【2021-2022秋冬】メンズニットの正解コーデはコレ!気になる着こなしテクニックなども紹介

秋に入り、だんだん冬に向けて厳しい寒さを感じる日が増えてきましたね。

シャツやTシャツなど薄着な服装から、徐々に防寒性のある服装に変わってきているのを感じます。

そんな秋冬のメンズファッションですが、定番と言えば「ニット」ではないでしょうか?

ニットは秋冬らしい季節感があると共に、暖かみを感じることができるのでとてもおすすめです。

この記事では、そんなニットのおすすめコーデや選び方などを紹介していきます。


この記事を読むと、以下のことが分かります。

  • メンズニットのおすすめコーデ
  • ニットの着こなし方や選び方のポイント
  • ニットの種類
  • ニットを長く愛用するためのお手入れ方法
サキ

はじめまして。メンズファッション通販サイト「Dcollection」のサキです!

今回は、私がニットに関する情報をお届けしていきます。

私たち「Dcollection」はただ服を販売するだけでなく、記事や動画、書籍などで、着こなしの解説やファッションの悩みを解決するサポートをしています。

2021-2022秋冬メンズニットのおすすめコーデ5選

早速ですが、まずは2021-2022年秋冬におすすめなメンズニットのコーデから紹介していきます!

サキ

Dcollectionのスタイリストが選ぶ、おすすめコーデを厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

セットアップ×ニットで作るキレイめコーデ

秋冬らしさのあるテラコッタカラーのニットを使ったコーデ。

合わせるアイテムに悩んだときは、アウターとパンツが決まっているセットアップを着用することで、簡単にオシャレに見せることができますよ。

着用アイテム

存在感のあるアウターはモノトーンで大人っぽく

アウトドアテイストのマウンテンパーカーは、1着で存在感を感じるアイテム。

合わせるニットは装飾感のないハイゲージニットを選び、スッキリとまとめるとオシャレにキマります。

着用アイテム

洗練されたシルエットで大人な雰囲気を装う

ハーフタートルネックニットは、肌の露出が減るため、より上品で大人っぽい雰囲気のコーデに。

チェスターコートとテーパードパンツでYラインシルエットを作ると、洗練された大人の着こなしになります。

着用アイテム

穏やかな色合いが親しみやすいコーデに

穏やかな印象のベージュとブラウンを合わせることで、親しみやすい雰囲気に。

シンプルなコーデながらも、コーデュロイパンツの凹凸感やマフラーの柄で、冬らしい遊び心をプラスしています。

着用アイテム

大人な雰囲気漂う、スマートな着こなし

重厚感のある黒を基調とすることで、キレイめで大人っぽい雰囲気に。

インナーにやや明るさのあるネイビーのニットを合わせることで、暗く重たい印象になり過ぎないオシャレなコーデになりますよ。

着用アイテム

メンズニットの着こなし方のポイント

まずは、スタリストがおすすめする厳選コーデを紹介しましたが、参考になりましたか?

先ほど紹介したコーデのように、メンズニットの着こなしには、合わせるアイテムやシルエットづくりを意識することが大切です。

POINT①ニット1枚で着る
POINT②ロング丈Tシャツを重ねて縦のレイヤードを作る
POINT③ニットにシャツを重ね着する
POINT④ボトムでシルエットを整える

この4つのポイントを意識することで、オシャレなメンズニットのコーデが作れるようになりますよ。

サキ

それでは、1つずつメンズニットの着こなし方のポイントを見ていきましょう。

POINT①ニット1枚で着る

秋始めや室内の暖かいところであれば、秋冬でもニットだけで十分です。

Tシャツやトレーナーといった選択肢もありますが、編み目が表情をつけてくれるニットは、1枚で着てもサマになります。

Image without a name

左:無地Tシャツ / 右:ニットセーター

上の画像のように、つるんとした素材感のTシャツよりも、ニットの方が凹凸がある分、存在感のある印象に仕上がりますね。

POINT②ロング丈Tシャツを重ねて縦のレイヤードを作る

存在感のあるニットを1枚で着用するのもおすすめですが、ロング丈Tシャツを裾から覗かせた「縦のレイヤード」もおすすめです。

ロング丈Tシャツの裾をチラ見せするだけで、ニットコーデにアクセントや軽さが加わります。特に秋冬は、ダークトーンのコーデが多くなるのでおすすめです。

サキ

ロング丈Tシャツを重ね着したときは、裾を5cm(±2㎝許容)ほど覗かせるのがポイントです!

