 保温性
  • 裏起毛
  • 毛玉防止
  • ストレッチ性(重ね着をするため)
  • 帯電防止
  • 吸水発熱
  • また両シーズンを通して、肌触りがいいかどうかなどの、着心地も見ておくとよいでしょう。

    4.値段

    最後が値段です。どのアイテムにも言えることですが、Tシャツの値段はブランドによって違ってきます。そのなかでもTシャツは比較的安価に購入できる部類に入ります。

    リーズナブルなものだと1,000円前後で購入できますが、ハイブランドの中には数万円するものもあります。

    値段に関しては人それぞれになると思うので、自分の収入にあった選び方というのも大切なポイントですね。

    Tシャツに詳しいメンズスタイリスト
    オータケ
    洋服代は「収入の2%が理想」という話もあるので、そういったものを参考にするのもおすすめですよ!

    好印象を狙えるTシャツを使ったメンズコーデ5選

    メンズにおすすめのTシャツについて紹介してきました。最後にスタイリストが厳選したTシャツコーデをご紹介します。

    Tシャツは比較的コーデに取り入れやすいアイテムですが、コーデを組む際、

    「なんだかいつもと同じコーデになってしまう」

    「あんまりオシャレに見えない」

    「周りと差別化できない」

    と悩む方はぜひ参考にしてみてください。

    大人感のあるセットアップ×Tシャツコーデ

    近年トレンドのセットアップを使ったメンズコーデ。かっちり感が出やすいアイテムですが、Tシャツのようなカジュアルアイテムを取り入れることで、キメ過ぎ感が出ずにオシャレなコーデを作ることができます。

    ダークキャメルカラーのTシャツが優しい雰囲気を演出し、親しみやすいコーデに仕上がっていますね。

    シックさと爽やかさを押さえたTシャツコーデ

    ネイビーの開襟シャツとチャコールのテーパードパンツを合わせたメンズコーデ。

    ネイビーは知的さや誠実さを、チャコールは上品な印象を与えるので、組み合わせることでシックな雰囲気に仕上げることができます。

    ネイビーとチャコールのみだと、ややくらめになるので、白Tシャツをインナーに使うことで、爽やかなコーデを作ることができますよ。

    ボーダーTシャツで変化をつける大人コーデ

    サマージャケットとボーダーTシャツを合わせたメンズコーデ。ボーダーのような柄ものを取り入れることで、シンプルすぎない、変化のあるコーデを作ることができます。

    カジュアル感は強めになりますが、細めのピッチを選ぶことで大人っぽさをキープすることができます。キレイめ感のあるアイテムを合わせることで、大人見えのポイントですよ。

    抜け感のある白Tシャツコーデ

    開襟シャツと白Tシャツを合わせたメンズコーデ。開放的な襟が特徴的な開襟シャツや、黒スキニーパンツの裾をロールアップすることで、抜け感のあるコーデに仕上がっています。

    白Tシャツがグッと爽やかさを強調させ、夏らしい印象を与えていますね。

    落ち着いた色でまとめるネイビーTシャツコーデ

    チャコール、ネイビー、黒など全体的に落ち着いた色でまとめたコーデ。落ち着いた色でまとめているので、大人っぽいコーデに仕上がっています。

    ただしやや暗めな配色になっているので、白のレイヤードを取り入れて軽さを出すことがオシャレ見えのポイントです。

    オシャレの悩みは「あなたのスタイリスト」で解決

    服に悩んでいる男性

    ここまでTシャツについていろいろ紹介してきました。しかしこの記事を読んでも、悩みが解決しない方や他にもオシャレの悩みを抱えている方がいると思います。

    そんな方におすすめなのが「あなたのスタイリスト」です。

    「あなたのスタイリスト」とはメンズファッション通販サイトDcollectionが運営しており、チャットを通して、コーデなどオシャレに関する相談を無料ですることができます。一例ですが相談を受けることで、このようにオシャレな格好をできるようになります。

    Tシャツに関する質問はもちろん、それ以外にも、

    ・デートに行くのにコーデはどうすればいい?

    ・色合わせがわからない

    ・服のサイズ感を知りたい

    ・婚活にいくのにおすすめコーデを教えて

    ・40代にあった着こなしを知りたい

    などなんでも質問OKです。スタッフが全力で解決のお手伝いをさせていただきます。

    Dcollectionのチャット相談スタッフ

    ※2021/4/1~11/31時点で3763件(同一者を含む)のご相談を受けました。

    現在は主に女性スタッフが対応しているので、デートに関することなども、よりリアルな話を聞くことができますよ!ぜひ相談お待ちしています!

    ※ ※ ※

    今回はメンズにおすすめのTシャツについてご紹介しました。

    定番的なアイテムとなった今だからこそ、失敗しない選び方や着こなしをして、安定的なオシャレを楽しみましょう。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!