スキニーパンツのサイズを失敗せずに選ぶ方法。きつい、ピチピチも上手に回避

スキニーパンツは脚にフィットしたシルエットが最大の特徴のパンツ。

だからこそサイズ選びには頭を悩ませがちなアイテムですよね。

そんな悩みを持っているあなたに向けて、この記事では、プロのスタイリストの目線でスキニーパンツのサイズ選び方をご紹介します。

自分の体型にオシャレにフィットするスキニーを身に着けて、颯爽と街を歩きましょう!

ササ
こんにちは!メンズファッション通販サイト「Dcollection」のスタイリスト兼ライターのササです!

【Dcollection】とは?
オシャレの学び・服の購入からアフターフォローまでお手伝いするメンズファッション通販サイト。
特に黒スキニーパンツにこだわり、これまで累計5万本以上の販売実績があります。日本でも指折りのスキニーパンツのプロと自負しています!

あなたの体型にピッタリのスキニーパンツを手に取っていただくため、以下の内容をご紹介していきます。

スキニーパンツのサイズ感。3つのポイント

さっそくこの記事のメインで大前提でもある、スキニーパンツを選ぶ際の3つのポイントをご説明します。

  1. 太もも
  2. お尻
  3. シルエット

1つずつ見ていきましょう。

①太ももが張り過ぎない

脚で1番太い太ももは、スキニーパンツを穿いたときに張り過ぎないように意識するのがポイントです。

スキニーパンツの太ももの張り感

太ももが張って見えるだけでピチピチ感が出てしまったり、脚が太く見えてしまう可能性があります。

ピッタリとして太ももが張っているサイズ感よりも、少しゆとりのあるものの方が、むしろスッキリとして見えますよ。

②お尻のラインがハッキリするものは避ける

2つめのポイントはお尻。

スキニーパンツのお尻のフィット感

お尻から太もものラインがハッキリとわかるサイズ感は、女性のような印象を与えてしまうことがあります。

細身なシルエットがカッコいいスキニーパンツですが、小さめのサイズを選んでしまうと、男らしくカッコよく着こなすのが難しくなってしまうこともありますよ。

③足首にかけてスッと落ちるもの

最後のポイントは、裾のシルエット。

スキニーパンツの魅力でもある、細身でスッキリとしたシルエットを作るには、足首にかけてストンと落ちているようなシルエット、または少しずつ細くなっていくシルエットを選ぶのがおすすめです。

スキニーパンツの裾のシルエット

また、裾が長いことでクッション(生地の溜まり)ができてしまうことにも注意しましょう。

クッションができると、せっかくのキレイなシルエットが崩れてしまいます。

もし裾が長い場合は、裾上げをするかロールアップをしましょう

▼ロールアップの方法については、コチラのブログでご紹介しています。

関連記事

メンズ向けロールアップのやり方。オシャレな折り方とメリット

【体型別】スキニーパンツのサイズ感の見本

スキニーパンツのサイズ感のポイントを押さえたところで、ここでは体型別にサイズ感の合わせ方をご紹介していきます。

ご自分の体型を踏まえてチェックしてみてくださいね。

やせ型体型さんの場合

やせ型体型さんのスキニーパンツのサイズ感

やせ型さんは、左のように腰から足首にかけて生地がたるまないような真っすぐなシルエットのサイズ感が理想的。

脚の細さを隠そうと太めのフィット感を選んでしまうと、生地の余りが目立ち、野暮ったさが出てしまうので注意が必要です。

普通体型さんの場合

普通体型さんのスキニーパンツのサイズ感

普通体型さんは、真ん中のようにサイズに適度なゆとりがありつつも、足に沿うような形になるものを選ぶのがオススメ。

左のように、太ももと膝に若干の張りを感じるサイズだと、ピチピチして見えてしまうことがあります。

また右は全体的にゆとりがあるものの、太すぎて足に沿うようなシルエットにならず、太って見える可能性があるので気をつけましょう。

ぽっちゃり体型さんの場合

ぽっちゃり体型さんのスキニーパンツのサイズ感

ぽっちゃり体型さんは、太ももやふくらはぎに窮屈感がなく、生地もダボつかないサイズ感が目安です。

左のように小さめのサイズですと、タイツを穿いてるようなピチピチ感が出てしまうので要注意。

右はサイズに余裕があり過ごしやすいかもしれませんが、膝から足首にかけて生地が余り、大きなクッションができています。せっかくスキニーを穿くのに、だらしない印象を与える可能性があるので注意しましょう。

ガッチリ体型さんの場合

ガッチリ体型さんのスキニーパンツのサイズ感

ガッチリ体型さんは、太ももの張りやふくらはぎが目立たないサイズ感を探してみましょう。キレイなストレートなシルエットに見せることができます。

左のように、小さめだと筋肉質な脚のラインが目立ってしまい、ピチピチした印象が強調されてしまいます。

右のように大きすぎると、全体的に生地が余り、シルエットが崩れ、だらしない印象に見えやすいので、こちらも注意が必要です。

ウエストと太もも、どっちに合わせるべき?

スキニーパンツを選ぶとき、太ももに合わせるとウエストが余ってしまい、ウエストに合わせると太ももがキツくて入らないという経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スキニーは太ももに合わせよう

そんなときは、「スキニーパンツは太ももに合わせる」ということをおすすめします!

ウエストが余った場合は、ベルトをすることで解決することができます。

スキニーの特徴と魅力でもある脚のラインのシルエットの方を重視すると、オシャレに穿けるスキニーパンツを選ぶことができますよ!

黒スキニーパンツを買うならDcollectionにお任せ!

パンツの定番のシルエットともなっているスキニーパンツは、多くのブランドやショップで商品が展開されていますよね。

「どこで買おうか…」そう悩んでいるあなたには、Dcollectionの黒スキニーパンツをぜひ見ていただきたいです!

黒スキニーパンツにこだわり、シリーズ累計5万本以上お買い上げをいただいている自信の黒スキニーパンツがここにあります。

バイヤーが8ブランドものスキニーパンツを研究し、多くの人にカッコよくなじむシルエットとデザインを追求しました。

商品ページでは、体型がさまざまな9名のスタッフの詳細なサイズ感レビューがあり、コーデ例もご覧いただけます。

もしサイズ感を間違えても、原則、返品交換無料での対応をしておりますので、安心してお買い物いただけますよ!

※ ※ ※

自分の体型に合ったサイズ感のスキニーパンツを手に入れて、スタイリッシュな姿をお出かけ先で振りまいていただけたら幸いです!

プライベートでも個人ブログを10年運営する生粋のブログライター。真夏でも黒スキニーを穿く男。 「わかりやすい・読みやすい・おもしろい」をモットーに、オシャレの効果や楽しさを書き綴る。森見登美彦さんの文章が大好物。

みなさまのご意見お待ちしています!

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK。ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!