40代の痛いファッション”を抜け出す3つの方法。お手本メンズコーデで簡単解決

「あの人の服装、なんか年齢にあってなくない?」

「お父さん、そのファッション痛すぎ」

「痛い」という表現はなんとも痛みを感じる言葉・・・。そんな言葉を言われたら、ショックはかなり大きいですよね。

ですが、改善しようとこの記事にたどり着かれたあなたは、そんな痛みを乗り越えようとする度量の持ち主だと思います。

そんなあなたのために、今回は痛いと言われない40代男性のファッションについてお話していきます。

痛いファッションと言われないための重要なポイントなどを解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

40代メンズが「痛いファッション」と思われる共通点

まずは、40代男性が「痛いファッション」と言われてしまう、ファッションの共通点についてお話していきます。

この共通点をしっかりと理解して覚えておくことで、「痛いファッション」を避けることができますよ。

①若作りのしすぎ

40代は大人の貫禄が出てくるころ・・・。

その魅力を若作りのしすぎで、ダメにしてはいませんか?

「あの人、いつも素敵だな」って思ってもらうには、年齢にあった服装をすることも大切です。

年齢にあった服装を心掛けることによって「きちんとしている」という印象を与えることができ、周りからも好印象にうつりますよ。

②サイズの合っていない服を着ている

40代って、若い頃と比べて少なからず体型に変化が出てきますよね。

特に自分の体型に合っていない小さいサイズの洋服は、ピチピチとしていて太っている印象を与えてしまう可能性があります。

だからといって、大きければいいってことでもありません。

大きすぎるとだらしない印象に見えてしまう場合があるので、気を付けましょう。

身体のラインを拾いすぎない、自分に合ったサイズの洋服を選んで着てくださいね。

③派手すぎ、地味すぎ

先ほどもお話しましたが、40代は大人の貫禄が出てくる時期。

鮮やかな色や装飾感のある服はカジュアルな印象が強く、コーデ全体をそういったアイテムでまとめてしまうと、派手になり過ぎて子供っぽく見えてしまいます。

40代の魅力である、落ち着いた品のある大人な印象を損ねてしまう可能性もあるので、避けましょう。

また落ち着いた暗い色ばかりになってしまうと、逆に地味になり過ぎて年齢より老けて見えてしまうことがあります。

40代はまだまだ若さもある年齢なので、適度に明るい色を取り入れることも忘れないようにしましょう。

④TPOを考えていない

そこそこ人生経験を重ねた40代は、TPOを意識した服装を心掛けることが大切です。

たとえば、BBQにスーツを着て来たり、レストランにジャージで着たら、周りの人はどう思うでしょう・・・。

周りから浮いて場違いな印象を与えてしまうと、一緒にいる人も恥ずかしく感じてしまうかもしれません。

そうならないためにも、その場に合った服装をすることがとても大切なのです。

また40代として、きちんとしているという印象も与えられるので、周りからも好印象に見られますよ!

⑤清潔感がない

周りから好印象に見られたいと思うのであれば「清潔感」はとても重要なポイントです。

【清潔感で気を付けたいポイント】

  • 洋服のシワや汚れ
  • 汗ジミ
  • ニオイ

上記のポイントに対する対策が打てていないと、だらしないや不潔といった印象を与えてしまう可能性があります。

せっかく服装は40代らしいオシャレなコーデをしていても、清潔感がないだけで台無しになってしまうので、気を付けましょう。

すぐできる!40代メンズの「痛いファッション」を打破する方法

40代男性が陥りがちな「痛いファッション」の共通点が分かったところで、ここからは解決方法についてお話していきます。

「痛いファッション」にならないための方法は以下の3つ。

  1. オシャレに見える法則を理解する
  2. 無地でシンプルなアイテムを選ぶ
  3. キレイめアイテムで大人っぽさを足す

それぞれのポイントをしっかりとおさえておくことで、「痛いファッション」と言われないオシャレな40代メンズコーデが作れますよ。

①オシャレに見える法則を理解する

まず1つ目のポイントは、「オシャレに見える法則」を理解することです。

オシャレに見えるファッションの要素としておさえておきたいのが「シルエット」と「色合わせ」の2つ。

この2つを理解しておくことで、オシャレ度がグッとあがりますよ!

シルエット

まずはコチラの画像を見てください。

どちらがオシャレだと感じますか?

きっとほとんどの人が右だと答えるのではないでしょうか。

それは「シルエット」が関係しているのです!

