バンドカラーシャツの3つの着こなし・3つの小ワザ。好印象メンズコーデの作り方とは

丸い襟が特徴的で、抜け感のあるオシャレが魅力のバンドカラーシャツ。

しかし、普通の襟のあるシャツを着慣れた方としては、

「どんなふうに着こなせばいいかわからない」と悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか。

この記事では、バンドカラーシャツに挑戦したいけど自信がないという方に向けて、着こなし方とコーディネート例をたっぷりご紹介していきます。

ササ
メンズファッションサイト「Dcollection」のライター、ササです。一緒にバンドカラーシャツを爽やかに着こなすメンズになっちゃいましょう!
 

厳選3つ!バンドカラーシャツを着こなしたメンズコーデ

まずはバンドカラーシャツを実際にオシャレに着こなしたコーデを見ちゃいましょう。

好印象スタイルを実践した厳選コーデを3つご紹介します。

ササ
百聞は一見に如かず。最初にイメージを作ってしまうのが大事ですよね。

①セットアップでトレンドをつかむ!

揃いのテーラードジャケットとセミワイドパンツで作ったセットアップスタイル。そのインナーにバンドカラーシャツをチョイス。

抜け感のあるバンドカラーシャツと、セットアップの優しい色合いがオシャレさを引き出します。

セットアップで、トレンドの着こなしをマスターしちゃいましょう!

