秋冬のイチオシアウターはネイビーコート|オシャレなメンズコーデを紹介

秋になり寒さが気になりはじめると、コートを新調しようと考える方もいるのではないでしょうか?

さまざまなカラーのコートが販売されていますが、秋冬にイチオシのアウターは「ネイビーコート」です。

上品で大人っぽい印象があるため、30~40代の男性には特におすすめ。

そこで今回は、ネイビーコートを選ぶポイントや着こなし、トレンドのメンズコーデ集などをご紹介します。

品のある着こなしで大人な秋冬ファッションを楽しみましょう。

知的な印象を与えるネイビー

ネイビーは知的な印象を与えるカラーだといわれています。

品があり落ち着いているため、あらゆるシーンでの着こなしに役立つでしょう。

アイテムの種類やデザインによっては、プライベートシーンはもちろん、ビジネスシーンでも違和感なく身につけられます。

大人男性におすすめのコートの種類

コートにはいろいろな種類があります。

種類によって印象やおすすめの着こなし方などは異なるため、代表的なコートの違いをチェックしておきましょう。

ここからは、5種類のコートについてご紹介します。

ビジネスシーンで活躍!ステンカラーコート

ステンカラーコートの特徴は、後ろから見たときの襟の高さです。首元をしっかりと覆ってくれます。

ボタンを閉めるとカッチリとした印象になり、一着持っておけばさまざまなシーンで活躍します。

休日にも仕事にも着まわせますよ!

