オシャレの教科書®

まず結論から

オシャレになるためには
3つの要素が必要です。

  • キレイめアイテムを取り入れる

  • オシャレなシルエット

  • オシャレな色合わせ

それぞれの要素について、順を追って解説していきますね。

「キレイめアイテム」とは?

オシャレに見える
「シルエット」

オシャレな「色合わせ」の方法

色は大きく2種類に分けられる

  • 無彩色(白黒グレー)

    無彩色は特殊で、どんな色とも合わせやすいという特徴を持っています。

  • 有彩色(無彩色以外の色)

    有彩色を3色以上使うと難易度が跳ね上がるので2色までにしておくとよいでしょう。

1.無彩色で統一 かんたんで覚えやすい、無彩色だけのコーデ

キレイめで品があるので、好印象にも繋がりやすい組み合わせです。シンプルで大人っぽく仕上がります。

2.無彩色+有彩色2色まで 無彩色の中に有彩色を1~2色だけプラス

最初は黒のパンツで、上半身に有彩色を取り入れるとコーディネートしやすく、失敗することはまずないでしょう。

3.同系色で統一 無彩色か有彩色の中から1つだけで統一

オススメは品格のある黒やネイビーで統一すること。慣れてきたら他の有彩色に挑戦してみましょう。考え方はシンプルですが、上級者の印象となります。

まずはパンツを変えてみよう

具体的にはこのパンツ

  • テーパードパンツ

    裾に向かって徐々に細くなるパンツ。ゆとりのある穿き心地とキレイなシルエットが特徴です。

  • スキニーパンツ

    フィット感のある細身のパンツ。スッキリとしたシルエットでスタイリッシュに見せることができます。

オシャレな人ほど愛用している 黒の細身のパンツはオシャレに必要な
2つの要素を満たしています。

  • IラインとYラインの2つのシルエットを作れる

  • 黒は何色と合わせても色合わせのルールにハマる

2本のパンツの違い

  • テーパードパンツ

    大人っぽいデザインで、キレイめコーデに向いている

  • スキニーパンツ

    細身でフィット感が強いため、Yラインシルエットに最適

あなたは
どちらが好きですか?