男のジーンズコーデが整う2つのデニムパンツ。着こなし術とコーデ例も大公開

メンズのジーンズの選び方、着こなし方、コーディネート

メンズファッションにも欠かせないジーンズ。これを穿けば簡単に「カジュアルスタイル」が楽しめるのが魅力ですよね。

ササ
こんにちは。メンズファッションサイト「Dcollection」のライター、ササです。
ジーンズ、いいですよね。汚れに強いし、動きやすい。しかも男らしさが出せる!「私、失敗しないので」感のあるパンツですよね。

しかし!失敗しないためには押さえておくポイントがあるのも事実。

この記事では、ジーンズの上手な着こなし方やコーデをご紹介していきます。失敗しない、むしろカッコよくキマるジーンズテクを一緒に見ていきましょう!

 

【厳選3コーデ】メンズジーンズおすすめコーデ

大人っぽくジーンズをはきたい方、ジーンズコーデをスタイリッシュに見せたい方、必見ですよ!

ジーンズ×ニット×ジャケットで大人コーデに

テーラードジャケットと編み目が上品な夏ニットを組み合わせた、大人っぽい印象のコーデ。

ボトムがストレートデニムであることで、ほどよくカジュアル感を投入しているため雰囲気も堅くなりません。

ジーンズをオシャレな着こなし方としては、まず大人っぽさとカジュアルさのバランスを考えることが大切ですよ。

着用アイテム

テーラードジャケットはコチラ

【テーラードジャケット】

プライベートでもビジカジシーンでも使いやすい薄手のジャケット。

 ▸CLICK 

サマーニットはコチラ

【サマーニット】

ドライタッチで快適かつ大人感のあるニット。

 ▸CLICK 

ストレートジーンズの商品ページはコチラ

【ジーンズ】

程よいゆとりがトレンド感のあるストレートデニムパンツ。

 ▸CLICK 

スプリットレザーシューズの商品ページはコチラ

【レザーシューズ】

私服に馴染みやすいキレイめなスプリットレザーシューズ。

 ▸CLICK 

 

マウンテンパーカー&スニーカーでスポーティーに

スポーツMIXのスタイルは現在もトレンド継続中。

マウンテンパーカーとスニーカーといったスポーティーなアイテムも、ジーンズには良く合います。ブルー系のネイビー同士で合わせると統一感のある着こなしができます。

軽快でアクティブな印象の中に、バンドカラーシャツで少しキレイめを足しているのがポイントです。

着用アイテム

マウンテンパーカーはコチラ

【マウンテンパーカー】

街着でもアウトドアでも活躍する高機能マウンテンパーカー。

 ▸CLICK 

バンドカラーシャツはコチラ

【バンドカラーシャツ】

丸みのある襟がこなれた印象に仕上がるシャツ。

 ▸CLICK 

ストレートジーンズの商品ページはコチラ

【ジーンズ】

程よいゆとりがトレンド感のあるストレートジーンズ。

 ▸CLICK 

シンプルスニーカーの商品ページはコチラ

【シンプルスニーカー】

マットな質感が大人っぽい印象を与えるシンプルなスニーカー。

 ▸CLICK 

ベージュのコーチジャケットで明るさを見せる

アウターに明るいベージュのコーチジャケットを羽織ったスタイルコーデ。

濃いインディゴカラーのジーンズと、黒のTシャツ、キャンバスシューズがコーチジャケットの明るさを引き立てていますね。

着用アイテム

コーチジャケットはコチラ

【コーチジャケット】

マットな素材感で大人っぽさのあるコーチジャケット。

 ▸CLICK 

リキッドアイスTシャツはコチラ

【無地Tシャツ】

涼感加工を施した、暑い日も快適な半袖アイスTシャツ。

 ▸CLICK 

ストレートジーンズの商品ページはコチラ

【ジーンズ】

程よいゆとりがトレンド感のあるストレートデニムパンツ。

 ▸CLICK 

キャンバスシューズの商品ページはコチラ

【キャンバスシューズ】

キレイめ・カジュアルの両方に合わせやすいシューズ。

 ▸CLICK 

大人カッコよくなれるジーンズを選ぼう!

