メンズのダサい服装とダサくない服装の違い。解決策のアイテムとコーデ集

ササ
こんにちは!大学で初めてできた友達に「服がダサい」と言われた、メンズファッション通販サイト「Dcollection」のササです。

今回のテーマは「メンズのダサい服・ダサい服装」でございます。

…って悠長なこと言ってる場合じゃないですね…!

実際に誰かから「ダサい」と言われてしまった(あるいはそう思われていることを感じ取っている)あなたのために、同じ経験をした仲間として、早急に記事を仕上げていきます!

さあ、興味あるところから読んじゃってください!

【Dcollection】とは?
オシャレの学び・服の購入からアフターフォローまでお手伝いするメンズファッション通販サイト。
「オシャレの知識を持ったスタイリストが執筆」「ベテランファッションバイヤーが監修」のもと、記事を書いています。

ササ
大丈夫!あなたは絶対オシャレになれます!ダサいを卒業してやろう!という気持ち、そして検索するという行動を取ってここに来てくれたのですから!!では参りましょう!!

メンズのダサい服装の特徴3つ。ダサくない服装に改善する方法

まず、メンズの服装において「ダサい」と思われてしまいがちな特徴を押さえておきましょう。

この特徴を知っておけば、それを回避したり、改善することができるはず!

改善策もセットでご紹介していきますね。

取り上げる特徴は3つ。

  1. サイズ感が体に合ってない
  2. 服のデザインや装飾が派手
  3. 色合わせがゴチャついている

1つずつ見ていきましょう。

①サイズ感が体に合ってない

服を選ぶときに注意する点として大きな存在。それがサイズ感です。

基本的にどんな服を選ぶときにも問題になってくるポイントですよね。

<トップスのサイズ感>

まずはトップスのサイズ感による印象の違いを見てみましょう。

トップスのサイズ感

トップスのサイズが小さすぎるとピチピチに見え、大きすぎると着られた感やだらしなさが出てしまい、ダサい印象になりがちです。

楽で過ごしやすい、体型を隠したい、といった気持ちや、あえて大きいサイズでを選ぶ着こなし(=オーバーサイズのファッション)もありますが、まずは自分の体にジャストのサイズの服を選ぶのが基本となってきますよ!

<パンツのサイズ感>

パンツのサイズ感

パンツも同様に、サイズ感が小さいと寸足らずな印象になり、大きすぎると生地がダボついてしまい、これもダサい印象につながってしまいます。

<サイズ感による「ダサい」を改善する方法>

  • お店でのお買い物では、面倒がらずに試着をする。
  • ネットショッピングならばモデルの着用感やサイズ表を参考にする。

このひと手間をかけることで、サイズ感を失敗した買い物をしづらくなります。

ササ
自分に合ったサイズ感の服を身に着けることで、誠実な印象や清潔感が生まれたりと、周りの人、そして女子ウケにもつながるメリットもありますよ!

②服のデザインや装飾が派手

派手な柄や装飾のデザインの服は、コーデに組み入れる難易度が難しい服です。

「インパクトがあったり、目立った印象がある方がオシャレ」という考え方は、多くの人の目から見たときの「好印象」とはズレてしまいがち。

服のデザインや装飾が派手なメンズ

上の画像のような派手なトップスとアウター、そしてダメージの入ったパンツ。

これらは1点使いするだけでも難しいアイテムですが、これらを合わせてしまうと、派手で品のない印象になってしまいます。

シンプルで大人っぽいコーデ

こちらの画像のように、無地で余計な装飾のないシンプルな服を合わせるだけで、清潔感や大人っぽさのある印象が作れます。

ササ
無難すぎるように見えるかもしれませんが、「ダサい」から「好印象」へと変わるためにはおすすめの改善策ですよ!

③色合わせがゴチャついている

色合わせはコーデを作るうえでも悩みがちなポイントですよね。

色の組み合わせが悪かったり、使っている色が多すぎると一気にダサい印象になってしまうので注意が必要です。

色が多すぎるメンズコーデ

上の画像では、アイテム自体は無地でシンプルなものを選んでいますが、ブラウン、オレンジ、ブルー、レッドと、それぞれ主張の強い色が多すぎるため、チグハグでゴチャついた印象を受けますよね?

altタグの文章

こちらの画像のように、モノトーン(白・黒・グレー)以外の色である「有彩色」は、コーデに1~2つまでにしましょう。

落ち着いた印象にまとまり、有彩色の存在感を引き立てたコーデに仕上がりますよ。

ササ
欲張り過ぎると色同士でケンカをしてしまうんですね…!