オシャレに見えるシルエットは3種類あり、その内のどれかを意識してコーデを考えることで、だらしなく見えないオシャレな着こなしができます。

色合わせ

色合わせもオシャレなコーデを作るうえで重要なポイント。

派手になり過ぎないように、無彩色(黒・白・グレー)をベースに、有彩色を2色までにおさめるのがおすすめです。

また40代らしい落ち着いた大人っぽい雰囲気を演出するのであれば、下記の色のような有彩色を取り入れるのが◎。

ベーシックカラーであるこの3つの色(ネイビー・ベージュ・カーキ)は、主張が強すぎないため派手になり過ぎることなく、40代らしい落ち着いた雰囲気を醸し出せますよ。

②無地でシンプルなアイテムを選ぶ

2つ目のポイントは、選ぶ服の特徴についてです。

「痛い」と思われがちな共通点の部分でも書きましたが、色や柄が派手なものやデザインが奇抜なものは、好印象スタイルに取り入れるのが難しいアイテム。

無地で色合いも落ち着いている、ベーシックな服を選ぶようにすると、悪目立ちすることもなく、落ち着いた大人の印象を作りやすくなります。

③キレイめアイテムで大人っぽさを足す

3つ目のポイントは、キレイめなアイテムで40代らしい大人っぽさを足すということです。

具体的には、シャツやジャケット、スラックスパンツなどがキレイめアイテムにあたります。

これらのアイテムをコーデに取り入れることで、きちんとした大人らしさを周囲に与えやすくなります。

ビジネスシーンで着るアイテムに近いため、心理的にも選びやすいのではないでしょうか。

「痛い」なんて言わせない!40代メンズにオススメなコーデ

ここからは、実際に40代男性におすすめのメンズコーデをご紹介していきます。

今までにお話してきた内容のおさらいにもなるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

黒のセットアップに白Tシャツを合わせた、定番コーデ。キレイめなセットアップで40代らしい大人な雰囲気を演出しているのがポイントです。

着用ITEM

品の良さと大人な雰囲気を演出してくれるチェスターコートは、40代男性におすすめなアイテム。細身のパンツと合わせて、シルエットにメリハリを付けるのがポイントですよ。

着用ITEM

ナチュラルなグリーン系のマウンテンパーカーは、カジュアルで男らしい印象に。モノトーンアイテムを合わせることで、色味を引き立てることができますよ。

着用ITEM

スポーティーな印象のコーチジャケットは、トレンドのMIXスタイルにおすすめ。落ち着いた色味でまとめることで、カジュアルなコーデも大人っぽく見せられます。

着用ITEM

全体的にカジュアルなアイテムを合わせるときは、落ち着いた色味で統一して、大人っぽさをプラスするのがポイントですよ。

着用ITEM

ブラウン系のアイテムでコーデをまとめることで、統一感のある大人な雰囲気に。全体的にキレイめなアイテムを合わせているので、40代らしい大人の貫禄を醸し出せます。

着用ITEM

40代メンズをオシャレにするおすすめの服

「痛いファッション」にならない方法がいろいろ分かってきたら、次に悩むのはアイテムではないでしょうか?

ここからは、40代男性におすすめなアイテムを「アウター」「トップス」「パンツ」「靴」をそれぞれご紹介していきます。

40代メンズにおすすめなアウター

テーラードジャケット

キレイめで品のある印象を与えてくれるテーラードジャケットは、40代男性にピッタリなアイテム。

普段のコーデに羽織るだけで大人っぽさを表現できるため、「デキる男」のイメージを与えてくれます。

マウンテンパーカー

アウトドアテイストのアウターは、男らしさをラフさを感じさせてくれるアイテム。

シンプルなデザインなので大人の男性も取り入れやすく、普段着に馴染みやすいのでおすすめです。

40代メンズにおすすめなトップス

長袖ニット

細かい編み目により、キレイめで大人っぽい雰囲気を演出してくれる長袖ニット。

毛玉になりにくい素材を使用しているため、長く愛用できるもの嬉しいポイントです。

リキッドカットソー

シンプルで無地なTシャツは、幅広いコーデにマッチし、年齢関係なく合わせることができるおすすめアイテム。

ほどよいゆるさがあるので、ラフに着用することができます。

40代メンズにおすすめなパンツ

テーパードパンツ

足首にかけて細くなるテーパードシルエットが特徴のコチラのパンツは、脚をキレイに見せてくれるおすすめなアイテム。

ほどよくゆるさがありながらも、スッキリとスマートな印象を与えてくれるので、大人っぽく着こなせます。

ストレートデニムパンツ

カジュアルなデニムパンツながらも、濃いブルーの色味が落ち着いた印象に。

太すぎず細すぎないストレートシルエットにより、野暮ったく見えずオシャレに着こなせます。

40代メンズにおすすめなシューズ

キャンバスシューズ

革靴のようなキレイめなデザインと、カジュアルなキャンバス地により、バランスのとれたオシャレなコーデに仕上がるシューズ。

幅広いコーデに合うため、1足持っているととても便利です。

レザーシューズ

キレイめな印象の強いレザーシューズは、丸みを帯びたデザインにすることで、普段着と馴染みやすくしています。

無駄な装飾がないため、合わせやすくおすすめですよ。

40代メンズが「痛いファッション」を気にする理由

「友達のパパはオシャレなのに、うちのパパは・・・。」

「うちの上司、仕事では頼りになるのに、なんでそんな恰好なの・・・。」

40代男性はいろいろと周りからの目が気になりますよね。

オシャレとは言われなくても、それなりには見られたいと思っている40代男性も多いのではないでしょうか?

人生経験もそこそこ積んできた40代男性は、特にTPOの面もしっかりとしているか見られます。

若いころは許容されていたファッションでも、40代男性になると「痛い」と思われてしまうことも・・・。

そうならないためにも、これまでご紹介してきた着こなしのポイントやコーデなどを参考にしてみてくださいね。

出掛ける前に再確認!「痛いファッション」チェックリスト

最後は痛いファッションと言われないための、チェックリストを見ていきましょう。

コーデを考える際や出掛ける前に、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 洋服にシワや汚れ、ニオイがついていない
  • 出掛ける場所・会う人を考えた服装をしている
  • 自分の体型に合ったサイズの服を着ている
  • 派手・地味過ぎない年齢に合った服装をしている
  • オシャレに見える法則が守られている

ここまで、40代男性が気になる「痛いファッション」についてお話してきました。

ぜひ今回のブログを参考に、40代らしいオシャレなファッションを楽しんでみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Dコレのライターとして3年以上の実績をもつ。柄物ファッション好きのライター。読書が趣味で、幅広い知識を活かして執筆を行う。Webクリエイターの資格もあり、Webデザインの仕事にも携わる。 座右の銘は“お金はすべて使い切って死ぬ”