ジーンズは誰しもが持っていると言っても過言ではないアイテムではないでしょうか。メンズのカジュアルアイテムとしては欠かせませんよね。

そんなジーンズですが、デザインや色など、種類はさまざま。主なものだけでも、次のようなものがあります。

ジーンズの主な種類

  • ストレートジーンズ
  • スキニージーンズ
  • ワイド(バギー)ジーンズ
  • テーパードジーンズ
  • ブーツカットジーンズ

この中で、大人っぽくオシャレに見せやすいジーンズはどれだと思いますか?

それは、「ストレートジーンズ」や「スキニージーンズ」です。

今からオシャレを始めようと思っている方や、大人っぽくジーンズを着こなしたい方には、特におすすめです。

①サイズ感は「ピッタリめ」がおすすめ

こちらの左右のコーデ。どちらもデニムジーンズを着用しています。

ユルいシルエットのデニムパンツとスキニータイプのデニムパンツ比較

左側と右側のパンツを比べると、右側のパンツの方が大人っぽく見えませんか?

パンツはサイズ感が違うだけで、こんなにもイメージが変わるのです。

ジーンズを選ぶときは、自分の脚にジャストのサイズ感・丈感を選ぶと失敗しにくいですよ。

穿きはじめは少し窮屈に感じることもあるかもしれませんが、穿いているうちに馴染んできやすいのもジーンズの特徴。

自分の脚の形に馴染んだジーンズは、よりキレイなシルエットに見えやすいですよ。

▲着用しているデニムパンツを見る

今年らしいコーディネートをするなら、ちょっとゆるめのサイズ感もOK。

カジュアルな印象が強くなるので、カジュアル好きな方、もしくはキレイめなアイテムと合わせてバランスをとるのがおすすめです。

②「色」で印象が変わる

ジーンズにも色がたくさんあり、ジーンズを買うときにどの色を選んだらいいのか悩みますよね。

そんなときはどんな着こなしが多いのかなど、なりたいイメージに合わせて選ぶのがおすすめですよ!

濃紺・インディゴカラーのジーンズ:「落ち着いた大人っぽいイメージ」

デニムとカーディガンを使ったお散歩コーデ

▲着用のストレートジーンズはこちら

ジーパンの中でも濃く、トーンが低い色味のものは、落ち着いた大人っぽいイメージを演出。

デニムというカジュアルアイテムながら、コーデ全体を品よくまとめてくれます。ジーンズの定番色といっても過言ではないので、1つは持っておくと便利ですよ。

こんな人におすすめ!

  • 大人っぽい落ち着いた印象の着こなしが好きな方
  • いろんなコーデで使いたい方

鮮色・ブルーのジーンズ:「カジュアルで若々しいイメージ」

▲着用のスキニージーンズはこちら

鮮やかなブルーの色味が特徴的なジーンズは、カジュアルさと若々しさを感じる印象に仕上がります。

この色味がコーデのアクセントにもなるので、シンプルな着こなしに合わせるのがベストですよ!

鮮やかなブルーも定番的ではありますが、濃色ジーンズよりも合わせるのは少し難しくなります。爽やかさがあるのでどちらかというと春夏におすすめですね。

こんな人におすすめ!

  • カジュアルな着こなしがしたい方
  • 若々しい印象を演出したい方

淡色・水色のジーンズ:「爽やかで清涼感のあるイメージ」

40代秋のメンズファッション

淡い色味のジーンズは、爽やかな印象付けをしたいときにおすすめ!

色味が明るいため、清涼感も感じさせます。

ただし、淡色はコーデのシルエットがぼやけてしまいがちなので、黒アイテムを取り入れてコーデを引き締めましょう!

こんな人におすすめ!