ダサいから脱出!1分でわかるオシャレのコツと作り方

次は「好印象を持たれるオシャレ」について押さえていきましょう!

「おれにはセンスがないから無理…」という心配はご無用!

オシャレはセンスでなく、ちょっとしたコツを押さえているかどうかがポイントなのです。

決して難しくない3つのコツと、手軽にオシャレにたどり着くおすすめの第一歩をご紹介します。

オシャレな印象を作るためには、特別なセンスは必要ありません。

それよりも大事にしたいのは、次の3つのポイントです。

  1. キレイめアイテム
  2. シルエット
  3. 色合わせ

1つずつ簡単にチェックしていきましょう!

1分でわかるオシャレの教科書「キレイめアイテム」

コーデには、テーラードジャケットやシャツ、テーパードパンツといった、キレイめのアイテムを取り入れましょう。

大人っぽい印象を加えることで、オシャレさな雰囲気を作ることができます。

1分でわかるオシャレの教科書「オシャレのシルエット」

コーデのシルエットは、上の3つの中から選びましょう。

1分でわかるオシャレの教科書「色合わせ」

無彩色とは、白・黒・グレーのこと。

有彩色とは、白・黒・グレー以外の色を指します。

オシャレを始めるにはまずパンツから!

以上のポイントを実践するには、パンツから変えるのがおすすめ。

パンツはコーデの印象の5割を占めるアイテムなのです。

パンツはコーデの印象の5割を占める

下の比較画像を見てみてください。

パンツはコーデの印象の5割を占める

同じパーカーを着たコーデでも、青のジーンズから黒のテーパードパンツに替えただけで、ずいぶん印象が変わりますよね。

そんな重要アイテムであるパンツの中でも、特にオススメのものを2つご紹介します。

①テーパードパンツ

裾に向かうにつれて細くなるシルエットが特徴。穿き心地の良さと大人っぽい印象が魅力です。

②黒スキニーパンツ

脚にフィットしたシルエットが特徴。脚が細く長く見え、スタイリッシュな印象に。

この2本のパンツは、どちらもキレイめの印象になり、シルエットも自然に整います。

普段のトップスと合わせるだけでオシャレな雰囲気に仕上がりますよ。

あなたはどちらが気になりますか?

⇒「テーパードパンツ」を詳しく見る。

⇒「黒スキニーパンツ」を詳しく見る。

 
ササ
できそうだと思うところからでもいいので、1つずつ意識してみてくださいね!「ダサい」から脱出大作戦、一緒に達成しましょう!

女子からダサいと言われたくない!気を付けるポイントは?

ダサいファッションの回避方法はわかりましたでしょうか?

続いて女子ウケから考える「ダサい服装」についてお伝えします!

サキ
Dcollection女子スタッフのサキです!わたしが女子目線でのNGファッションについてお伝えします~!

ここがダサい!その1・・・全身ピチピチファッション

ダサいコーディネートその1

ファッション=細身!と思っている方は意外と多い!?

細身シルエットはたしかにキレイめな印象ですが、ピチピチすぎると女子はひいちゃいます!

ここがダサい!その2・・・ダメージだらけカジュアルファッション

ダサいコーディネートその2

カジュアルなだけならいいんですが・・・その穴どこかにひっかけました??

過度なダメージアイテムは清潔感を損ないやすいので取扱い注意!

ここがダサい!その3・・・なぞのチェックちら見せファッション

ダサいコーディネートその4

これは女子の中ではもはやあるあるレベル。でも実際こういうファッションを好まれる方も多いので気を付けて!

シャツやボトムの裾を折り返すと現れるなぞのチェック柄。

女性はシンプルな方が好物です・・・!

ここがダサい!その3・・・TPO無視ジコチューファッション

ダサいコーディネートその4

このファッションだけで見ればファッションセンスがあるのだとは思いますが・・・

今日はおでかけですよ?温泉に行くんですよ?なんでそんな格好してきたの・・・?

一緒にいる相手のことを考えたファッションができない人はNG!

サキ
女子が気になるのは「ちょっとしたこと」ばかり!なんで財布に鎖が・・・とか、靴のつま先とんがってる・・・とか。
サキ
でもそれが苦手な女性が多いのも事実です。
知らぬ間に「ダサい」と思われているかも・・・気を付けてください!

