フリースジャケットをオシャレに着こなそう!メンズコーデ集を紹介

秋冬の定番であるフリースジャケット。

元々アウトドア用の防寒着だったため機能性は抜群で、アウターとしてもインナーとしても活用できる万能アイテムです。

スタイリング次第で今どきのおしゃれなシティウェアとして、カジュアルにもスポーティにも着こなすことが可能です。

この記事ではフリースジャケットの選び方やおすすめコーデを解説します。

そもそもフリースとは?

そもそも「フリース」とは羊から刈り取った羊毛を指します。

現在では羊毛を使用するこ とはほとんどなく、ポリエステルの一種を原料とする合成繊維を使用しています。

この素材は「柔らかさ」「保湿性」「通気性」を兼ね備えた万能素材で、アウターウェアに適した素材です。

ボアとは違う?

本来「ボア」意味は、毛皮などでできた襟巻のことでした。

ボアもフリースと同じように現在では毛皮を使うことはほとんどなく、毛足の長いポリエステルやアクリルでできた素材を使用して作られています。

どちらかを選ぶ際は、見た目の好みや肌触りから決めるとよいでしょう。

さまざまな魅力をもつフリース

機能性もファッション性も優れたフリース。

フリースのもつさまざまな魅力を具体的に紹介します。

モコモコで暖かい

フリースは起毛素材でモコモコしていることが特徴です。

起毛素材には空気の層を作る性質があります。

空気の層が体温を閉じ込め、さらに寒い外気も遮断することで高い保温性効果を発揮します。

保温性を重視する場合は毛足が長いフリースを選びましょう。

起毛素材の性質として毛足が長いほど保温性は高くなります。

軽さと強度を兼ね備えている

フリースの合成繊維に使われるポリエステルは、大変軽く持ち運び適していることが特徴です。

旅行や職場の荷物に加えても、重くなることはありません。

また強度が高く手入れしやすい上にシワにもなりにくいため、自宅の洗濯機で洗うことができるフリースも多くあります。

いろいろなファッションに取り入れられる

カジュアルな印象が強いフリースジャケットは、アメカジスタイルによく合います。

レトロなデザインやオーバーサイズのアイテムを選べば、一気にトレンド感が上がります。

フリースジャケットが活躍する着こなしは、カジュアルスタイルだけではありません。

キレイめスタイルに取り入れることで抜け感を演出でき、コーデのレベルも高くなります。

無地でスッキリとしたシャツのアウターとして羽織ると大人っぽい印象に、カッチリとしたコートの下に着るとクールな印象に仕上がります。

フリースジャケット選びのポイント

キレイ目なイメージが強いジャケットと、カジュアル感が強いフリース素材。

正反対の印象を併せ持つフリースジャケットはどのように選べばよいでしょうか。

フリースジャケット選びのポイントを紹介します。

合わせやすさ重視する

フリースジャケットにはアウトドア用もあります。

アウトドア用は保温性や保湿性などの機能性に優れていることが特徴です。

普段のファッションにアウトドア用のフリースジャケットを取り入れる場合は、どのようなスタイルでも着まわしできるベーシックなカラーがおすすめです。

動きやすさをチェックする

生地が厚くなりすぎるとゴワつきが発生し、動きにくくなってしまいます。

アウトドア用であれば動き回る前提で作られているため、人間の呼吸や動きを考慮した寸法で作成する立体裁断や、通常よりストレッチ性の高い素材で作られていることがあります。

適度な厚みで作られているか、ストレッチ性は優れているかをチェックしましょう。

フリースジャケットはどう着こなす?