ロング丈Tシャツの裾を出し過ぎるとバランスが悪くなり、だらしない印象を与える可能性があるので気を付けましょう。


おすすめなロング丈Tシャツ

ニットと相性抜群な、上記のロング丈Tシャツ。

秋冬の寒いときに合わせられるように「吸湿発熱」や「裏起毛」といった機能性が備わっているのがポイントです。

POINT③ニットにシャツを重ね着する

清潔感のあるシャツにニットを合わせることで、シャツの「きちんと感」を残しつつも、キメ過ぎないスタイルに仕上げることができます。

サキ

知的で清潔感のある印象にすることができるので、女性からの好感度もバッチリです。

白シャツを重ねるとキリッと引き締まった印象に。ストライプなどの柄物シャツや色シャツなどでカジュアル感を足せば、親近感のある印象にすることができます。


おすすめな長袖シャツ

ニットのインナーとして重ね着することで、首元にアクセントを加えてくれるシャツ。

癖のない、シンプルなデザインのシャツを選ぶことが、ニットとの相性を考えるうえで大切なポイントになります。

POINT④ボトムでシルエットを整える

メンズニットをオシャレに着こなすには、合わせるボトムを何にするのかが大切です。

これからお話する3つのシルエットから、どんんなボトムを合わせるか考えましょう!


■Iラインシルエット

【作り方】
上下とも細身のアイテムを合わせる

【メリット】
スーツのようにスラリと細長く見え、大人っぽい印象を与える効果がある

【こんな人におすすめ】
低身長の男性・オシャレ初心者

Iラインシルエットを作るなら「テーパードパンツ」や「スキニーパンツ」がおすすめ。

細身のボトムを合わせているなら、ショート丈アウターをニットの上に羽織ってもIラインが作れますよ。


Iラインシルエットにおすすめなアイテム


■Yラインシルエット

【作り方】
ボリュームのあるトップスに、細身のボトムスを合わせる

【メリット】
体型隠しに有効・大人っぽくてオシャレな雰囲気を出しやすい

【こんな人におすすめ】
ガッチリ体型・ポッチャリ体型・コート好き

Yラインシルエットを作るなら、細身のボトムにロングコートやロングカーディガンを羽織れば、簡単にオシャレに見せられますよ。


Yラインシルエットにおすすめなアイテム


■Aラインシルエット

【作り方】
細身のトップスに、ボリュームのあるボトムスを合わせる

【メリット】
男らしい印象を与える

【こんな人におすすめ】
脚が太い人・上級コーデにチャレンジしたい人

ワイドパンツを合わせていれば、ショート丈アウターをニットの上に羽織ってもAラインが作れますよ!


Aラインシルエットにおすすめなアイテム

2021-2022秋冬はこんな「メンズニット」を選ぼう

メンズニットのオシャレな着こなし方が分かったところで、次は選び方について解説していきます。

2021-2022年秋冬に使えるメンズニットを選ぶなら、この3つのポイントを意識しましょう!