ダサい服から着替えよう!おすすめのオシャレ服12選

「じゃあ具体的にどんな服を買えばいいの?」というあなたに向けて、超具体的におすすめの服をご紹介していきます。

シンプルでコーデに組み入れやすいものを12個ピックアップしましたので、ぜひチェックしてみてください!

※アイテムをクリックすると詳細の情報やコーデ例をご覧いただけます。

好印象コーデを作れるおすすめアウター

「テーラードジャケット」一気にオシャレに仕上がるアウター

テーラードジャケット

スーツの上着のようなテーラードジャケットは、キレイめで大人っぽいアウターの代表格。

きちんとした清潔感や落ち着いた印象もあり、オシャレな印象をしっかりと出してくれます。

ほどよくゆとりのあるデザインになっていることで、スーツのようなカッチリ感は少なく、普段着や私服のオシャレにも使いやすくなっていますよ。

「キレイめカーディガン」さらっと羽織るだけで好印象がつくれる!

キレイめカーディガン

女性からの支持率も高いキレイめなカーディガン。

シンプルなデザインですが、シャツやTシャツと合わせるだけで「清潔感」がUP。

シンプルな着こなしで悩まずコーディネートできるのもありがたいアイテムです。

「マウンテンパーカー」男らしいカジュアルアウター

マウンテンパーカー

アウトドア由来のアウターのマウンテンパーカーは、カジュアルでアクティブさのあるアイテムです。

アウトドアのテイストが男らしい頼りがいを演出してくれます。

シンプルなデザインに仕上げているため、カジュアルさがありつつも落ち着いた印象に仕上がり、街着にも馴染みますよ。

好印象コーデを作れるおすすめトップス

「春ニット」上品&柔和な雰囲気になるイチ押しトップス

春用に編まれた薄手の生地のニットセーターです。

柔らかい質感と細かな編み目が、上品で柔和な男性像を演出します。

シンプルなデザインで重ね着もしやすく、コーデづくりに大活躍しますよ。!

春らしいカラー展開もあり、季節感を演出できる1枚です。

「リキッドカットソー」ベーシックでいつも頼れるトップス

ベーシックなデザインで、着回しが非常にいい長袖のカットソーです。

無地の生地が大人っぽく、好印象を得やすいというメリットもあります。

春、秋、冬とロングシーズン使えることもあり、持っていると重宝すること請け合いです!

「オックスフォードシャツ」清潔感あふれる無地のシャツ

女子モテのキーワードに挙がることの多い「清潔感」。シャツはこの清潔感をひと際アピールできるトップスです。

こちらのオックスフォードシャツは、生地にこだわり、キレイめな印象を強調しています。

デートやディナーなど、ちょっとオシャレに気を遣うシーンでも活躍。

防シワ加工が施され、お手入れの手間も少なく清潔感が保てるのも嬉しいポイントです。

「サマーニット」Tシャツとは違った印象をつくれるトップス

夏でもサラッと着心地の良いサマーニットTシャツ。

ニットの風合いが大人っぽい印象を作ってくれます。

ロング丈アイテムとのレイヤードでも、単体でのコーディネートもオシャレに着こなせます。

「防しわレギュラーシャツ」キレイめな印象を爆上げしてくれる上品シャツ

オックスシャツとは違い光沢感があってキレイめ要素の強いシャツです。

一枚で着てもほどよいゆったり感があるので、無理なく着やすいサイズ感もうれしいです。

カーディガンやジャケットとの相性もばつぐん!

「ニットポロシャツ」カジュアルトップスをニット素材で大人に着こなす!

ポロシャツは夏のカジュアルトップスの代表格。

Dコレのオリジナルポロシャツはニット素材で大人っぽくおつかいいただけます!

デニム、スラックス、スキニーと合わせるボトムを選ばないところもおすすめのポイントです!

好印象コーデを作れるおすすめパンツ

「テーパードパンツ」“ダサい服装”から救ってくれる救世主パンツ

太ももまわりには余裕があり、裾に向かって細くなっていくシルエットが特徴のパンツです。

このシルエットが、スッキリと美脚でオシャレな印象に仕上げてくれます。しかも穿き心地ラクラク。

さまざまなトップスやアウターとも相性が良く、パンツをこれに変えるだけでグッとオシャレ度が上がります

「黒スキニーパンツ」脚を細長く見せてスタイル良く!