着用アイテム

テーラードジャケットの商品ページはコチラ

【テーラードジャケット】

プライベートでもビジカジシーンでも使いやすい薄手のジャケット。

 ▸CLICK 

バンドカラーシャツの商品ページはコチラ

【バンドカラーシャツ】

丸みのある襟がこなれた印象に仕上がるシャツ。

 ▸CLICK 

いつもセミワイドパンツの商品ページはコチラ

【セミワイドパンツ】

程よくラフなシルエットがイマドキなセミワイドパンツ。

 ▸CLICK 

スプリットレザーシューズの商品ページはコチラ

【レザーシューズ】

私服に馴染みやすいキレイめなスプリットレザーシューズ。

 ▸CLICK 

②マウンテンパーカーで軽快に

バンドカラーシャツと黒スキニーパンツのコーデの上に、モカベージュのマウンテンパーカーを羽織ったコーデ。

キレイめスタイルにスポーティーさを加えた絶妙なスタイルです。

スキニーパンツとキャンバスシューズを黒に統一したことで、脚が長く見えるテクニックも取り入れています。

着用アイテム

ドコデモマウンテンパーカーの商品ページはコチラ

【マウンテンパーカー】

街着でもアウトドアでも活躍する高機能マウンテンパーカー。

 ▸CLICK 

バンドカラーシャツの商品ページはコチラ

【バンドカラーシャツ】

丸みのある襟がこなれた印象に仕上がるシャツ。

 ▸CLICK 

黒スキニーパンツの商品ページはコチラ

【黒スキニー】

キレイめ・カジュアルコーデの両方にマッチするボトムス。

 ▸CLICK 

スプリットレザーシューズの商品ページはコチラ

【キャンバスシューズ】

キレイめ・カジュアルの両方に合わせやすいシューズ。

 ▸CLICK 

③カットソーで落ち着いた色を加える

落ち着いた印象のアッシュカーキのカットソーの上に、バンドカラーシャツをアウターとして羽織ったコーデです。

ラフさのある襟元と、ボタンが開いた着こなしでリラックス感があるため、大人っぽいテーパードパンツとレザーシューズを合わせることで、印象を引き締めています。

着用アイテム

バンドカラーシャツの商品ページはコチラ

【バンドカラーシャツ】

丸みのある襟がこなれた印象に仕上がるシャツ。

 ▸CLICK 

リキッドサーモカットソーの商品ページはコチラ

【無地カットソー】

1枚でもサマになるシンプルな無地カットソー。

 ▸CLICK 

大人テーパードパンツの商品ページはコチラ

【テーパードパンツ】

脚をキレイに魅せやすいテーパードタイプのパンツ。

 ▸CLICK 

スプリットレザーシューズの商品ページはコチラ

【レザーシューズ】

私服に馴染みやすいキレイめなスプリットレザーシューズ。

 ▸CLICK 

バンドカラーシャツとは?特徴と魅力を押さえよう。

バンドカラーシャツの最大の特徴は、なんと言っても襟の形ですよね。

ここでは、バンドカラーシャツの特徴と魅力について、もうちょっと詳しく見ていきたいと思います。

バンドカラーシャツの特徴は「スタンドカラー」

実は、シャツの襟は、「台襟」と「襟羽」とに分かれます。

バンドカラーシャツの特徴 台襟と襟羽

「襟羽」がなく、「台襟」だけのシャツを、「スタンドカラーシャツ」と言います。

バンドカラーシャツとスタンドカラーシャツとの違い

「スタンドカラーシャツ?バンドカラーシャツじゃないんかい」と思われたと思います。落ち着いてください。

スタンドカラーシャツとは、台襟だけのシャツの総称で、いわゆる「立襟シャツ」のことを指します。

バンドカラーシャツは、スタンドカラーシャツの中でも、台襟が低いデザインのシャツのことなのです。

対して、台襟が高いシャツは「ハイカラーシャツ」という名前で呼ばれることがあります。

参考元:吉村 誠一「新版 ファッション大辞典」繊研新聞社(2019年3月)P360,629

バンドカラーシャツとノーカラーシャツとの違い

襟の形が特徴的なシャツとして、もう一つ「ノーカラーシャツ」というシャツがあります。

ノーカラーシャツは、その名前のとおり、「襟なしシャツ」のことを言い、台襟も付いていないのがバンドカラーシャツとの違いです。

バンドカラーシャツの魅力は“抜け感”

襟の主張が少ないバンドカラーシャツは、ラフな印象があり、コーデが「抜け感」のある印象に仕上がるのが魅力

キレイめのアイテムと合わせても、カッチリし過ぎることなく、肩の力が抜けた雰囲気を演出できるのです。

シャツというキレイめ感のあるアイテムなので、カジュアルな服装とも相性良く合わせることができますよ。

抜け感とは

キメすぎた格好ではく、一部崩しを入れることで軽さやリラックスした雰囲気が感じられる印象のこと。

バンドカラーシャツの3つの着こなし方

ちょっと特徴のあるバンドカラーシャツ。このシャツを自然にオシャレに着こなすコツをご紹介していきます。

  1. シルエットを整える
  2. 有彩色は2色まで
  3. キレイめとカジュアルのバランスを取る
ササ
順に1つずつ見ていましょう!

①シルエットを整える

シルエットとは、コーデを作ったときの全身の形のことです。

ここでは、オシャレに見える基本の3つのシルエットをご紹介していきます。

バンドカラーシャツは、3つすべてのシルエットで取り入れることができますよ!

Iラインシルエット

上半身も下半身も細身のアイテムで作る、アルファベット「I」の形のシルエット。

スッキリとスタイリッシュな印象に仕上がります。

ジャストサイズのバンドカラーシャツと、スキニーパンツなどの細身のパンツを合わせて作ることができますよ。

Yラインシルエット

上半身はボリュームを付け、下半身は細身のアイテムで作る、アルファベット「Y」の形のシルエット。

スタイルが良く見え、体型を隠してくれる効果もあります。

バンドカラーシャツの上にロングコートなどのボリュームのあるアウターを羽織り、スキニーパンツのような細身のパンツで作ります。

Aラインシルエット

上半身は細身、下半身はボリュームのあるパンツで作る、アルファベット「A」の形のシルエット。

ゆったりとリラックス感のある印象になり、男らしさも感じられます。

ジャストサイズのバンドカラーシャツと、ワイドパンツなど、太めのパンツを合わせます。

▼シルエットについて詳しく読みたい方はこちら。

②有彩色は2色まで

アイテムを組み合わせるコーデ作りで悩むのが「色合わせ」ではないでしょうか。

「オシャレになろう」と、さまざまな色を使ってしまうのは注意が必要です。

色には、モノトーン(無彩色)と有彩色の2つがあります。

このうち、有彩色をコーデにたくさん入れすぎてしまうと、チグハグな印象になってしまったり、色同士がケンカしてしまいます。

コーデの色合わせ

左は「アウター・トップス・パンツ・ソックス」にそれぞれ異なる有彩色が4色使われています。

右は、アウターにのみブラウンが使われ、あとはモノトーンのアイテムを使っています。

左は派手で子どもっぽく、右はスッキリと大人っぽい印象に感じませんか?