  • 爽やかな印象のコーデを作りたい方

③ストレッチが効いているものを選ぶ

▲画像の「ハイパーストレッチ」スキニージーンズはこちら

ストレッチ性のないデニム生地は、ごわついて過ごしにくく、動きにくい可能性も。

逆に、ストレッチ性に優れたデニム生地を使ったジーンズならば、長時間穿いていてもストレスを感じにくいです。

デニムの質感が好きだけど、動きにくいのはちょっと…という方は、ストレッチ機能が付いているジーンズを選ぶのがオススメですよ。

大人っぽくクールに穿けるイチ推しジーンズ・デニムパンツ

上の選び方を踏まえて、大人っぽくキマりやすいオススメのジーンズ・デニムパンツを2つご紹介します。

①ストレートジーンズ

メンズデニムパンツはコチラ

生地が裾まで真っ直ぐにストンと落ちているシルエットが特徴で、ほどよいゆとりのあるシルエットが今っぽい雰囲気もあるストレートジーンズ。

装飾を省いたシンプルなデザインなので着回し力も高く、コーデ組みがグッと楽になります。

脚のラインを拾いにくく、体型のカバーにも一役買ってくれますよ。

②スキニージーンズ ハイパーストレッチデニム

脚にフィットしたシルエットがスタイリッシュで、スマートな大人らしくキマるスキニージーンズです。

生地にこだわり、デニムとは思えない滑らかな穿き心地と、ストレッチ性を叶えた1本。

より大人っぽい印象に仕上げたい、スタイルを良く見せたいという方に特にオススメです。ワンウォッシュ(暗めのブルー)とブルーの2色展開なので、自分のしたい着こなしに合わせて選ぶことができますよ。

ジーンズのカッコいい着こなし方とは?

アメカジ(アメリカンカジュアル)の基本アイテムとして使われることが多いジーンズは、男らしくワイルドな印象でカッコいいですよね。

しかしジーンズを穿いていても、なんだか「だらしなく見える」「幼く見える」そう思った経験はありませんか?

NGなジーンズコーデ

なぜだらしなく見えたり幼く見えてしまうのか。

それは、カジュアルなジーンズにカジュアルなアイテムばかりを合わせてしまうからなのです。

では、どうすればジーンズをオシャレに見せられるか。ジーンズコーデを簡単にオシャレに見せられる次の3つの方法を紹介します!

  1. アイテムのバランスを意識する
  2. シルエットを整える
  3. ロールアップで裾を整える
ササ
1つずつ説明していきますね!

ジーンズの着こなし①アイテムのバランスを意識する

メンズの服は大きく2つに分けられます。「キレイめの服」と「カジュアルな服」です。

服が与える印象

キレイめの服・・・・落ち着いた、大人っぽい印象

カジュアルな服・・・気楽でラフな印象

普段着の服装として「あの人、オシャレだね」と言われる人は、このキレイめとカジュアルを上手にミックスさせているんです!

キレイめアイテムの例
トップス テーラードジャケット
シャツ
カーディガン
コート
ボトムス スラックス
黒スキニー
シューズ ローファー
革靴
小物 クラッチバッグ
腕時計
基本的なキレイめアイテムの一例です。デザイン・色・素材によってカジュアルに変動する場合もあります。