編み目は「ハイゲージ」

ニットを見てみると、編み目の模様が粗いものや細かいものなど、いろんなデザインがあります。

その編み目の違いを、下記の画像のように「ローゲージ」「ミドルゲージ」「ハイゲージ」の3つに分けることができるのです。

【ローゲージ】
・アラン編み
 →縄のようにねじれた模様
・ケーブル編み
 →ロープをイメージした縄上の模様

【ミドルゲージ】
・鹿の子編み
 →凹凸があり、絡まっているような編目の模様
・畦編み
 →表目と裏目を交互に編んだ模様

【ハイゲージ】
・天竺編み
 →平編みで表面の網目がV字型の模様

「ミドルゲージ」や「ローゲージ」のように、編み目が大きいニットは、存在感がある分、合わせにくさを感じる場合があります。

なので、失敗しない合わせやすいニットを選ぶなら、主張の少ない「ハイゲージ」を選ぶのがおすすめ!

こちらのニットのように、つるんとした表面が特徴のハイゲージを選べば、主張が少ない分他のアイテムとも合わせやすく使いやすいですよ!

サイズ感は「ややゆったり」

ニットの下にインナーを重ね着できるように、サイズ感は「ややゆったり」としたものを選ぶのがポイント!

ジャストサイズを選んでしまうと、インナーを合わせたときに、中でごわついてしまう可能性があるので注意です。

ややゆったりとしたサイズ感のニットを選べば、インナーにロング丈Tシャツを重ね着して、コーデにメリハリをつけたり、

シャツを重ね着して、大人っぽい知的でキレイめな印象を与えることができます。

ジャストサイズのニットも良いですが、インナーを重ね着できるややゆったりサイズを選ぶことで、いろんな着こなしを楽しむのがおすすめですよ。

色は「落ち着いたベーシックカラー」

失敗しない合わせやすいニットを選ぶなら、落ち着いた「ベーシックカラー(黒・白・グレー・ネイビー・ベージュ・カーキ)」がおすすめ!

ベーシックカラーは主張が少なく、比較的どんな色とも相性抜群。

コーデの色合わせにも悩みにくくなるので、簡単にオシャレなニットコーデを作ることができるようになりますよ!

スタイリストおすすめメンズニットはこれ!【2021-2022秋冬】

先ほどお話したニットの選び方をふまえて、2021-2022年秋冬におすすめなアイテムを紹介します!

今回紹介するニットはこの3つ。

この3つのニットを押さえておくことで、秋冬のニットコーデはバッチリですよ!

それでは1つずつ、具体的なコーデも一緒に紹介していきます。

テックリブ 長袖クルーネックニットセーター

細かい編み目により、大人っぽく品のある印象を与えてくれるハイゲージ編みのニット。

インナーと合わせやすいように、ややゆったりとしたサイズ感に仕上げていますが、袖と裾にリブを付けることで余計なたるみが出ず、スッキリとした印象になりますよ。

大人のハーフタートルネックニットセーター

タートルネックは首が窮屈で苦手という方にもおすすめできる、こちらのハーフタートルネックニット。

ネックの丈感や首元にゆとりを作ることで、窮屈感のない着心地に仕上げています。

またDcollectionのニットの中で、1番と言ってもいいほど触り心地がよく、ちもちふわふわな触感が魅力です。

ジャケニットセーター

ツヤがあり、キレイめな印象を与えるハイゲージのニット。

こちらは他の2つのニットとは違い、ジャケットなどアウターのインナー使いがしやすいように、ジャストサイズで設計されています。

また襟高なデザインになっているため。肌にアウターが触れないようになっており、襟元の汚れを防いでくれるのが魅力です。

【番外編】選ぶときに押さえておきたいメンズニットの種類

ニットの選び方とおすすめを紹介したところで、ここからは番外編として「ニットの種類」について紹介していきます。

ニットの種類を押さえておくことで、自分が欲しいものを選びやすくなるのでおすすめです。

種類①ネックライン

選びときの基準として「ネックライン」も大切なポイントです。

首元だけなのでちょっとした違いにも感じますが、コーデの「表情」を変える重要な要素になります。

今回紹介するネックラインはこの4つ。

・Vネック
・クルーネック
・タートルネック
・ハイネック

1つずつ特徴や着こなし方について解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。


クールに見せるなら「Vネックライン」

Vネックは、直線的でシャープな印象を与えてくれるので、クールに見せられるのが魅力です。

首元が露出されているので、縦のラインが強調され首を長くみせる良さもあります。


【いままで避けていた人も安心】Vネックの着こなしテクニック

華奢な人は鎖骨が強調されやすいというのもあって、Vネックを避けてしまいがちな方も多いのではないでしょうか?