靴やバッグ、アクセサリーまで含めて「有彩色は2つまで」と意識すると、失敗しにくいコーデ作りができますよ。

▼色の取り入れ方について詳しく読みたい方はこちら。

③キレイめとカジュアルのバランスを取る

メンズファッションにおける洋服は、大別すると、下図のように「キレイめ」と「カジュアル」の2種類に分けられます。

キレイめアイテムとカジュアルアイテムの違いを簡単に言うと、以下の通りです。

【キレイめ】
スーツのような、フォーマルな雰囲気のあるもの。

【カジュアル】
デニムパンツやスニーカーなど、堅苦しさのない、リラックス感のあるもの。

キレイめの服だけでコーデを作ると、キメ過ぎた堅い印象になってしまいがちです。

反対に、カジュアルな服だけでコーデを作ると、だらしない、子どもっぽい印象になってしまいます。

オシャレな印象を作るには、キレイめとカジュアルのアイテムをMIXするのが重要です。

上のコーデは、ボタンを開けたバンドカラーシャツとTシャツが「カジュアル」、パンツと革靴が「キレイめ」のアイテムになっています。

印象が偏ることなく、バランスが取れ、普段着のオシャレにピッタリの印象ができ上がるのです!

目次へ戻る↑

バンドカラーシャツの着こなし“小ワザ”3つ

上では、バンドカラーシャツをコーデに取り入れる際の着こなしをご説明しました。

今度は、バンドカラーシャツ自体の着こなし方について、簡単にできる小ワザを3つご紹介します。

  1. 第一ボタンを閉める・開ける
  2. 腕まくりをする
  3. ライトアウターに使う
ササ
こちらも1つずつご紹介していきます!

①第一ボタンを閉める・開ける

バンドカラーシャツの第一ボタン。これを閉めるか開けるかで、印象は大きく変わります。

上の写真の、左の画像は第一ボタンを閉めています。対して、右の画像は開けて着用していますね。

2つの着こなしの違いで、印象は以下のように変化します。

  • 閉める:キチンと見える。カッチリした印象。
  • 開ける:ラフに見える。リラックスした印象。

合わせるアイテムや、出かける場面、そしてその日の気分で使い分けると、よりバンドカラーシャツのオシャレが楽しめますよ。

②腕まくりをする

腕まくりをすることで、肌の露出が増え、軽さと男らしさのある印象を作ることができます。

もともと、レギュラーカラーのシャツと比べラフさのあるバンドカラーシャツなので、より“こなれた”印象に仕上がります。

暖かい時期にはぜひやってみてください。腕時計などをしていると、手首にアクセントも付きますよ!

③ライトアウターに使う

バンドカラーシャツは、ボタンを開けて羽織りもののように使うこともできます。

薄手の生地なので、季節の変わり目のライトアウターとして、温度調整にちょうどいいアイテムになるのです。

襟がないことによるラフ感を活かし、シンプルなコーデにオシャレさをプラスするのにも活躍しますよ。

ササ
僕も腕まくりや羽織りものとして着るのが好きです!ああ、暖かい季節に早くなってほしいですね。

シンプルで使いやすい。イチ推しバンドカラーシャツ

バンドカラーシャツを好印象でコーデに取り入れるには、装飾が少なく、無地でシンプルなものを選ぶのがオススメ。

着まわしもしやすく、スッキリとキレイに着こなせるイチ推しのバンドカラーシャツをご紹介します!