カジュアルなジーンズには「キレイめアイテム」を合わせ、大人っぽさを加えると「だらしない・幼い」といった印象が軽減でき、オシャレなスタイルが作りやすくなりますよ。

白シャツは持っておくべきなアイテム

▲着用している白シャツの詳細

ジーンズはブルー系のものが多いので、相性の良い白系のアイテムがおすすめです。

その中でもキレイめな印象が生まれるシャツは、ジーンズと合わせることで、バランスの取れたコーディネートを作れるので1つは持っておくのがおすすめですね。

特に夏は積極的したい組み合わせですね。簡単に爽やかな夏コーデを作ることができますよ。

ジーンズの着こなし②
シルエットを整える

次に気をつけてほしいポイント。それは「シルエット」です。

シルエットを変えるだけで印象が変わってしまうほど、シルエットは重要なポイント。

「なんだか難しそう」と感じる方もいるかと思いますが、覚えるべきシルエットは3種類。

オシャレに見える3つのシルエット

  • Iラインシルエット
  • Yラインシルエット
  • Aラインシルエット

全身のシルエットを、アルファベットの形になぞらえています。

こちらも1つずつ解説していきますね。

Iラインシルエット

デニムパンツはコチラ

▲着用のストレートジーンズはこちら

【作り方】

上下とも細身のパンツ、トップスを合わせる。

全身のシルエットをアルファベット「I」の形に。

【メリット】

スラリと細長く見え、大人っぽい印象を与える効果がある。

【こんな人におすすめ】

スタイリッシュな印象を演出したい方

低身長の方

Yラインシルエット

▲着用のスキニージーンズはこちら

【作り方】

ボリュームのあるアウターに、細身のパンツを合わせる。

全身のシルエットをアルファベット「Y」の形に。

【メリット】

大人っぽくオシャレな雰囲気を出しやすく、体型隠しにも有効

【こんな人におすすめ】

大人っぽい印象を演出したい方

ガッチリ体型・ぽっちゃり体型の方

Aラインシルエット

【作り方】

細身のトップスに、ボリュームのあるパンツを合わせる。

全身のシルエットをアルファベット「A」の形に。

【メリット】

ゆったりと余裕のある、男らしい印象を与える。

【こんな人におすすめ】

男らしいラフな印象を演出したい方

ガッチリ体型・ぽっちゃり体型の方

ジーンズの着こなし③
ロールアップで裾を整える

ジーンズを選ぶときは、裾の長さに気をつけることが大切です。

上の写真のように左右で比べてみると、右のパンツはシワがなくすっきりとした印象ですね。

また、靴の上に裾が乗らず、野暮ったい印象も解消されています。

しかし、自分の太ももやお尻のサイズにピッタリのものを合わせると、どうしても裾が長くなってしまうことってあります。

そんなときにおすすめしたいテクニックが「ロールアップ」です。

ロールアップとは?

ファッション用語。衣服の裾や袖をまくり上げる着こなし。裾や袖の長さを調整することもできる。

ロールアップのいいところは、裾の長さを調節できるだけではありません。

ロールアップの効果

ロールアップは裾をキュッと引き締め細く見せることができるので、脚をスラリときれいに見せる視覚効果があります!

また脚のパーツで一番細い足首を見せることで、スタイルよく見せることができる効果もあるんです。

爽やかな印象もでるので、春夏には積極的に取り入れたい着こなしですね。

折り返す幅は、細い方がよりスッキリと爽やかでスタイリッシュに見えますよ。

大体2~3cmを目安に、細幅に折るのがおすすめです。

▼ロールアップのやり方を動画で分かりやすく解説

ロールアップをして裾を整えることで、清潔感もグッとアップするんですよね。女性からの好印象も得られやすくなりますよ。

ジーンズをカッコよく着まわしたおすすめコーデ

ここからは、ジーンズを上手に取り入れたコーデをご紹介していきます。

ササ
ジーンズを着まわすことができれば、オシャレはグッと簡単で楽しくなるずですよ!