まずポイントは、ネックラインのVの角度が浅めな物を選ぶこと。

角度が浅めな物を選ぶことで、首元に露出している骨ばった部分を隠すことができます。

首元が寂しく感じる場合は、シャツやネックレスなどをアクセントとして加えるのがおすすめですよ。


親しみやすい「クルーネックライン」

丸く開いた首元が特徴のクルーネック(丸首)は、程よく丸みを帯びた曲線的なラインが、Vネックよりもカジュアルで親しみやすい印象を与えます。


【いままで避けていた人も安心】クルーネックの着こなしテクニック

まずポイントは、胸元にシャープな印象をプラスすること。

例えばカーディガンやジャケットなどを合わせて胸元に直線的なラインを作ったり、長めのV字型になるネックレスを合わせてシャープさを加えるようにすると良いですよ。


大人に魅せる「タートルネックライン」

ネックラインが大きく立ち上がって折り返しになっているのが特徴のタートルネック。

肌の露出が減ることにより大人っぽさを演出してくれます。


【いままで避けていた人も安心】タートルネックの着こなしテクニック

ポイントは、自分のコンプレックスを少しでもカバーできるものを選ぶこと。

例えば首の短さを気にしている人は、ボリュームの少ないタートルネックを選んだり、折り返しの回数を増やしたりするのがおすすめです。

またぽっちゃり体型の人は、着やせして見えるため縦のラインを強調できるリブ編みのものを選ぶのがおすすめですよ。


品格漂う「ハイネックライン」

首に沿って立ち上がったネックラインが特徴のハイネック。

タートルネックよりもキレイめ感が強いので上品で大人な印象を演出してくれます。

またニットと言えばクルーネックが多いので、ハイネックを使うことで周りと差別化することができるという魅力もあります。


【いままで避けていた人も安心】ハイネックの着こなしテクニック

まずポイントは、縦のラインを強調させること。

例えば首の短さを気にしている人は、ハイネックの上にアウターを重ね着して縦のラインを作る方法があります。

また上半身にボリュームがある人は、ハイネックでもリブ編みを選んだりするとオシャレに着こなせますよ。

種類②素材

ニットはパッと見た感じはあまり分かりませんが、実は使っている素材に違いがあるんです。

季節ごとにおすすめなニットの素材をきちんと押さえておくことで、選ぶときの参考になりますよ!


秋冬ニット

秋冬ニットの主な素材は「アクリル」「ウール(毛)」「カシミヤ」。

これらの素材は保温性が高く、肌触りが柔らかいのが特徴です。(ウールが多いとチクチクする可能性あり)

また毛玉ができやすいため、お手入れが面倒だったり、頻繁に着用できなかったりといったデメリットもあります。


春ニット(スプリングニット)

春ニットの主な素材は「コットン(綿)」「アクリル」。

秋冬ニットに比べて薄手なのが特徴的な春ニットですが、他にも肌触りがサラっとしていたり、手玉になりにくいといった特徴があります。


夏ニット(サマーニット)

夏ニットの主な素材は「麻(リネン)」「コットン(綿)」。

透け感のある薄手の生地感が特徴で、サラっとした肌触りを感じることができます。(ものによってはシャリ感がある)

また春ニット同様、毛玉になりにくのも特徴です。

サキ

秋冬のニットは保温性を、春や夏のニットは通気性を意識したような仕上がりになっていますよ!

セーターだけじゃない!秋冬おすすめなニットアイテム

実はニットとは、1本の糸でループを作りながら編みこまれた生地のことを言います。

なので、ここまで紹介してきた内容は、正しくは「ニット」ではなく「セーター」というのが本当なのです。

ですが「セーター=ニット」と思っている方は多く、意味は違いますがどちらを使っても問題はありません。

サキ

ここからは、セーター以外のニットでできたおすすめアイテムを紹介しますよ!

