黒シャツに合わせたいアイテムとは?おすすめのメンズ向けコーデを紹介!

「黒のシャツが気になるけど、何と合わせたらオシャレ?」
「具体的な黒シャツコーデの作り方が知りたい!」

こんな思いを抱えたあなたに向けて、黒シャツコーデについて詳しくご紹介していきます。

この記事を読むと・・・

こんなコーデが自分で作れるようになりますよ。

以下の目次から、気になるところを読んでみてください!

30代、40代男性のファッションの
悩みを解決する通販サイトです。

監修者:タカシ

メンズファッション通販サイトDcollectionでバイヤー歴10年以上。他にもスタイリスト・モデルと幅広く活動する。
著書「正解の服、教えてもらいました。」を監修

スタイリスト厳選!黒シャツを着こなしたメンズコーデ3選

論より証拠。まずは実際の黒シャツコーデを見ていきましょう!

スタイリスト目線で厳選したコーデを3つピックアップしてみましたよ。

黒シャツを足してオシャレさに深みをプラス

白のTシャツと大人らしさが魅力のトラウザーパンツのコーデに、黒の開襟シャツを羽織ったスタイルです。

開いた襟がこなれた印象があり、大人らしさの中にも旬のテイストを取り入れることができています。

シックさがクールな全身黒コーデ

黒シャツと黒のテーパードパンツ、黒のローファーを合わせた全身黒コーデ。

シックで重厚感のある印象が男の魅力を引き出してくれます。

重たい印象になり過ぎないように、腕や足首を見せて軽さや明るさを添えましょう。

セットアップのインナーに使う

チャコールのテーラードジャケットとテーパードパンツで作ったセットアップコーデ。

インナーを黒シャツにすれば、キリっとクールな印象が加わります。

デートやディナーといったオシャレにちょっと気を遣うシーンにもピッタリです。

⇒大人のシャツコーデをもっと見る。

黒シャツが持つ印象とは

黒シャツは男らしい印象を与えるアイテム。黒色なので、落ち着いた印象のコーデにも使えます。

またシャツの形やシルエットによって、フォーマルにもカジュアルにもなります。

体にフィットする形のシャツであれば、スーツと合わせて着ることもできます。

やや大きめのシルエットを選べば、デニムなどに合わせてカジュアルコーデが完成します。

さらにインナーやトップスだけでなく、羽織りとしても活躍するという魅力を持っています。

Tシャツやタンクトップの上から羽織れば、こなれ感のあるコーデに仕上がりますよ。

黒シャツのオシャレな着こなし方3つのコツ

黒シャツの着こなし方はさまざまです。1枚でトップスとして着るだけでなく、インナーの上から羽織ることもできるので、多くのシーンで着回せます。

ここからは、黒シャツをオシャレに着こなすためのポイントを3つご紹介しますよ。

  1. 抜け感を出す
  2. 羽織りとして使う
  3. 襟の形にこだわる

①抜け感を出す

黒シャツは重たく見える可能性があるため、抜け感を出すのがポイント。

半袖のものを選んだり、腕まくりをすれば、簡単に抜け感を出せます。

腕まくりは、少し肌を見せることを意識して、袖を整えながらするのがおすすめです。

腕時計やブレスレットなどのアクセサリーも見えて、カッコよくキマります。

それでも重たい印象になる場合は、パンツの裾を少しロールアップしましょう。

手首や足首を適度に見せて、軽さを出すことが重要です。

②羽織りとして使う

コーデを決める時「トップスとパンツを着たけれど、何となく物足りない」と感じることはありませんか?

たとえば、Tシャツとデニムのコーデはシンプルで着回しやすいですが、いつも同じパターンになりやすいです。

そんな時は、黒シャツを羽織ってコーデに変化をつけるのがおすすめです。

③襟の形にこだわる

黒シャツを選ぶ時は、襟の形にもこだわりましょう。

シャツの襟は、レギュラーカラーだけでなく、オープンカラーシャツやバンドカラーシャツなど、多くの種類があります。

襟だけでも印象が大きく変わるので、コーデによって使い分けると、オシャレの幅も楽しみ方も広がりますよ。

2022年におすすめの黒シャツ6選

ここまでの内容を踏まえて、今年おすすめの黒シャツアイテムをご紹介していきます。

商品をクリックすると、詳細情報やコーデ例がご覧になれますよ!