フリースジャケットをオシャレに着こなすにはいくつかポイントがあります。

組み合わせるアイテムによって、テイストや完成度が大きく変わるフリースジャケット。

着こなし方のポイントを解説します。

細身の黒パンツと合わせる

ボリュームの出やすいフリースジャケットには、細身のパンツを合わせる着こなしがおすすめです。

上半身と下半身でボリューム感のバランスをとることでスッキリとまとまった印象に。

また、黒のワントーンコーデでまとめると、モードな雰囲気に仕上がります。

大人の男性にはとくにおすすめなコーデです。


Dcollectionおすすめの黒パンツ

見た目と履き心地にこだわったテーパードパンツ。

どんなアイテムにも合わせやすいよう、カッチリしすぎないシルエットになるように作られています。

背面はゴムを使用しているため体形が気になる方でも着用可能です。

シルエットと動きやすさが考えられた生地を採用しているため、通勤にもプライベートにも活躍します。

デニムパンツと合わせてカジュアルに

デニムパンツはフリースジャケットと相性抜群のアイテムです。

デニムパンツをはいてフリースジャケットを羽織れば、アメカジっぽいワイルドな雰囲気に。

アウターとして使えば軽く仕上がりインナーとして使えば防寒性が上がるため、オシャレに使い分けることができます。


Dcollectionおすすめのデニムパンツ

カニハラデニム®は世界中から注目を集める日本のデニム生地メーカーです。

快適な履き心地と味わい深い経年劣化を楽しめることが特徴。

ストレートパンツはシルエットの主張が少なくシンプルなため、どんなコーデにも取り入れやすい万能アイテムです。

さらに、柔軟性の高いカニハラデニムを使用しているため履き心地も快適。

ウエストにゴムを使用することで着脱も楽にできます。

※KAIHARA DENIM®はカイハラ株式会社の登録商標です

スポーティなジョガーパンツとの組み合わせ

ジョガーパンツと組み合わせるとスポーティな印象に。

しかし、色選びを間違えるとカジュアル感が強くなり過ぎて子どもっぽい印象になってしまいます。

大人っぽさを保つためにもグレーやネイビーといった落ち着いた色を選びましょう。


Dcollectionおすすめのジョガーパンツ

ストレッチ性が高く動きやすいジョガーパンツです。

表面には光沢感がありキレイめに見える効果もあります。

また、デザインがシンプルなためさまざまなスタイルに合わせやすいアイテムです。

普段着としてだけでなく、スポーツシーンにも活躍します。

吸水性と速乾性に優れているため汗のベタつきも気になりません。

真似しやすい!フリースジャケットのコーデ5選

フリースジャケットを使ったコーデを紹介します。

カジュアルな印象になりがちなフリースも、テーラードジャケットを使えば大丈夫。

さらに、セットアップで着ることでフリースとは思えないキレイめなコーデに仕上がります。

休日の普段着にもオフィスウェアにも活躍します。

落ち着いたトーンでまとめてクールな印象に

セットアップの魅力はなんといっても統一感です。

同じ素材のフリースジャケットとフリースパンツを着用するだけでキチンと感が生まれます。

ジャケットはボリューム感のある作りをしているためシルエットがラフになり、堅苦しくなりすぎません。

さらに、カジュアルな黒の革靴を合わせることで、キレイめなイメージと抜け感を演出。

インナーにはネイビーのニットでメリハリをつけて、クールなのに暗すぎない印象に。

着用アイテム

抜け感のある白のバンドカラーシャツでオフィスカジュアルにも

先ほどと同じセットアップを使用していますが、印象がまったく異なるコーデ。

一見スーツのようなフォーマルさがありながら、フリース特有のカジュアルな素材感が堅苦しさを軽減します。

白色のシャツでキレイめ感をアップしつつも、バンドカラーの丸みで優しい印象に。

チラ見えする足元には、細いボーダーのミドル丈ソックスをチョイスすることで、遊び心を持たせて更にこなれた雰囲気になりますよ。

適度にキレイめで抜け感のあるコーデはオフィスカジュアルに最適です。

着用アイテム

白のパーカーでカジュアルさと清潔感を

フリースジャケットのセットアップと薄手の白パーカーを合わせたカジュアル感あふれるコーデ。

パーカーと言えばラフ感が強めな印象ですが、モノトーンでまとまりを出すことにより、清潔感が出てスッキリとした仕上がりになります。

また、光沢のある素材で作られたパーカーを着用することで大人っぽい印象を演出。

靴も黒ではなくモノトーンを選ぶことで、一気にこなれた感が上がります。

着用アイテム

イエローの差し色でオシャレ上級者に

ビビッドなイエローが目を引くコーデ。

重くなりがちな黒ジャケットも鮮やかな差し色を取り入れることで、メリハリがついて一気にこなれ感がアップ。

カットソーにはポロシャツでよく見る鹿の子編みが採用されており、生地表面の凸凹感が存在感を引き立てます。

このコーデでは中にオックスフォードシャツをレイヤードで着て、キレイめな大人の雰囲気をプラスしました。

カットソーだけで合わせるよりも格段に知的なイメージに仕上がります。

着用アイテム

シンプルモノトーンコーデには白をアクセントにしてメリハリを

モノトーンで統一したシンプルなコーデ。

黒のフリースセットアップとチャコールのニットの中に白いカットソーをレイヤードにして着ることで、完成度が上がります。

暗めのグラデーションに白を差し入れることでコントラストがつき、一気にメリハリが効いたアクセントに。

重くまとまりすぎずバランスの取れたコーデに仕上がります。

着用アイテム

暖かいフリースジャケットで秋冬のオシャレを楽しもう

暖さと機能性を兼ね備えたフリースですが、カジュアル感が強くキレイめスタイルにはなかなか取り入れづらい素材でした。

しかし、ジャケットとして取り入れることで、キレイめかつ抜け感のあるスタイルを楽しめます。

しかも、インナー次第でフォーマル感を出すかカジュアル感を出すかを変えられる万能アイテム。

この秋冬はフリースジャケットでオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メンズファッションを中心に、オシャレに関する”タメ”になる情報をお届け!オススメのアイテムやコーディネート、お悩みを解決する方法などを分かりやすく解説します。

みなさまのご意見お待ちしています!

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK。ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!