ストレートジーンズを使ったコーデ

7分袖カーディガンで作る春夏コーデ

ネイビーの7分袖カーディガンは、腕が露出されるので男らしい抜け感を、手軽に取り入れることができます。

ジーンズのインディゴカラーと、カーディガンが紺系の色でそろっているのもオシャレですね。

足元は全体の色味を統一するため黒のスニーカーをチョイス。シンプルな黒スニーカーは様々な着こなしで活躍しますよ。

着用アイテム
7分袖カーディガン  
リキッドアイスTシャツ  
ロング丈タンクトップ  
ストレートジーンズ  
シンプルスニーカー  
無地ソックス  

黒のCPOシャツジャケットでがクールなアメカジスタイル

アウターにCPOシャツジャケットを合わせたアメカジスタイル。黒を選択することで、カジュアルになりすぎるのを防ぎ、適度にクールな印象に仕上げています。

ジーンズが親しみやすさを感じさせつつも、濃いめのカラーでクールさを妨げません。

着用アイテム
CPOシャツジャケット  
リキッドアイスTシャツ  
ロング丈タンクトップ  
ストレートジーンズ  
シンプルスニーカー  
フットカバー  

定番のパーカーで爽やか&元気に

定番的なパーカーとジーンズを合わせたコーデ。白をチョイスすることで春夏感のある爽やかな印象に仕上げています。

カジュアルアイテムばかりでのコーデですが、モノトーンカラー(白、黒、グレー)を中心に使うことで子どもっぽい印象を回避しやすくなります。

スニーカーはインディゴと好相性のベージュカラーを選択することで、メリハリのあるコーディネートが出来上がりますよ。

着用アイテム
アクティブ プルパーカー  
ストレートジーンズ  
シンプルスニーカー  
フットカバー  
本革ベルト腕時計  

大学生にオススメ。夏の通学スタイル

涼感加工が施されたTシャツと、ジーンズで作るシンプルな夏コーデ。

ロング丈タンクトップの白の裾を見せることで、明るさとオシャレさをプラス。

キャンバスシューズがほどよい大人っぽさで、シンプルながらもキリっと見えるスタイルです。

着用アイテム
リキッドアイスTシャツ  
ロング丈タンクトップ  
ストレートジーンズ  
キャンバスシューズ  
フットカバー  
PUレザートートバッグ  
本革ベルト腕時計  

清潔感あふれるグレー系テーラードジャケット

清潔感があるグレージュカラーのテーラードジャケットを使ったコーデです。

白Tシャツとジーンズのデニム生地も爽やかな雰囲気を演出していますね。グレー系のジャケットは意外と濃色デニムと相性が良いので、ぜひ取り入れてみてください!

着用アイテム
テーラードジャケット  
リキッドアイスTシャツ  
ストレートジーンズ  
レザーシューズ  
無地ソックス  

リネンシャツで夏感あるカジュアルスタイル

リネンを生地に混ぜた7分袖シャツが爽やかな印象のシンプルコーデ。

シャツの質感と7分袖の抜け感、ジーンズ、スニーカーの組み合わせがカジュアルで親しみやすい雰囲気に仕上がっています。

着用アイテム
7分袖リネンシャツ  
ストレートジーンズ  
シンプルスニーカー  
無地ソックス  
マルシェバッグ  

スキニージーンズを使ったコーデ

ブルー系ジャケットで爽やかに

ジャストサイズを選んだテーラードジャケットとスキニージーンズで、スッキリとしたIラインシルエットを作ったコーデ。

ジャケットとシルエットの効果でスタイリッシュに決めつつ、ジーンズ、Tシャツ、スニーカーでカジュアルさも演出しています。

色はブルー系で合わせて、爽やかな印象に仕上げましょう。白Tシャツをインナーに使えばより爽やかになりますよ!