接触冷感 スリムフィット 半袖シャツ

レギュラーカラーで体にスリムなフィット感のデザインのシャツです。

大人っぽさがあり、キレイめな印象に仕上がる1枚になっています。

接触冷感の半袖シャツなので、夏にも快適に着やすいアイテムです。

オープンカラー 半袖シャツ

開いた襟がこなれた印象を作ってくれるオープンカラーシャツ(開襟シャツ)です。

1枚で着ても、羽織りとして使っても、旬なオシャレさを演出できるのが魅力的。

防シワ機能付きで、洗濯した後のお手入れも少なく、ヘビロテしやすいアイテムです。

半袖バンドカラーシャツ

帯状の襟が特徴のバンドカラーシャツは、キチンと感のあるシャツをほどよくラフな印象にしてくれます。

身幅がゆったりめのシルエットで、トレンドのビッグシルエットの着こなしと、自然な体型カバーが可能です。

接触冷感、防シワ機能付きも嬉しいポイント。

レギュラーカラー半袖シャツ

レギュラーカラーでベーシックな半袖シャツ。

ややゆったりめのシルエットと、長めの半袖のデザインで、旬の雰囲気で着こなせます。

ボタンダウンポロシャツ

ポロシャツは、シャツのなかでもカジュアルさのあるアイテムです。

無地で、黒のような落ち着いたカラーのものなら、ビジネスシーンにも使えます。

ボタンダウンの襟は形が崩れにくく、清潔感を保ちやすくておすすめです。

接触冷感 ワイドカラー ポロシャツ

ワイドカラーで、ネクタイがなくてもキレイな印象にキマるポロシャツです。

接触冷感機能が付いていて、夏の大人にはとてもピッタリな1枚と言えます。

クールビズにも馴染むため、ONとOFFの両用としても使えますよ。

黒シャツをオシャレに使ったメンズコーデ集

黒シャツの着こなしや合わせるアイテムが分かったら、実際に組み合わせてコーデを考えましょう。

改めて、黒シャツをカッコよく着こなした大人の雰囲気のコーデをご紹介します。

スリムなシャツで好印象なIラインシルエット

スリムフィットの黒シャツと、キレイめのテーパードパンツで、スッキリとした印象のIラインシルエットを作っています。

シンプルさと、大人の印象を感じさせるアイテム選びで、デキる男の印象を感じさせますね!

バンドカラーシャツを羽織ってこなれた雰囲気に

白のTシャツとグレーのパンツのコーデの上に、黒のバンドカラーシャツを羽織りました。

黒シャツの存在により、キリっと大人っぽい雰囲気がプラスされつつ、バンドカラーはさりげないラフさでこなれ感を作ってくれています。

黒ポロシャツと黒スキニーでクールさを前面に

黒のワイドカラーポロシャツと、黒スキニーパンツのコーデ。

Iラインシルエットのスッキリとした印象と黒でまとめたシックな雰囲気が大人の男の魅力を引き立てます。

タックインでビジネスライクなスタイル

ポロシャツをタックインすれば、フォーマルな印象が際立ち、よりビジネスシーンになじむコーデになります。

夏のビジネスカジュアルにもしっかり対応できるスタイルです。

リラックス感で大人の余裕を醸す

ゆったりめのシルエットのバンドカラーシャツと、ほどよいゆとりのあるテーパードパンツがリラックス感を演出。

余裕のある印象はモテポイントとしても大きな要素ですよ。

色やアイテムのコーデも無料で相談できる「あなたのスタイリスト」

ここまで、メンズの黒シャツコーデについて見てきました。

しかし、あなたの好みや体型、今度出かける場所に合ったコーデなど、個別なお悩みにはお答えできていないかもしれません。

そんなときは、プロのスタイリストが直接あなたのお悩み相談に乗ります!

どんな些細な質問でも大丈夫です!LINEでのやり取りですので、ぜひお気軽にお声かけください。

※相談は無料です。平日:10:00~17:00のご対応となります。

メンズファッションの情報発信しています!

【Dコレアプリ】

Dcollectionのアプリ

メンズファッションについて「他にもいろんなコンテンツを見てみたい!」という方には、 Dコレアプリがおすすめです。

スタイリストがオシャレに役立つ記事やコーディネート例を毎日発信しています!

【YouTube動画】

YouTubeで動画での発信も行っています。

スタイリストが着こなし術やコーデの作り方のポイントをわかりやすく紹介しているので、覗いてみてくださいね。

※ ※ ※

キリっと男らしく、引き締まった印象にキマる黒。

そして大人の男の魅力を引き出してくれるシャツ。

これらの魅力が掛け合わさった黒シャツを着こなして、周囲から「ダンディ」と感じてもらえるコーデを楽しみましょう!

⇒大人のシャツコーデをもっと見る。
【この記事の監修者】
バイヤー/スタイリスト/モデル
タカシ

メンズファッション通販サイトDcollectionでバイヤー歴13年。
著書「正解の服、教えてもらいました。」の監修も行い、バイヤーだけでなくスタイリスト、モデルまで幅広く活動する。