黒Tシャツを選ぶポイントとおすすめメンズコーデ

Tシャツは、男女問わず持っている人が多いアイテムですよね。

部屋着としてはもちろん、普段着としても活躍する、優秀なオシャレアイテムのひとつです。

その中でも、シンプルな黒Tシャツは様々なコーデに合わせやすく、楽に着られるという理由から、Tシャツの中でもおすすめのトップスです。

しかし定番的なアイテムのため、コーデがマンネリ化しがちでもあります。

そこで今回はマンネリ化しない、黒Tシャツを使ったメンズにおすすめのコーデをご紹介します。

 

黒Tシャツをなぜおすすめするのか

半袖アイスTシャツはコチラ

▲画像の黒Tシャツの詳細を見る

Tシャツで定番のカラーは白、というイメージが一般的に強いのではないでしょうか。

しかし、なぜ白Tシャツより黒Tシャツの方がコーディネートに最適なアイテムとして、オススメなのか、その理由をご紹介します。

白Tシャツよりも体のラインが透けにくい

▲画像のTシャツの詳細を見る

白Tシャツは、肌の色を問わず体のラインが透けやすい傾向にあります。

薄めの生地で作られたTシャツは、肌と服の色が違いすぎると体のラインが透けやすくなります。

見えてほしくない部分やボディラインがわかってしまうことががあるので、体型を気にしている方などには白Tシャツはあまりオススメできません。

しかし黒Tシャツであれば、白Tシャツよりも肌の色に近く、さらに光も吸収できるため、体のラインが透けにくくなります。

また黒Tシャツを1枚で着ていても、Tシャツの下が透けにくいため安心して着ることができます。

手軽に高級感が出せる

Tシャツはシンプルが故に、子どもっぽく見えがちなアイテムでもあります。

しかし黒Tシャツであれば、特有のツヤにより高級感が出て、大人っぽいコーデの印象を与えられます。

黒はシックさがあり、合わせる色に悩まない汎用性をもつ優秀な色です。

そのためTシャツであっても、手軽に高級感を演出できるのは、男性にとってありがたいメリットといえるでしょう。

どんなボトムでも合わせやすい

Tシャツはシンプルなアイテムなので、さまざまなコーデに合わせやすいのが特徴的です。

特に黒Tシャツはどんなボトムにも合わせやすく、デニムパンツはもちろん、スラックス、チノパンなどさまざまなボトムとも合わせやすい、という特徴があります。

また、どんなカラーにも合わせやすいでしょう。

シンプルな白色、灰色、黒色の無彩色はもちろん、赤や黄、緑、青などの有彩色のカラーパンツとも相性抜群。

ボトム選びに迷いがちな人は、黒Tシャツと合わせてみることで、簡単にまとまりあるコーデを実現できるでしょう。

黒Tシャツでトレンド感が出るポイント2つ

手軽に高級感が出せる上に、どんなボトムにも合わせやすく便利な黒Tシャツ。

しかし、ただ単に黒Tシャツを着るだけでは、オシャレなコーデにはなりません。

黒Tシャツを使ったオシャレなコーデにするためには、トレンドはおさえておきましょう。

ポイント1|身幅がゆったりとしたビッグシルエット

黒無地Tシャツの商品リンク

最近の黒Tシャツのトレンドは「ビッグシルエット」です。

「ビッグシルエット」とは、わざとゆったり大きく見えるようにデザインされた服のことを指します。

オーバーサイズと同じと思われがちですが、実際はそれぞれ違う意味があります。

「ビッグシルエット」はアイテム自体がゆったりとしたデザインなっているのが特徴です。それに対して「オーバーサイズ」は、普段より大きいサイズを着ることを指します。

さらにビッグシルエットは体型カバーができるため、どんな体型の人でも比較的着やすいアイテムです。

また収縮色の黒を選ぶことで、野暮ったさがおさえられ、印象良く見せることも可能ですよ。

ビッグシルエットの選び方

ビッグシルエットの黒Tシャツは、簡単にトレンドを取り入れられるだけではなく、気になる部分の体型カバーもできます。

そんなビッグシルエットをカッコよく着こなすために、どういったポイントをおさえておけばいいのか、選び方のポイントを2つご紹介します。

