メンズの柄シャツコーデ例と3つの着合わせポイントを解説します

この記事では

  • ダサい柄シャツコーデを回避する方法
  • 柄シャツの種類や選び方
  • 失敗しない柄シャツコーデ
  • についてお伝えしていきます!

    30代、40代男性のファッションの
    悩みを解決する通販サイトです。

    監修者:タカシ

    メンズファッション通販サイトDcollectionでバイヤー歴10年以上。他にもスタイリスト・モデルと幅広く活動する。
    著書「正解の服、教えてもらいました。」を監修

    【メンズ柄シャツ】種類と柄別コーデ

    柄シャツと言っても、いろいろな種類があります。

    ここでは柄シャツの種類やタイプ別のコーディネートについて解説していきます。

    ①リゾート感のある『ボタニカル柄』シャツ

    ▲この柄シャツをチェックする

    主に木の葉や草花、果実といった植物をモチーフに描かれたボタニカル柄は、アロハシャツにもよく用いられます。

    エスニックな印象もあり、柄シャツの中でもポピュラーな柄といえます。

    半袖のボタニカル柄シャツは夏らしさと男らしさを兼ね揃えたデザインです。

    自然をテーマにしたデザインで、リゾートのトレンド感もあり、イマドキなオシャレを楽しむのにおすすめな柄シャツです!

    『ボタニカル柄』シャツのコーディネート例

    ボタニカル柄のシャツを着るときは、シャツ以外をキレイめアイテムで固めるのがポイント。

    モノトーン系のアイテムや、キレイめデザインを使うことで、違和感なく着こなすことができます。

    観光客コーデのようになると「ダサい」と思われがちなので注意!

    ②清潔感の高い『ストライプ柄』シャツ

    ▲この柄シャツをチェックする

    カジュアルでもフォーマルでも好まれるストライプ。

    少しゆったりめのシルエットでカジュアルにも使いやすくデザインした柄シャツです。

    清潔感のあるストライプは、女性からも好印象!

    普段使い柄シャツなら、ストライプがおすすめです。

    『ストライプ柄』シャツのコーディネート例

    爽やかさ、清潔感をつくりやすいストライプ柄の半袖シャツコーデ。

    ゆったりしたサイズ感なので、フォーマルさを軽減してくれます。

    幅広いシーンで使いやすい柄シャツです。

    ③ギャップ狙いの『花柄』シャツ

    ▲この柄シャツをチェックする

    女性のアイテムによく使われる花柄は男性にはちょっとハードルが高いですよね。

    ですが、リゾート感のある柄シャツとして取り入れるのであればOK!

    大柄なデザインで、アロハシャツのようなテイストで着用いただけます。

    『花柄』シャツのコーディネート例

    大柄なデザインはカジュアルになりやすいので注意!

    テーパードパンツや白Tシャツでモノトーンにまとめることでシンプルな着こなしに。

    サンダルで季節感を出しているのもポイントです。

    ④人とは違うオシャレなら『クレイジーパターン』

    ▲この柄シャツをチェックする

    ちょっと人とは違うデザインを楽しみたい。

    そんな方におすすめするのはクレイジーパターンのシャツ。

    ランダムにつなぎ合わせた柄シャツで、一枚でも存在感バツグンのコーデに仕上がります。

    『クレイジーパターン』シャツのコーディネート例

    全体をブルー系のカラーでまとめました。

    色味で統一感を出すことで、クレイジーパターンも引き締まった印象になります。

    カジュアルになりすぎないよう、レザーシューズのアクセントも忘れずに!

    ⑤『バティック柄』で上品なムードを演出

    バティック柄とは、インドネシアが原産のろうけつ染めでつくられた柄模様です。「ジャワ更紗」と呼ばれることもあります。

    伝統的な柄模様は上品なムードを醸し、コーデに一つ合わせるだけで個性を取り入れることができますよ。

    大人が取り入れやすい総柄シャツです。

    『バティック柄』シャツのコーディネート例

    デニムパンツとの組み合わせは一見、カジュアル過ぎるようにも見えますが、ネイビーのような落ち着いた色味なら心配ありません。

    青系の色は、バティック柄シャツに使われているイエローカラーを際立たせる効果も持っていますので、シャツをメインに着こなすことができますよ。

    ⑥バンダナの柄で有名な『ペイズリー柄』

    勾玉のような形が面いっぱいに描かれたペイズリー柄。ネクタイやバンダナ、スカーフなどによく見られる優美な柄の一つです。

    落ち着いた色味であれば上品なイメージに。発色の良い色味であれば、アメカジ風な雰囲気を見せてくれる面白い柄です。

    ⑦『ペイズリー柄』シャツのコーディネート例

    上品なペイズリー柄シャツはインナーにロング丈タンクトップを挟んで、ユルさを加えると今風な着こなしに。

    足元はダッドスニーカーを合わせ、カジュアル感をプラスすることで親しみやすい印象になりますよ。

    ⑧アジアンな印象をつくる伝統の『タイダイ柄』

    「絞り染め」と呼ばれる伝統的な染め方で表現されたタイダイ柄。以前はヒッピールックを象徴するようなアイテムでした。

    今季はムラ感や独特な雰囲気を色や柄などで、モダンな印象に仕上げたデザインが見られ、トレンド感を演出できる柄です。

    『タイダイ柄』シャツのコーディネート例

    上品なペイズリー柄シャツはインナーにロング丈タンクトップを挟んで、ユルさを加えると今風な着こなしに。

    足元はダッドスニーカーを合わせ、カジュアル感をプラスすることで親しみやすい印象になりますよ。

    【柄シャツの合わせ方】3つのポイントを押さえよう

    柄シャツはたしかにかっこいいけれど、合わせ方次第では下記のような印象になりがち。

  • 子供っぽく見える・・・
  • 不良(ヤンキー)っぽく見える・・・
  • 観光客に見える・・・
  • こうならないよう注意しつつ、着こなしのポイントをおさえましょう!

