メンズファッションの土台「シルエット」の作り方「I・Y・A」ライン別コーデ集

ササ
こんにちは!オシャレにシルエットが大事と、Dコレに入るまで知らなかった、メンズファッション通販サイト「Dcollection」のササです。

「人気のお店の服を買ったけど、なんだかコーデがオシャレにキマらない」

こんなことを感じた経験はありませんか?

こんなとき、服のせいではないから、自分のセンスのせい?なんて思ってしまいますが、そうではありません。

それ、シルエットのせいかもしれません。

この記事では、そんなオシャレの土台とも言える「シルエット」について、以下の内容で詳しくお伝えしていきます。

【Dcollection】とは?
オシャレの学び・服の購入からアフターフォローまでお手伝いするメンズファッション通販サイト。
「オシャレの知識を持ったスタイリストが執筆」「ベテランファッションバイヤーが監修」のもと、あなたのオシャレをお手伝いする記事を書いていきます。

他の記事でもほぼ必ずと言っていいほど「大事!」とお伝えしているシルエット。

一緒にシルエットのことを押さえて、もっとオシャレに見えるコーデを作れるようになりましょう!

メンズファッションにおけるシルエットとは?

altタグの文章

ファッションにおけるシルエットとは、いわゆる服を着たときの外枠・輪郭のこと。

「ライン」と呼ばれることもあり、統合して「ラインシルエット」、「シルエットライン」と称することもあります。

意味合いとしてはどれも同じになるので、大きな違いはありません。

シルエットの形をアルファベットで表して、Iラインシルエット・Yラインシルエット・Aラインシルエットなどと使われます。

ササ
ちなみに上の画像のコーデは、Iラインシルエットになりますよ。

基本の3つのシルエット「I・Y・A」ラインシルエット

オシャレな印象を作りやすいシルエットには、基本となる3つのシルエットがあります。

それがこちら。

  1. Iラインシルエット
  2. Yラインシルエット
  3. Aラインシルエット

この下から、1つずつどんなシルエットで、どんな印象を演出できるのか解説していきますね!

①Iラインシルエット

altタグの文章

上半身、下半身ともの細身なシルエットで作る、Iラインシルエット。

アルファベットの「I」のような形になっています。

3つのシルエットのなかでも特にシンプルで、スーツスタイルと同じなシルエットなのが特徴。

スマートな印象を与えることができます。

人間の目は、細いものの方が、太いものよりも長く見えるという視覚効果があります。

そのため細さが際立つIラインシルエットは、身長を高く見せるファッションテクニックの1つでもあります。

②Yラインシルエット

altタグの文章

上半身にボリュームがあり、下半身は細身にまとめるYラインシルエット。

アルファベットの「Y」のような形になっています。

大人っぽく、スタイルが良く見えるのが特徴です。

上半身のボリューミーな服でお腹周りを隠せるため、ぽっちゃり体型ややせ型など、体型カバーしやすいシルエットでもあります。

ロングコートなど、丈の長いアウターを使うのがもっとも手軽でキレイなYラインシルエットを作ることにつながります。

ロング丈のアウター以外にも、上半身にビッグシルエットのアイテムを合わせることで、Yラインのようなシルエットを作ることができますよ。

③Aラインシルエット

altタグの文章

上半身は細身、下半身はワイドパンツのような太さのあるアイテムで作るAラインシルエット。

ドシっと安定感のある雰囲気になり、男らしさのある印象が作れるのが特徴です。

上半身はジャストめのサイズの服を合わせ、メリハリをしっかり付けるとオシャレにキマりますよ。

脚周りが隠れることになるので、太ももやふくらはぎの体型カバーにもおすすめです。

その他のシルエットもご紹介

基本的な「I・Y・A」以外にもシルエットは存在します。

ここでは簡単にその他のシルエットについて解説していきます。

Hラインシルエット

上半身・下半身の両方にボリュームを持たせると、「Hラインシルエット」になります。

Iラインを太くしたイメージで、ラフさやゆったりとした印象が特徴です。

ビッグシルエットの着こなしになるので、近年のトレンド感も掴むことができますね。

Oラインシルエット

卵のように丸いシルエットが特徴のOラインシルエット。

Hラインシルエットのように、全体的にビッグシルエットになります。

違いとしては足首部分に向かって細くなっていくので、Hラインシルエットと比べて曲線的なシルエットになりますね。

Xラインシルエット

ウエストラインが絞られ、ボトムスは足首に向かって広がりのあるパンツを使ったシルエット。

タックインやベルトを使うとシルエットを作りやすいです。

女性のワンピースなどでもよく見られるシルエットですね。

少し難易度が高く、オシャレ上級者向きです。

ササ
調べるといろんなシルエットがありますが、まずは1つ前にご紹介した、基本の「I・Y・A」ラインシルエットを目指せば、好印象なオシャレを作るには十分ですよ。

【シルエット別】おすすめメンズコーディネート

どんなシルエットがあるか知ったところで、おすすめのコーディネートをシルエット別にご紹介します。

今回は、「I・Y・A」の3つに絞って紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Iラインシルエットのおすすめメンズコーデ