脚にフィットしたシルエットが特徴のスキニーパンツ。

脚を細く長く見せてくれるため、スタイリッシュな印象を作ってくれます。

テーパードパンツと並んでコーデの印象を一変させるパンツです。

こちらの黒スキニーパンツは、強すぎないフィット感とストレッチ性により、長時間穿いてもストレスを感じにくく仕上げています。

「デニムパンツ」濃いめのカラーと絶妙シルエット

裾まで真っすぐにストンと落ちたシルエットが特徴のジーンズです。

この野暮ったさのないほどよいゆるさのシルエットが、流行りの雰囲気に仕上げてくれます。

濃いめのインディゴカラーにより、カジュアルパンツながら大人っぽくキマりますよ

ジーンズ好きにはイチ押しのアイテムです。

好印象コーデを作れるおすすめシューズ

「キャンバスシューズ」キレカジの要素を併せ持つシューズ

革靴のようなキリっとしたシルエットと、帆布(キャンバス)を生地に使っているシューズです。

キレイめとカジュアルの両方の印象を合わせ持つため、さまざまなコーデにピッタリと馴染みます

玄関先にあると、出かけるときに靴に迷いづらくなりますよ。

「レザーシューズ」大人っぽい革靴で雰囲気を変える

「オシャレは足元から」なんて言葉もあるように、靴の印象はコーデおいて思ったより大きいものです。

私服の靴を革靴にすると、一気に大人っぽくオシャレな印象が作れます。

ほどよくカジュアルさを取り入れたデザインのため、ビジネス感のない革靴です。

キメ過ぎた感じが少なく、普段着に合わせやすい1足となっています。

「シンプルスニーカー」スニーカーもシンプルデザインが使いやすい

カジュアルさと軽快さが特徴のスニーカー。

大きなロゴや派手なデザインのものも多いですが、オシャレな街着を目指したいときにはシンプルなものを選ぶのがベター。

こちらのスニーカーは、ミニマルなデザインとマットな生地感で、大人の男性にも似合いやすく作られています。

ササ
好みのアイテムはありましたか?どれも使いやすいものばかりなので、参考にしてみてくださいね!

難しくないお手本メンズコーデ。もうダサいとは言わせない!

ここまでご紹介してきた「ダサい」の改善方法、オシャレのコツ、おすすめアイテムの内容を踏まえて、具体的なコーデを見ていきましょう。

雰囲気をまるっと真似してもらってOKです!ぜひ参考にしていただき、一緒にファッションを楽しみましょう!

サマーニットは大人なスラックスと合わせオシャレに着こなす

ダサいといわせないオススメコーデ1

サマーニットはぱっと見はTシャツと同じようなシルエットです。

大人っぽさを加えるならボトム選びが大事!

スラックスと合わせて清潔感の高い夏コーディネートを実践しましょう!

涼し気なカーディガンコーデは女性ウケも抜群!

ダサいといわせないオススメコーデ2

ボーダーTシャツはカジュアルなので、カーディガンと合わせるのがGOOD!

ほどよいカジュアル感とカーディガンのキレイめ感がうまくマッチ。

いろいろなお出かけシーンにも対応できる万能コーデです。

シャツは羽織できてもおすすめ!シンプルながら手抜き感なしコーデ

シャツは羽織ってジャケット替わりにしてもOK!

シンプルな着こなしですが、重ね着できちんと感も出せます。

ニットポロシャツとデニムでカジュアルだけど清潔感のあるコーデ

ダサいといわせないオススメコーデ4

ニットポロとデニムのネイビー統一コーデ。

カジュアルなアイテムの見合わせですが、ニットの生地感や色合いで大人っぽくまとめました。

シューズでレザー調のアイテムを入れると引き締まりますよ!