着用アイテム
テーラードジャケット  
リキッドアイスTシャツ ※代替品  
スキニージーンズ  
シンプルスニーカー  
無地ソックス  

暗めのコーデに白の差し色を入れる

黒のパーカーと濃紺のジーンズがクールな印象のシンプルコーデ。

トップスはロング丈タンクトップの裾でレイヤード(段)を作ることで、白の差し色を足し、明るさを添えています。

ビッグサイズなパーカーを合わせれば、今季らしいコーデに仕上がりますよ。

着用アイテム
アクティブ プルパーカー ※類似商品  
ロング丈タンクトップ  
スキニージーンズ  
レザーシューズ  
無地ソックス  

白シャツ×デニムパンツの定番的コーデ

白シャツとインディゴカラーのデニムパンツを合わせた、定番的なコーディネート。

ライトアウターとして、7分袖のリネンシャツはとても使い勝手がいいアイテムです。

爽やかな白を選べば、春夏らしい明るく涼しげな雰囲気をまとうことができますよ。

着用アイテム
7分袖リネンシャツ  
Tシャツ  
スキニージーンズ  
キャンバスシューズ  
フットカバー  
ダブルリングネックレス  
本革ベルト腕時計  

ワイドジーンズを使ったコーデ

春コーデは淡色をあわせてつくる

ジーンズとボーダーの定番の組み合わせには、ゆったりデザインのワイドデニムパンツを合わせると、トレンド感を演出することができます。

レザー調のシューズを合わせてキレイめ感を足すと、子どもっぽい印象になるのを防げます。

着用アイテム
MA-1ジャケット  
ヘビーウェイトボーダーTシャツ  
ワイドデニムパンツ  
ポストマンシューズ  

デニムワイドパンツで絶妙バランスの上級者コーデ

デニムワイドパンツにロングコートを合わせた応用スタイル。

インディゴのジーンズを合わせることでスタイリッシュに見えやすくなります。

着用アイテム
チェスターコート  
ビッグシルエットスウェット  
ロング丈Tシャツ  
デニムワイドパンツ  
ポストマンシューズ  
キャンバストートバッグ  

モノトーン×デニムワイドパンツで魅せる大人カジュアル

ブルーのデニムワイドパンツを使った、カジュアルなスタイルが好きな方におすすめのコーデ。

MA-1やジーンズなどカジュアルなアイテムだけ使う場合は、モノトーンをベースにすることで落ち着いた印象になります。

ダッドスニーカーを合わせて今季らしいスポーティに仕上げましょう。

着用アイテム
MA-1ジャケット  
ヘビーウェイトTシャツ  
デニムワイドパンツ  
ダッドスニーカー  
ボディバッグ  

今さら聞けない「ジーンズ」「ジーパン」「デニム」の違い

見た目は一緒なのに、ジーンズといったりジーパンといったり、デニムといったりややこしくなることがないでしょうか。

ここでは今さら聞けない、その3つの違いについて簡単に知っておきましょう。

「デニム」は生地のこと!

まずデニムとは生地の1つになります。レーヨンやフランネル、シルクといったような生地の名前を聞いたことがないでしょうか。

そういったたくさんある生地の種類の中の1つです。

なので、「デニムシャツ」や「デニムジャケット」というものもあり、単に「デニム」というだけでは、パンツのことを指すわけではありません。

デニム=デニムパンツという考え方もあることにはありますが、一応「生地の1つ」ということを知っておくといいですね。

素材的には作業着としても使われるほど、丈夫でザラザラとした肌触りが特徴ですね。

「ジーンズ」はデニムのパンツのこと!

そしてジーンズは、そのデニム生地で作られたジーンズのことです。

アパレル業界でしっかりとした知識を持っている方だと、この区別はしっかりしていると思います。

なのでお店の人に「分かっていない」と思われたくないのであれば、「デニムを探している」ではなくて、「ジーンズを探している」という方が無難でしょう。

「ジーパン」はジーンズの和製語!

ジーパンはジーンズの和製語なので、ジーパン=ジーンズになります。

アメリカの兵士(GI)がよくブルージーンズを履いていたことより、GIパンツ→Gパン(ジーパン)といった流れてその名称が生まれたとされています。

服の歴史を知るのも結構面白いですね。

コーデに迷ったら気軽にご相談をどうぞ!

LINE相談する!

ジーンズの着こなし方、おすすめのコーデについて書いてきました。

しかし、「自分の体型にうまく似合わない」や「大事なデート前にコーデに迷ってしまう」など、個人のお悩みをすべては網羅できないと思っています。

そんなときは、どうか一人で悩まず、Dcollectionにご相談ください。

Dコレアプリの「Dchat」ならば、スタイリストに直接着こなしやコーデについて相談することができます。

LINEのトークでの質問なので、気軽に相談内容を送っていただけますよ。

ジーンズを穿いて、自分らしくいきましょう。

ジーンズって、穿けば穿くほど自分に馴染んでくるのがいいですよね。

また、洗濯を繰り返すごとに色味が変わっていくのも魅力だと思います。

同じジーンズを同じ時期に買っても、恐らくそのジーンズは十人十色の変化をするでしょう。

「ジーンズはその人の生き方を映し出す」と言ったら、さすがに言い過ぎかもですね。

でも、自分らしさを肯定してくれる、そんなアイテムな気がします。

ササ
スタイリスト ササ
プライベートでも個人ブログを10年運営する生粋のブログライター。真夏でも黒スキニーを穿く男。 「わかりやすい・読みやすい・おもしろい」をモットーに、オシャレの効果や楽しさを書き綴る。森見登美彦さんの文章が大好物。

ササの些細な話>

僕の息子が生まれたばかりのとき、僕の膝の上で派手にお漏らしをされたことがありました(ちなみにお掃除が厄介な方です)

穿いていたのは買ったばかりのジーンズ。

実際にこういうストーリーがあったりします。

そんなことを覚えているのは、3年ほど経った今も、そのジーンズを穿いているからです(どうか引かないでください)

 

\ みなさまのご意見お待ちしています /

こんなのが読みたい!この記事よかった!オレのジーンズにはこんなストーリーがあるぜ!なんでもOK。

ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!