①シンプルなものを選びましょう
黒ラフゲージTシャツ

ビッグシルエットTシャツにも様々な種類があり、装飾が多かったり、柄の主張が強いものだと、子供っぽい印象を与えてしまう可能性があります。

子供っぽくならないように、まずは無地デザインのシンプルなものを選びましょう。

②身幅と着丈のバランスを意識しましょう

ビッグシルエットだからといって、ただ単にゆったりとしたデザインのものを選べば良いという訳ではありません。

誤ったサイズ感のものを着てしまうと、オシャレな着こなしではなく、逆にダボっとしただらしない印象を与えてしまうことがあります。

自分に合ったビッグシルエットのサイズとは、身幅は適度にゆとりを感じ、着丈は長すぎないように、お尻がほど良く隠れるくらいのサイズ感が目安になります。

身幅と着丈のバランスを意識して、ゆるすぎない黒Tシャツを選びましょう。

ビッグシルエットの着こなし方

シンプルで自分のサイズに合ったビッグシルエットの黒Tシャツを見つけたら、オシャレな着こなし方をマスターしましょう。

ビッグシルエットの着こなし方で意識するポイントは、下記の2つです。

①メリハリをつけて組み合わせましょう

ビッグシルエットTシャツは、着こなし方を誤ると、サイズ感同様だらしない印象を与えてしまう恐れがあります。

また太いシルエットはどうしても、リラックスしたゆるい印象を与えてしまうため、コーデにメリハリをつけないと特長のない印象になり、スタイルが悪く見えてしまいます。

黒Tシャツとチノパンのコーデ

マイナスな印象を与えないためにも、ビッグシルエットのTシャツを着る際には、ボトムを細身にしてスッキリと見える部分を作るように意識してコーデしてみましょう。

②シンプルにまとめましょう
黒Tシャツとデニムのコーデ

シンプルなビッグシルエットの黒Tシャツを選んだからといって、ゴチャゴチャと装飾感のあるアイテムや、有彩色を多く合わせてしまうと子どもっぽく見えてしまいます。

黒Tシャツだけではなく、合わせるアイテムもシンプルにまとめて大人っぽさを出すことで、ビッグシルエットTシャツコーデをオシャレなスタイルへと変貌させられますよ。

ポイント2|肉厚(ヘビーウェイト)

Tシャツを1枚で着るときに気を付けたいのが、肌着のように見えてしまうことです。

肌が透けるほど薄手の生地を使用したTシャツであったり、使い古してヨレヨレな生地感のTシャツは、清潔感を損ねるだけではなく、オシャレに見えずマイナスな印象を与える原因になります。

そんな時には、ヘビーウェイトのTシャツがおすすめです。

肉厚でハリ感のあるヘビーウェイトTシャツなら、1枚で着たとしても形が崩れにくく、だらしない印象を与えにくいです。

ここからはヘビーウェイトTシャツの選び方と、オススメアイテムをご紹介します。

ヘビーウェイトの選び方

ヘビーウェイトTシャツは、種類によっては触ってみても違いが分かりづらいことがあります。

見ても触ってもヘビーウェイトがイマイチ分からない時は、目安としてオンス(oz)をチェックするのがおすすめです。

「オンス」とは、Tシャツの面積に対する生地の厚さのことを指します。なのでオンスが高いTシャツほど、厚みがあることになります。

オンスの生地感の違い

へビーウェイトTシャツを選ぶ際には、5から7オンスのものを選ぶようにしましょう。

続いては、オンスによるTシャツ違いと見分け方を、ご紹介します。

3から4オンスは、薄手から中厚手の生地のTシャツです。

5から7オンスは、ヘビーウェイトと呼ばれる厚手生地です。

ヘビーウェイトTシャツを探すときには、この値であることを確認しましょう。5から7オンスになると、型くずれが少なく耐久性があります。

ヘビーウェイトTシャツの中でも、薄すぎず厚すぎないTシャツが良ければ5オンス、適度に厚手でしっかり感のある生地感なら6オンス、肉厚でタフな質感を味わいたいという場合には7オンスを選ぶと、理想の着心地のTシャツに出会えるでしょう。