黒スキニーでキリっとした印象を強調

春ニットセーターと黒スキニーパンツで作ったIラインシルエットのコーデ。

ニットはややゆるめのシルエットですが、細身の黒スキニーパンツが大人っぽくスタイリッシュな印象を作ってくれています。

30代や40代にも似合うスニーカーコーデです。

セットアップでトレンドもつかむ

揃いのテーラードジャケットとテーパードパンツで作ったセットアップスタイル。

セットアップなら、合わせるだけで自然にIラインシルエットができ上がります。

インナー(トップス)はネイビーのニットで上品さをプラス。

パーカーコーデも大人な印象に

白パーカーの上に黒のテーラードジャケットを羽織り、大人な印象を加えたコーデ。

パンツはベージュの細身のパンツ。

Iラインシルエットを作ることで、カジュアルなパーカーコーデも大人らしい印象が強調されます。

Yラインシルエットのおすすめメンズコーデ

デートやオフィスカジュアルシーンにもマッチ

大人らしさ抜群のチェスターコートに、細身の黒スキニーパンツを合わせたコーデ。

上下のメリハリがあり、キレイなYラインシルエットが作れていますね。

白シャツのきちんと感があれば、デートやオフィスシーンにもピッタリです。

カジュアルさとミリタリー感を添えたカーキのコート

白シャツとテーパードパンツの大人っぽいコーデの上から、フード付きのロングコートを羽織っています。

フードのスポーティーな印象とカーキの色合いがあり、アクティブさやミリタリー感のある男らしい印象を感じますね。

ゆったりシルエットのマウンテンパーカーでボリュームを作る

アウターのマウンテンパーカーはロングコートではありませんが、シルエットがゆったりとしたアイテム。

細身の黒スキニーパンツを合わせれば、上半身と下半身でシルエットにメリハリが付きます。

白・黒・グレーで統一したモノトーンコーデでシックな印象です。

Aラインシルエットのおすすめメンズコーデ

好青年感とと男らしさを両立

ネイビーのニットと白シャツの重ね着で、爽やかな好青年感があるスタイル。

パンツをアイボリーカラーのワイドパンツにし、Aラインシルエットを作ることで、男らしい余裕のある印象も備えています。

暖かみを感じる色味のリラックスコーデ

altタグの文章

くすんだ赤系カラーが印象的なこちらのコーデ。

パンツの暖かい色味もあり、優しさや親しみやすさを感じます。

ゆったりとしたシルエットとカラーには、靴を黒にすることで引き締まった印象を加えるのがおすすめ。

袖まくりが男らしさを一段UP

altタグの文章

ネイビーの細身のニットと白のセミワイドパンツで、メリハリが良く効いたAラインシルエット。

腕まくりをする着こなしで、より男らしい雰囲気が感じられます。

メンズファッションのお悩み、相談ください!

ここまで、メンズファッションのシルエットについて、オシャレなスタイルの作り方を見てきました。

しかし、あなたの好みや体型、今度出かける場所やシーンの違いといった、個別なお悩みにはお答えできていないかもしれません。

そんなときは、プロのスタイリストに直接相談してみませんか?

プロと言っても構えなくて大丈夫です!些細なことももちろんOK。LINEでのやり取りですので、ぜひお気軽にお声かけください。

※相談は無料。平日:10:00~17:00のご対応となります。

メンズファッションの情報発信しています!

【Dコレアプリ】

Dcollectionのアプリ

メンズファッションについて「他にもいろんなコンテンツを見てみたい!」という方には、 Dコレアプリがおすすめです。

スタイリストがオシャレに役立つ記事やコーディネート例を毎日発信しています!

【YouTube動画】

YouTubeで動画での発信も行っています。

スタイリストが着こなし術やコーデの作り方のポイントをわかりやすく紹介しているので、覗いてみてくださいね。

シルエットを整えて好印象を振りまこう!

「なんだかオシャレにキマらない…」という方も、今回のテーマのシルエットを意識することで、きっと印象が変わって見えるはず!

一度覚えてしまえば忘れることなく身に付く部分だと思うので、ぜひ意識してみてください。

次回お買い物をするときには、「I・Y・Aのどのシルエットを作ろうか」と考えながらお店を見るのもいいですね!

プライベートでも個人ブログを10年運営する生粋のブログライター。真夏でも黒スキニーを穿く男。 「わかりやすい・読みやすい・おもしろい」をモットーに、オシャレの効果や楽しさを書き綴る。森見登美彦さんの文章が大好物。

みなさまのご意見お待ちしています!

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK。ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!

<ササの些細な話>

こんなところまでお読みいただきありがとうございます。

改めまして、童顔ライターのササと申します。

この記事を書いていて、「幼い幼い」と言われるのが嫌で、ロングコートに挑戦したあの日のことを思い出しました。

思えば、あれはYラインシルエット作りになっていたのですね。

でも最近「童顔」とか「幼い」とか、もっと言うと「若い」とか言われなくなってきたんですよ。

ロングコート着てないときでも言われるんで、「これが歳ってやつなのかなぁ」と懐かしんでいる今日この頃です。

男心は複雑ですよね。