男らしい印象のトレンチコート

トレンチコートは、もともと陸軍用のコートとして活用されていました。

肩や胸元のデザインに陸軍用コートだった名残があり、やや無骨な印象があります。

ウエストには共布のベルトがついており、結ぶことでシルエットを変えられます。

スタイリッシュなチェスターコート

チェスターコートは、襟の形がテーラードジャケットに似ているコートです。

オーバーサイズでカジュアルなチェスターコートから、きちんと感があるビジネスシーン向けのチェスターコートまで幅広く販売されています。

ビジネスシーン向けのチェスターコートは、スタイリッシュでスーツにも合わせやすいアイテムです。

大人な印象のピーコート

ピーコートは、海軍の船員が身につけていたといわれるコートです。

襟が大きくて、細身デザインが多いという特徴があります。

一般的なピーコートは、ウエストよりも少し長いくらいの丈感です。

温かみのあるダッフルコート

ダッフルコートは、ダッフルという厚手で起毛のあるウール素材を使用したコートです。

トグルという、大きなボタンが特徴的です。

比較的カジュアルな雰囲気があるため、プライベートシーンで羽織ることをおすすめします。

着回しやすいコート選びのポイント

比較的高価なコートは、さまざまなアイテムに合わせられて着回しやすい一着を選ぶことが大切です。

防寒性やサイズ感なども意識して、長く愛用できるコートを見つけましょう。

ここからは、コートの選び方におけるポイントを2つご紹介します。

寒い季節を乗り越えられる素材

素材によって保温性や着心地などが変わるため、秋冬に身につけるコートは素材が重要です。

保温性に優れているとされる、カシミアなどの天然素材を選ぶという選択肢もありますが、高価で手入れが大変です。

気軽に日常使いしたい場合は、保温性と手入れの簡単さを兼ね備えた素材を選ぶとよいでしょう。

着るシーンに合わせて素材を変えることもおすすめです。

体に合うサイズ感と着丈

サイズ感も重要なポイントです。

小さすぎるコートを選ぶと、かさばってしまいニットなどを着込めません。大きすぎると着膨れして見える可能性があります。

また着丈によっても印象は変わります。ショート丈は比較的カジュアルに、ロング丈はフォーマルに着こなせます。

トップスの着丈とバランスをとることも大切です。

コートの裾からトップスの裾が出ないように気をつけましょう。

ネイビーコートのさまざまな着こなし

ネイビーコートを手に入れたら、さまざまな着こなし方で秋冬ファッションを満喫しましょう。

同じコートでも、組み合わせ方によって雰囲気を変えられます。

ここからは、ネイビーコートの着こなし方を3つご紹介します。

明るいカラーのアイテムを合わせる

ネイビーは暗いトーンの色であるため、明るいトーンのアイテムを合わせることでバランスをとりやすくなります。

トップスやボトムスにはグレーやホワイトといった色を選んで、全体が暗くなりすぎないように注意しましょう。

ワントーンコーデに挑戦する

あえて全身をネイビーでそろえて、ワントーンコーデに仕上げるという選択肢もあります。

洗練されたネイビーのアイテムを身にまとうことで、オシャレ上級者に見えるでしょう。

知的で品があるため、大人男性の場合はブラックのワントーンコーデよりも挑戦しやすいのではないでしょうか。

アイテム同士のバランスを考える

コートだけでなく、合わせるアイテム同士のバランスにも注目しましょう。

たとえば、トップスやパンツをキレイめアイテムで統一する場合は、パーカーを合わせてほどよくカジュアルダウンすることをおすすめします。

ナイロン製などのカジュアルなネイビーコートにデニムパンツを合わせる場合は、カッチリとしたレザーシューズを選びましょう。

ネイビーコートを羽織ったトレンドコーデ集

ここからは、ネイビーコートを羽織ったおすすめのメンズコーデを5つご紹介します。

コートの素材や、身につけるアイテムによる雰囲気の違いをチェックしてください。

ベーシックで落ち着いたコーデが多いため、真似しやすいでしょう。

セットアップに羽織ってフォーマルに

ブラウンのセットアップに、ネイビーコートを羽織ったシックなコーデです。

ブラウンとネイビーという落ち着いた色同士の組み合わせで、上品な印象を与えられます。

セットアップの下に白シャツを着ることで、フォーマルな雰囲気に仕上がっています。

きちんと感があるため、ビジネスシーンや食事会などにもマッチするでしょう。

足元には革靴を合わせて統一感を出してくださいね。

もう少しカジュアルな雰囲気を出したい場合は、シャツをニットに変えることをおすすめします。

また、スニーカーを履くことでほどよくカジュアルダウンできるでしょう。

着用アイテム

落ち着いたカラーの組み合わせがシック

大人っぽいシンプルなコーデに、ネイビーコートを合わせたスタイルです。

真冬など、コートを羽織るだけでは寒さを感じる場合は、中にカーディガンを着て防寒対策をしてください。

カーディガンの色もネイビーで合わせると、統一感がうまれて違和感なく着こなせるでしょう。

パンツの色はブラウンを選んでナチュラルな雰囲気に仕上げています。

やや細身のパンツを穿くことで、全体的にスッキリとしたシルエットに。

ネイビーやブラウンといった暗めの色が多いため、インナーにはホワイトを選んで軽さをプラスしましょう。

顔周りがパッと明るく見えて華やかな印象になります。

着用アイテム

フード付きのコートをスマートに着こなす

ネイビーコートにスマートなテーパードパンツを合わせたコーデです。

コートにはフードが付いており、キレイめすぎない印象を与えます。サッと羽織ると、リラックス感のある大人なスタイルができあがります。

パンツはスッキリとしたテーパードパンツを合わせて、スマートにまとめましょう。

足首にかけて細くなるテーパードパンツによって、Yラインシルエットのコーデが完成します。

体型をカバーしながらオシャレな雰囲気に見せられますよ。

着用アイテム

重ね着のワザが光るレイヤードコーデ

ニットにシャツを重ねることで、襟元や裾にアクセントを加えたオシャレなレイヤードスタイル。

白シャツがチラ見えすることで、爽やかな雰囲気を与えられます。

またニットの上に電熱ベスト重ね着をすることで、保温性を高めています。寒い冬を乗り越えるためのコーデとしてぴったりです。

パンツはシンプルな黒スキニーを選んで、あまりボリュームが出ないようにしましょう。

上半身とのバランスを考えることで、メリハリが効いたYラインのコーデに仕上がります。

着用アイテム

サラッとしたネイビーコートは日常使いにぴったり

朝晩の冷えが気になる秋にぴったりな、サラッとした素材のネイビーコートを使ったカジュアルなコーデ。

気軽に羽織れるため、スーパーへの買い物や散歩といった日常的なシーンで活躍します。

シンプルなカットソーとパンツを合わせて、普段着として活用しましょう。

コートやパンツ、シューズを落ち着いた色で揃えたら、トップスにはベージュを選んでやわらかさを出すことをおすすめします。

淡いトーンのベージュを合わせれば、秋らしさもアップしますよ。

着用アイテム

寒い季節にネイビーコートを着て出かけよう

新調するコートの色で迷ったら、ぜひネイビーを選んでみてください。

ネイビーは数多くの色と相性がよく、着回しやすいといえます。

上品でスマートな雰囲気を持っているため、大人男性には特におすすめです。

ネイビーコートを選ぶときには、素材やサイズ感などにこだわりましょう。

しっかりと防寒できて、なおかつオシャレでスタイリッシュな一品を見つけてください。

ネイビーコートを羽織ったコーデのときは、全体のバランスを重視しましょう。