Dコレクションがおすすめするアイテム|6.2オンスヘビーウェイトTシャツ

さまざまなファッションアイテムを取り扱っている「Dcollection」にも、多くのベビーウェイトTシャツがあります。

その中でも特におすすめなのが、「6.2オンスヘビーウェイトTシャツ」です。

生地には防縮加工を施しているため、洗濯しても縮みにくいという特徴も嬉しいポイント。

また首元にはダブルステッチを採用しており、ヨレを防ぐ効果もあります。

このように、様々な面でキレイなシルエットを長期間保つことのできる工夫がされているため、長期間の着回しアイテムとしても重宝するでしょう。

黒Tシャツを着こなすポイント

黒Tシャツをカッコよく着こなすためには、合わせるアイテムはもちろん、いくつかのポイントがあります。

ここでは、黒Tシャツをカッコよく着こなすためのポイントをご紹介します。

代表的なワントーンコーデも、インナーや小物の合わせ方によって様々なイメージへと変貌するので、いろんなアイテムと合わせて様々なコーデにチャレンジしましょう。

ワントーンでまとめる

黒シャツに黒ニット、黒スキニーパンツを穿いたオールブラックコーデ

ブラック特有のシックな魅力を最大限に活かすなら、黒Tシャツを起点とするワントーンスタイルがおすすめです。

ワントーンだからと単純に黒いアイテムを選ぶのではなく、素材の違いや、ワンポイントに白を取り入れるなど工夫をすると、一気にオシャレ見えさせることができますよ。

着用アイテム
コーチジャケット
長袖Tシャツ
黒スキニーパンツ
ダッドスニーカー 
無地ソックス
リングネックレス

インナーでメリハリをつける

全身に黒を取り入れる際は、白いインナーを重ね着してトップスとボトムの間にメリハリをつけるのがおすすめです。

ワントーンカラーは暗く見えすぎてしまう場合があります。

そこで白をアクセントとして使うことで、軽快な印象をプラスすることができます。

着用アイテム
無地Tシャツ
ロング丈Tシャツ
テーパードパンツ
シンプルスニーカー 
無地ソックス

おすすめコーデ

黒Tシャツを着こなすポイントを踏まえて、別のアイテムを使用したおすすめのコーデを2つご紹介します。

前述で紹介したコーデのイメージとはまた違ったものなので、ぜひ参考にしてみてください。

アイスTシャツ×白パンツ

カジュアルで男らしい印象のカーキのアウターは、黒Tシャツと相性抜群。

白パンツを合わせて明るさをプラスすると、爽やかな着こなしに仕上がりますよ。

着用アイテム
マウンテンパーカー
無地Tシャツ
イージーパンツ
シンプルスニーカー
無地ソックス

Dcollectionがおすすめするアイテム|リキッドアイスTシャツ

半袖アイスTシャツはコチラ

コチラは暑い夏にピッタリな機能性の高いTシャツ。

吸水速乾や涼感加工により、汗をかく暑い夏でも涼しく快適に過ごすことができます。

長袖黒Tシャツでモノトーンコーデ

肌寒くなる秋や冬には、長袖の黒Tシャツが活躍します。

特に秋には長袖の黒Tシャツをセットアップのインナーにするなど、キレイめコーデのハズしアイテムとして着用するのがおすすめです。

小物使いを意識することでこなれた印象になります。

着用アイテム
テーラードジャケット
無地Tシャツ
ロング丈Tシャツ
テーパードパンツ 
シンプルスニーカー
無地ソックス

Dcollectionがおすすめするアイテム|裏起毛リキッドサーモカットソー

メンズ長袖Tシャツはコチラ

薄過ぎず厚過ぎないため、春、秋、冬と3シーズンで活躍するアイテムです。

無地のカットソーでありながら、肩や袖に遊び心を加えたデザインになっているため、一枚で着たり上からアウターを羽織ったりと、さまざまなコーデで楽しめます。

だぼっとなってしまう時には、ロング丈Tシャツを下に着て、メリハリをつけることでコーデが締まるためおすすめです。

まとめ

体のラインが透けにくかったり、どんなボトムにも合わせやすいなど、万能なアイテムである黒Tシャツ。

シンプルが故にマンネリ化しがちなアイテムですが、トレンドを取り入れることでオシャレに着こなせます。

オシャレに着こなすポイントや、ご紹介したコーデを参考に、黒Tシャツのコーデの幅を広げてください。

Dコレ編集部
ファッションメディア Dコレ編集部
メンズファッションを中心に、オシャレに関する”タメ”になる情報をお届け!オススメのアイテムやコーディネート、お悩みを解決する方法などを分かりやすく解説します。

 

\ みなさまのご意見お待ちしています /

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK

ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!