テックリブ ニットカーディガン

いろんなコーデに合わせられるように、トレンドに左右されないシンプルなデザインに仕上げたコチラのニットカーディガン。

ややゆったりとしたシルエットで作られているため、羽織りとしていろんなトップスと合わせることができます。

ニット編みスヌード

首元の防寒アイテムとして最適なニットスヌード。

シンプルなデザインながらも、コーデのアクセントとして活躍してくれるので、何か物足りないと思った時でもオシャレに見せてくれますよ!

【2021-2022秋冬】スタイリストのイチ推しメンズニットコーデ

今までお話してきた内容をふまえ、ここからはニットを使ったコーデを紹介していきます!

お手持ちのものや、これから買おうとしているニットのコーデの参考にしてみてくださいね!



【リスト】

白ニットセーターコーデ


【コーデ①】ニットセーター+セットアップ

セットアップとニットで、キレイめで品のある印象にまとめたコーデ。

ネイビーと白の色合わせは、清潔感のある爽やかなコーデに仕上がるため、女子ウケもバッチリですよ!

着用アイテム



【コーデ②】ニットセーター+ダウンジャケット

シンプルにモノトーンでまとめることで、クールで大人な雰囲気を与えることができます。

冬はニットの上にダウンジャケットを羽織ることで、防寒性のあるオシャレなコーデが作れますよ!

着用アイテム


【コーデ③】ニットセーター+Iラインシルエット

上下細身のシルエットで作るIラインシルエットは、テーラードジャケットとテーパードパンツがあれば簡単にできるコーデ!

インナーはニットで秋冬っぽさを取り入れれば、季節感のあるコーデに仕上がります。

着用アイテム

グレーニットセーターコーデ


【コーデ①】ニットセーター+マウンテンパーカー

アウトドア感のあるマウンテンパーカーは、キレイめなテーパードパンツと合わせるのがポイント!

ニットもハイゲージのものを選び、上品で大人な雰囲気を演出するとオシャレにキマります。

着用アイテム


【コーデ②】ニットセーター+電熱ベスト

冬はセットアップにニットだけでは物足りなさを感じますよね?

でも大丈夫!ニットの上に電熱ベストを重ね着することで、冬でも暖かいコーデが完成します!

電熱ベストはスッキリとしたデザインを選び、インナーとして合わせたときに、ごわつかないようにしましょう。

着用アイテム


【コーデ③】ニットセーター+有彩色アウター

ナチュラルなグリーン系のアウターを合わせるときは、他のアイテムをモノトーンでまとめるのがポイント!

モノトーンは主張が少なく、有彩色であるグリーンの色味を引き立ててくれるため、ゴチャつかずオシャレにキマります。

着用アイテム

ベージュ/ブラウンニットセーターコーデ


【コーデ①】ニットセーター+チェスターコート

ハイネックのニットにチェスターコートを合わせることで、洗練された大人っぽい雰囲気のコーデに。

ロング丈のアウターを合わせる場合は、パンツは細身のものを選び、Yラインシルエットを作るとオシャレです。

着用アイテム


【コーデ②】ニットセーター+シャツ

ニットとシャツを重ね着することで、知的で誠実感のあるコーデが完成!

ベージュのニットと同系色にあたる、ブラウンのセットアップを合わせることで、統一感のあるコーデに仕上がります。

着用アイテム


【コーデ③】ニットセーター+ワイドパンツ

ニットにワイドパンツを合わせることで、リラックス感のあるラフなシルエットのコーデに。

柔らかいベージュやブラウン系のカラーで統一することで、親しみやすい穏やかな雰囲気を醸し出すことができますよ。

着用アイテム

テラコッタニットセーターコーデ


【コーデ①】ニットセーター+モノトーン

秋冬らしいテラコッタカラーのニットを合わせることで、季節感のあるコーデが完成!