ほどよく体に沿う美シルエット

バンドカラーシャツはコチラ

襟元にラフさのあるシャツのため、キレイめな印象に見えるよう、見幅は体に沿うシルエットに仕上がっています。

余計な装飾もなく、無地であるため、スタイリッシュな雰囲気に仕上がるバンドカラーシャツです。

防しわ加工でいつでもキレイ

特徴的な機能がこちら。「防しわ加工」です。

洗濯して乾いたあとのシャツって、しわが付いて大変ですよね。

しかし、このバンドカラーシャツはイージーケアの機能が付いており、アイロンをかけなくてもキレイな表面を保ちやすくなっています。

こまめに洗濯でき、シワも少ないので、清潔感ある男を手軽に演出できる強い味方です。

ササ
アイロンかけるのは不器用なので苦手です。シャツはついイージーケアのものを選んでしまいますね。

ストレッチ機能でストレスも少なく動きやすい

生地への工夫はもうひとつ!それがストレッチ機能です。

生地に伸縮性があることで、窮屈感や、動きにくいというストレスが少なく着られます。

重ね着する際にも嬉しい機能ですよね。

ササ
何にでも“柔軟性”が大事な時代ですよね。
 

バンドカラーシャツに合うアウター&インナー

バンドカラーシャツは、インナーに使うことも、アウターに使うこともできるアイテム。

具体的にどんなアイテムと合わせるとオシャレにキマるのか。

ここでは、この疑問にお答えすべく、オススメのアウターとインナーをご紹介します。

オススメのアウター3種

バンドカラーシャツの上に羽織ってオシャレ感をUPしてくれるアイテムを3つご紹介します。

①マウンテンパーカー

アクティブでスポーティーなテイストのマウンテンパーカーは、アウトドアから街着まで活躍してくれるアウターです。

こなれたキレイめ感のあるバンドカラーシャツと合わせると、トレンドのスポーツMIXのスタイルもスッキリとキマります。

②コーチジャケット

カジュアルな服装が好きな方におすすめな、コーチジャケット。

キレイめ感のあるバンドカラーシャツと合わせれば、バランスが取れたオシャレな着こなしに仕上がります。

③テーラードジャケット

テーラードジャケットはコチラ

キレイめアウターの代表格であるテーラードジャケット。

ストレッチ機能や吸水速乾機能もあり、フレキシブルに着こなせるジャケットに仕上がっています。

襟元がラフなバンドカラーシャツならば、カッチリし過ぎることもなく、ほどよく大人っぽさのある印象が出せます。

※2021年3月4日発売予定

オススメのインナー3種

バンドカラーシャツを羽織りものとして着るときの、中に着るアイテムをご紹介します。

ボタンを開けて、サッと羽織ったバンドカラーシャツの魅力を引き立ててくれますよ。

①春ニットセーター

春ニットはコチラ

Tシャツとは異なる、優しい風合いを感じるニットセーター。

Tシャツスタイルが増えてくる春先などに、周囲と差をつけやすいアイテムです。

キリっとしたバンドカラーシャツのインナーに、ふんわりとしたニットセーターのギャップが映えますよ。

②無地カットソー

メンズ長袖Tシャツはコチラ

装飾の少ない、無地のシンプルなカットソーなら、カジュアルながらも清潔感が感じられます。

非常に着まわし力が高く、バンドカラーシャツのインナーにも好相性です。

春や秋に、Tシャツやカットソー1枚では肌寒いというときに、バンドカラーシャツを軽めのアウターとして羽織ると安心感を得られます。

③ロング丈Tシャツ

ロング丈Tシャツの商品ページはコチラ

Tシャツやニットの下に重ね着して、裾のレイヤードを作るためのTシャツです。

ロング丈シャツを重ね着している時としていない時の印象の違い

レイヤードを作ることで、コーデにメリハリを付けたり、差し色を加えたりすることができます。

ロング丈Tシャツのうえに、Tシャツやニットを重ね着し、その上にバンドカラーシャツを羽織るという着こなしになります。

ササ
コーデ作りに迷う方は、ぜひこれらのアイテムとバンドカラーシャツを手に取ってみてください!
 

バンドカラーシャツの春コーデ7選

ここでは、バンドカラーシャツをオシャレに着こなした、春向けのコーデをご紹介していきます。

ササ
好みのコーデはどんどん真似しちゃってくださいね!