    ①コーデのシルエットに注意しよう

    基本的にカジュアルな印象の柄シャツは、コーデ全体の雰囲気がラフ過ぎると野暮ったく見えてしまう場合があります。

    まずはコーデ全体のシルエットを整えることで、オシャレな雰囲気を構築することが大切です。

    おすすめのシルエットを3つ紹介しますね。

    1. Iラインシルエット
    2. Yラインシルエット
    3. Aラインシルエット

    一体どんなシルエットなのか、順番に説明していきます!

    1.Iラインシルエット

    Iラインシルエットの作り方

    Iラインシルエットは、スーツのようにスラリとした細長いシルエットが特徴です。

    大人っぽさやスタイリッシュな印象を与えることができますよ。

    【作り方】
    トップス・ボトムスのどちらも細身のアイテムを合わせる

    【こんな人にもおすすめ】
    低身長をカバーしたい方・スタイリッシュに見せたい方

    2.Yラインシルエット

    オシャレに見えるYラインシルエットの作り方

    Yラインシルエットは、オシャレな雰囲気に見せやすく、センスの良さを感じさせるコーデに仕上がるシルエット。

    ロングアウターのようなボリュームのあるアイテムを使ったコーデなので、太ももまでスッポリと身体を覆い、お腹や太もも周りの体型カバーにも役立ちます。

    【作り方】
    ロングコートなどボリュームのあるトップスに、黒スキニーのような細身のボトムスを合わせる

    【こんな人にもおすすめ】
    オシャレに見せたい方・体型カバーをしたい方・上品なコーデをしたい方

    3.Aラインシルエット

    Aラインシルエットは、ゆったりとしたシルエットがトレンド感を与えて、オシャレな印象を作ってくれます。

    気負いのないラフな印象は、リラックススタイルや休日のおでかけスタイルにもピッタリ。

    また、下半身のガッチリ感やぽっちゃり感をカバーしてくれるシルエットでもあります。

    【作り方】
    細身のトップスに、ワイドパンツのようなボリュームのあるボトムスを合わせる

    【こんな人にもおすすめ】
    男らしい印象を与えたい方・下半身の体型カバーをしたい方・トレンド感が欲しい方

    若い年齢の方はAラインなどを使ってゆったりしたシルエットでカジュアルに着こなすのも良いですね。

    ただし、30代・40代の大人っぽさを損ないたくない方はIラインをメインにしましょう。

    そうすることで、カジュアルな柄シャツもキレイめテイストで着こなしやすくなります。

    ②柄シャツ以外は無地&ベーシックカラーを使おう

    主張が強い柄シャツは、派手な色・柄のアイテムと組み合わせるとよりカジュアルに仕上がります。

    ファッションの着こなしの一つとして「柄×柄」のスタイルがありますが、大人っぽく着こなしたい方や、さり気なくオシャレに見せたい方にはおすすめしません。

    「ベーシックカラー」と呼ばれる落ち着いた色味を使った無地のアイテムを組み合わせるのがおすすめです。

    ベーシックカラーの一覧

    ③色味を加えたい時は柄シャツの色から拾おう

    「ベーシックカラーは重たく感じる」

    「もっと色を使いたい」

    そんな方は着用する柄シャツに含まれている色を使うのがおすすめです。

    柄の一部分の色を使うことで馴染みが良くなり、合わせるアイテムがコーデから浮きにくくなりますよ。

    コーデの色合わせに悩んだら、試してみてくださいね。

    オシャレの悩みは「あなたのスタイリスト」で解決

    ここまで黒スニーカーのコーデについて紹介してきました。しかしこの記事を読んでも、悩みが解決しない方や他にもオシャレの悩みを抱えている方がいると思います。

    そんな方におすすめなのが「あなたのスタイリスト」です。

    「あなたのスタイリスト」とはメンズファッション通販サイトDcollectionが運営しており、チャットを通して、コーデなどオシャレに関する相談を無料ですることができます。一例ですが相談を受けることで、このようにオシャレな格好をできるようになります。

    ・デートに行くのにコーデはどうすればいい?

    ・色合わせがわからない

    ・服のサイズ感を知りたい

    ・婚活にいくのにおすすめコーデを教えて

    ・40代にあった着こなしを知りたい

    などなんでも質問OKです。スタッフが全力で解決のお手伝いをさせていただきます。

    ※2021/4/1~11/31時点で3763件(同一者を含む)のご相談を受けました。

    現在は主に女性スタッフが対応しているので、デートに関することなども、よりリアルな話を聞くことができますよ!ぜひ相談お待ちしています!