色味を引き立てるためにも、他のアイテムは主張の少ないモノトーンでまとめるのがポイントです。

着用アイテム


【コーデ②】ニットセーター+マフラー

ハイゲージのニットはシンプルな印象を与える代わりに、無難な印象になってしまうことが。

そんなときは、柄物のマフラーをプラスするのがおすすめ!

シンプルなコーデのアクセントになるので、一気にオシャレな印象に仕上がりますよ。

着用アイテム


【コーデ③】ニットセーター+黒セットアップ

重厚感のある黒のセットアップは、キレイめな印象が強すぎて、堅苦しい印象を与えてしまう可能性が。

そんなときはカジュアルな有彩色のニットを合わせることで、ほどよい抜け感をプラスすると普段着らしいオシャレなコーデになります。

着用アイテム

その他ニットアイテムのコーデ


【コーデ①】ニットカーディガン+モノトーン

ニットカーディガンを合わせたコーデ。

全体的にシンプルなデザインとモノトーンなアイテムでまとめることで、大人っぽい印象に仕上がります。

着用アイテム


【コーデ②】ニットカーディガン+マウンテンパーカー

ニットカーディガンは、インナーとしても大活躍してくれます!

シャツの上から羽織り、その上にマウンテンパーカーを合わせることで、冬でも暖かい防寒性のあるコーデが完成。

全体的にカジュアルなアイテムを合わせているので、男らしい印象になります。

着用アイテム


【コーデ③】ニットスヌード+チェスターコート

チェスターコートに黒スキニーパンツを合わせることで、メリハリのあるYラインシルエットが完成!

シンプルなコーデながらも、ニットスヌードを合わせることで、よりオシャレな印象に仕上がります。

着用アイテム

ニットのお手入れ方法を知っておこう

ニットはお手入れに面倒なイメージを持つ方もいると思います。

実際のところ商品によっても違いはありますが、、襟元がヨレやすかったり、形が崩れやすかったり、毛玉ができやすいなどの特徴があります。

ここでは最低元押さえておきたいニットのお手入れ方法について紹介します。

ニットの最大の敵?毛玉の対処法

ニットにおける悩みで一番多いといっても過言ではないのが「毛玉」。

毛玉ができにくい加工をされているニットもありますが、何回も使用して入ればどうしてもできてしまいます。

対処法としては、上画像のような方法があります。手で引っ張りたくなることもあるかもしれませんが、ほつれの原因になるので、できるだけカットするようにしましょう。

ニットの洗濯方法について

ニットを洗う時は、まず洗濯表記を確認しましょう。

装飾などによって洗濯機が使えない場合があります。

その場合は手洗いもしくは、クリーニングに出すのがおすすめです。

洗濯が可能な場合は、基本的には洗濯ネットに畳んで入れて、「やさしく洗うモード」など、ダメージが発生しにくい機能を使いましょう。

また「色落ち」や「色移り」にも気をつかい、白のニットを洗う場合は、色の濃いものは一緒に洗わないように気をつけましょう。

お気に入りのニットで、洗濯に不安がある場合は、クリーニングに出すのが一番無難ですね。

ニットの保管方法は?

ニットは基本的に柔らかい生地が多いので、ハンガーにかけて保管すると、服の形が崩れやすいです。

そのためニットを保管する際は、畳んで収納する方法がおすすめです。

※ ※ ※

大人っぽい印象を簡単に作れるニット。

様々なニットがあり「どれを選べばいいのか悩む」「コーデが上手く組めない」と悩みを持っている方もいると思います。

そんなときは、ぜひこの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

秋冬の必須アイテムであるニットを、ぜひコーデに取り入れてオシャレを楽しんでみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Dコレのライターとして3年以上の実績をもつ。柄物ファッション好きのライター。読書が趣味で、幅広い知識を活かして執筆を行う。Webクリエイターの資格もあり、Webデザインの仕事にも携わる。 座右の銘は“お金はすべて使い切って死ぬ”