春のバンドカラーシャツコーデ

キレイめコーデでモダンな雰囲気に

黒のステンカラーコートを使ったメンズコーデ

2021年春夏は、上品さのあるキレイめファッションがトレンドです。

大人っぽいステンカラーコートと、黒スキニーパンツで作ったYラインシルエットがスタイルも良く見えますね。

黒を中心にしたコーデに、ベージュのバンドカラーシャツが差し色になっています。

着用アイテム
ステンカラーコート  
バンドカラーシャツ  
黒スキニーパンツ  
レザーシューズ  
無地ソックス  

ブルー×白で好青年を演出する

アッシュブルーの春ニットセーターに、白のバンドカラーシャツが爽やかな印象のコーデ。

パンツと靴は黒で引き締めて、好青年スタイルを作ってみましょう。

着用アイテム
バンドカラーシャツ  
春ニットセーター  
黒スキニーパンツ  
キャンバスシューズ  
無地ソックス  

カーキカラーで頼れる男らしさ

カーキのフーデットコートが醸すミリタリー感が、無骨な男らしさを感じさせるスタイル。

バンドカラーシャツとセンタープレス(折り目)入りのパンツでキレイめ感をプラスすれば、頼りがいのある印象も演出できますよ。

着用アイテム
フーデットコート  
バンドカラーシャツ  
大人テーパードパンツ  
シンプルスニーカー  
無地ソックス  

ダークトーンで大人びたカジュアルコーデ

黒のコーチジャケットと、インディゴカラーのデニム、そしてバンドカラーシャツも落ち着いたベージュをチョイス。

全体をダークトーンのコーデにすることで、カジュアルコーデも大人っぽく、クールに見えます。

着用アイテム
コーチジャケット  
バンドカラーシャツ  
ストレートジーンズ  
シンプルスニーカー  
無地ソックス  

セットアップスタイルの“外し”にも活躍

2021年春夏もトレンド継続中のセットアップスタイル。

テーラードジャケットとパンツのカッチリとした印象に、バンドカラーシャツの色と襟が程よく“外し”を加えています。

着用アイテム
ニットフリース テーラードジャケット  
バンドカラーシャツ  
ニットフリース テーパードパンツ  
レザーシューズ  
無地ソックス  

デニムコーデもスッキリとキメる

程よいゆとりのあるシルエットのストレートデニムに、バンドカラーシャツとカーディガンを合わせたコーデ。

リラックスした雰囲気がありながらも、清潔感のあるキレイな印象に仕上がっていますね。

着用アイテム
ダンボールカーディガン  
バンドカラーシャツ  
ストレートデニムパンツ  
レザーシューズ  
無地ソックス  

40代、50代の大人の男性にもピッタリ

バンドカラーシャツをニットセーターのインナーに使った技ありの着こなし。

首元のレイヤードと、白のパンツで落ち着いた大人のテイストが醸し出されます。

40代や50代の男性にぜひ挑戦していただきたいコーデです。

着用アイテム
フーデットコート  
バンドカラーシャツ  
大人テーパードパンツ  
レザーシューズ  
無地ソックス  

バンドカラーシャツのオススメブランド

最後に、メンズ向けバンドカラーシャツを扱うブランドをご紹介します。

ダントン

ひし形のワンポイントが印象的なダントン。

様々なカラーバリエーションとデザインが魅力的で、BEAMSなどとコラボしたものもあります。

Dcollection(Dコレ)

キレイめでシンプルなデザインのものが多く取り揃えられているメンズブランドのDcollection(Dコレクション)。

オシャレの教科書®を始めとして、「オシャレになりたいけれど方法がわからない」という方のために、様々な着こなし提案を行っています。

着回しやすさにこだわったバンドカラーシャツを取り扱っていて、その着こなし方もご紹介しています。

GU(ジーユー)

「トレンド感を押さえながらも手に取りやすい価格帯」が魅力のGU。

シンプルなアイテムの品ぞろえが多く、バンドカラーシャツも無地で仕上げたアイテムの取り扱いがあります。

UNIQLO(ユニクロ)

店舗数が多いユニクロは、手軽に良いものをゲットできるのが魅力のブランド。

「スタンドカラーシャツ」という商品名が使われています。シンプルで使いやすいものが多いので、様々なシーンで活躍してくれます。

無印良品

その名前の通り「無印」が特徴的で、シンプルな商品を取り揃えている無印良品。

取り揃えているシャツも、シンプルなものが多くコーディネートしやすいのが特徴です。

また使用している素材もオーガニックコットンを100%使用していたりと、天然素材にもこだわっています。

ササ
同じバンドカラーシャツでも、ブランドによってデザインやイメージは大きく異なるため、見比べてみるのも楽しいですよね!

バンドカラーシャツで春めこう。

バンドカラーシャツはコチラ

暖かい季節になると、シャツ1枚でも出かけられるようになり、シャツコーデがより楽しくなりますよね。

今年の春は、バンドカラーシャツを着て、うららかな気候を謳歌するのもいいですね!

服装を変えると気持ちも変わります。さらに、春は出会いの季節。オシャレをしっかり楽しんで、充実した春を送りましょう!

ササ
スタイリスト ササ
プライベートでも個人ブログを10年運営する生粋のブログライター。真夏でも黒スキニーを穿く男。 「わかりやすい・読みやすい・おもしろい」をモットーに、オシャレの効果や楽しさを書き綴る。森見登美彦さんの文章が大好物。

ササの些細な話>

正直言いますとですね、僕、最初にバンドカラーシャツを目にしたとき、「なんだあのシャツ?」って思ったのですよ。

なんて言うか、何かが足りない感じ・・・いや、見てのとおり襟が足りないんですけどね。

でも、今となっては、シャツなのに襟を取っ払い、ラフな印象を手に入れたバンドカラーシャツがカッコよくて仕方ありません。

サラリと着こなし、颯爽と歩きたくなるシャツなんですよね。

 

▼シャツに関するおすすめな記事

白シャツメンズコーデの極意とは?スタイリストがおすすめ着こなし術を紹介!

2021.04.20

デキるメンズのシャツコーデは何が違う?スタイリストおすすめの着こなしを紹介!

2021.06.03

 

\ みなさまのご意見お待ちしています /

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK。

ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!