マウンテンパーカーを大人オシャレに着る

ダサいといわせないオススメコーデ5

ブラウンのマウンテンパーカーと、ストライプシャツが良くマッチしているコーデ。

黒スキニーパンツと革靴を選び、スッキリとキレイめの印象をプラス。

カジュアルアウターにはキレイめアイテムを多く使うとオシャレな雰囲気を作りやすいですよ。

ニット×シャツはおすすめの重ね着コンビ

ダサいといわせないオススメコーデ6

春らしいカラーの春ニットと、オックスフォードシャツを重ね着したスタイルです。

襟と裾から白シャツが覗くことで、キレイめオシャレを強調しています。

下半身も黒のキレイめアイテムでまとめてキリっとした印象に。

白と黒のシックなモノトーンコーデ

ダサいといわせないオススメコーデ7

黒のショート丈ジャケットと黒スキニーパンツでIラインシルエットを作ったスタイル。

トップスに白のバンドカラーシャツを選び、明るさと清潔感を加えています。

落ち着いたクールな印象で、色味が少なくてもカッコいいコーデを作れることがわかりますね。

優しい雰囲気のカーディガン×ジーンズコーデ

ダサいといわせないオススメコーデ8

明るいベージュ系カラーのカーディガンと、ピンクベージュの春ニットが暖かみと優しさを感じます。

パンツをジーンズにすることで、より親しみやすい雰囲気に。

デニム生地のインディゴカラーが大人っぽく見せてくれます。

ジャケットを羽織れば一気にカッコよくなる!

ダサいといわせないオススメコーデ9

ネイビーのテーラードジャケットがと細身の黒スキニーパンツが大人っぽいコーデ。

シンプルなアイテムを合わせただけですが、大人見えするアイテムなら簡単に好印象が作れますよ。

ロングコートで作るYラインシルエット

ダサいといわせないオススメコーデ10

男の余裕を感じさせる「Yラインシルエット」を実践したコーデ。

フード付きのロングコートを羽織れば簡単に作れてしまいます。

パンツはスッキリシルエットのテーパードパンツ。ストライプシャツの自然なアクセントもオシャレです。

カジュアルとキレイめのバランスが取れた好印象コーデ

ダサいといわせないオススメコーデ11

キレイめアイテムをベースに上手にカジュアルを足したスタイルです。

ネイビーのニットの下には白のロング丈Tシャツを重ね着し、明るさを加えつつカジュアルさがあります。

キレカジを1つで体現するキャンバスシューズの選択も◎です!

ササ
これらのコーデを真似すれば、「ダサい」と言われることはかなり少なくなるはず。ぜひやってみてください!

ダサいと言われる前に!ファッションの悩み相談できます。

ここまで、ダサい服からの脱却をテーマに、オシャレのコツやおすすめアイテム、コーデ例を見てきました。

しかし、あなたの好みや体型、今度出かける場所やシーンといった、個別なお悩みにはお答えできていないかもしれません。

そんなときは、プロのスタイリストが直接相談に乗らせてもらいます!

プロと言っても構えなくて大丈夫!些細なことももちろんOK。LINEでのやり取りになりますので、ぜひお気軽にお声かけください。

※相談は無料。平日:10:00~17:00のご対応となります。

メンズファッションの情報発信しています!

【Dコレアプリ】

Dcollectionのアプリ

メンズファッションについて「他にもいろんなコンテンツを見てみたい!」という方には、 Dコレアプリがおすすめです。

スタイリストがオシャレに役立つ記事やコーディネート例を毎日発信しています!

【YouTube動画】

YouTubeで動画での発信も行っています。

スタイリストが着こなし術やコーデの作り方のポイントをわかりやすく紹介しているので、覗いてみてくださいね。

変わるチャンス。「ダサい」と言われたことに感謝しよう。

「ダサい」と実際に言われたという人は、なんとも言えないショックさがありますよね。

冒頭でも書いたように、僕も大学の有事に言われてかなりグサリときました。

でも、僕が服装を気にするようになったきっかけは間違いなくこの「ダサい」というワードだったんですよね。

オシャレは少しコツを知れば格段に上手になります。しかもネットなら今日からでも実践できる分野です。

「ダサい」と言ってくれたことに感謝できるような、見た目も中身もオシャレな男になってやりましょう!

 

プライベートでも個人ブログを10年運営する生粋のブログライター。真夏でも黒スキニーを穿く男。 「わかりやすい・読みやすい・おもしろい」をモットーに、オシャレの効果や楽しさを書き綴る。森見登美彦さんの文章が大好物。

<ササの些細な話>

僕に「服がダサい」と言った友人は、僕のためを思って言ってくれたようでした。

その後、彼の行きつけの服屋さんに連れて行ってくれ、僕にこの記事で紹介したようなシンプルで好印象を受けやすい服を選んでくれました。

それから十数年。まさか僕がメンズアパレル企業に入るとは、改めて考えると自分でも不思議な巡り合わせです。

みなさまのご意見お待ちしています!

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK。ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!